花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

マッスル太郎、ふたたび(SWミストキャッスル2ー1)

リプレイ第2部、再開のお知らせ

 

ヒノキ「今回から、いよいよマッスル太郎のプレイを再開するのじゃ」

ゲンブ「おお、ついにこの時が。あの衝撃の最後から、どうやったらマッスル太郎が不死鳥のように甦るか、ただただ、それだけを考えていたでござる」

ヒノキ「衝撃の最後? 何の話じゃ?」

ゲンブ「昨年末、仮面ライダーゼロワンと戦い、華々しく散った雄姿を我は忘れない」

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 フライングファルコン

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 フライングファルコン

  • 発売日: 2019/11/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

ヒノキ「いや、それはマッスル太郎じゃなくて、仮面ライダー迅だし」

ゲンブ「同じヒューマギアなのだから、どっちも似たようなものでござる」

ヒノキ「それは空の大怪獣ラドンキングコングを同じ怪獣だから、どっちも似たようなもの、と言ってしまうみたいなものじゃ。混同するのはよくない。仮面ライダー迅は、わらわのもので、決してお主には渡さん」

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 バーニングファルコン

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 バーニングファルコン

  • 発売日: 2020/04/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

  

ゲンブ「いつから、仮面ライダー迅がアリナ様のものに?」

ヒノキ「もちろん、炎、鳥、赤いと来れば、わらわのものであろう。これまで、わらわはこっそりフレイミングタイガー推しじゃったが、今は復活した迅バーニングファルコンにメロメロ、いやメラメラなのじゃ」


Kamen Rider Zero-One Flaming Tiger | Henshin & Finish

 

ゲンブ「ということで、令和ライダー1号怪人になった腹筋崩壊太郎ロスにちなんだ『マッスル太郎リプレイ』企画も、新たにバーニング再開するでござる」

ヒノキ「うむ。ゴブスレリプレイが必殺シリーズとコラボしているように、マッスル太郎は仮面ライダーとのコラボをメインにしようと思う」

ゲンブ「ところで、マッスル太郎って何それ? って読者のために、簡単な紹介ぐらいはしてもよいのでは?」

ヒノキ「ならば、まずはこの記事からじゃ」

ゲンブ「昨年10月から1週間ほど、全6回の記事でござるな。ソード・ワールド2.0のシナリオ『ミストキャッスル』を使用したソロプレイ」

ヒノキ「前回は短期集中じゃったが、今回は作者の新兄さんが仕事で忙しくなる時期なので、すぐには終わらんじゃろう。まあ、今から始めるだけ始めておいて、勢いが加速するのは4月に入ってから。ゴールデンウィークまでには終わればいい、という考えじゃ」

 

買い物タイムとザバーラの話

 

ゲンブ「では、早速、開始するでござる。キャラデータはこちらにあるのを使えばいいでござるな」

ヒノキ「いや、その後、ポーションインジェクターをどうこうって話もしておったじゃろう」

ゲンブ「おお、確かに。では、早速購入して、その他部位にインジェクターを装備。そしてポーションの効果を上げるために、レンジャー技能を1レベルで取得するでござる」

●マッスル太郎のキャラデータ(青字は成長部分)

 

ルーンフォークの練体拳闘士(冒険者レベル2)
グラップラー2レベル、エンハンサー2レベル、スカウト2レベル、セージ1レベル、マギテック1レベル、レンジャー1レベル(残り経験点530)

所持金:1195ガメル(ザバーラポイント1082点)

器用21、敏捷11+1、筋力23+1、生命力21、知力15、精神7
HP27、MP10

武器:チェインスティック(命中6、威力15、追加ダメージ+7、クリティカル値11、2回攻撃)
防具:クロースアーマー(回避4、防護点2)

特技:追加攻撃、武器習熟A/格闘

練技:マッスルベアー、ビートルスキン

所持品:冒険者セット、ヒーリングポーション3本、スカウト用ツール、救命草2つ、保存食1週間分、俊足の指輪、剛力の指輪、マギスフィア(小)、ポーションインジェクター

ヒノキ「では、簡単な買い物とキャラ成長を終えたところで、第一部のあらすじを少しばかり。蛮族に囚われて奴隷にされた、自称・お笑い芸人のマッスル太郎は、タビットの女商人ザバーラに買われることとなった」

ゲンブ「彼女の下で働きながら、危険な霧の街を探索し、脱出を目指しているわけでござるな」

ヒノキ「そう。このミストキャッスルの第一目的は、街からの脱出。まあ、その過程で、街を蛮族から解放しようとするレジスタンスと接触したり、延々とキャラを育てまくって、領主の14レベルなバジリスク、ヤーハッカゼッシュを倒すまで頑張ってもいいが、とりあえずはレベル7ぐらいで街から脱出できるらしい」

ゲンブ「今はまだレベル2だから、先が長いでござる」

ヒノキ「ソロだから、技能も役割分担できぬからのう。一人で何でもできるように育てるなら、その分、成長が遅くなるのも止むを得まい。何にせよ、街から脱出するには、まず首にはめられた奴隷の首輪を外さなければならない。それには、6000ザバーラポイントを貯めないといけないので、そのために本日もザバーラの与えるお仕事ミッションを遂行すべしってことじゃな」

ゲンブ「ヒューマギア、もといルーンフォークにとっては、ご主人様のために尽くすのが本義ですから、お仕事を頑張るでござる。私のお仕事は、お笑い芸で人々を笑顔にすること」

ヒノキ「違うよ。君の仕事は人類を滅亡……ってネタも、もう旬ではなくなったのう。今だと、霧の街を蛮族から解放すること、というのが旬になっておるが、その前に自分自身を奴隷の身から解放しなければな。それと、今回の冒険に先がけてザバーラが太郎にある物を渡してくれる」

ゲンブ「ある物?」

ヒノキ「それは顔に装着するマスク、仮面というか覆面というか、デザインは想像にお任せする。とにかく、素顔を隠すためのアイテムじゃ。マッスルマスクとでも名付けようか。特殊効果は特にない、フレーバーアイテムということで」

ゲンブ「どうしてこんな物を?」

ザバーラ『君がこの前、蛮族と派手にやり合ったからね。隠蔽工作はうまく行ったけれど、今後も素顔をさらして暴れ回られたんじゃ、こっちにまで火の粉が飛んで来かねない。だから、もしも今後、蛮族相手に大立ち回りをするなら、必ずマスクを付けて、素顔を隠してやること。いいわね』

ゲンブ「おお、人族の笑顔と自由のために戦う、正体不明な謎のヒーロー、仮面レンジャーでござるな」

ヒノキ「ライダー技能は持ってないけど、レンジャー技能は今回、取得したからのう。むしろ、仮面グラップラーが正確なところじゃが」

ゲンブ「では、仮面レンジャー・マッスルの次なる使命はどうなるでござるか?」

ヒノキ「現段階では固定ミッションやクエストは特に発動しないので、ランダムミッションを決めるとしよう。(1dコロコロ)1が出たので『手紙の配達』じゃ。届け先は2件。(2dコロコロ)1ゾロが出たので、1通は露天市場のメイル、もう1通は施療院のウルスラとなる」

ゲンブ「ウルスラは顔見知りで、すぐ行けるが、露天市場は少し遠いでござるな」

ヒノキ「マップ上にはすでに配置されておるがの。どちらを先にするかは自由じゃ」

●霧の街のマップ(今話時点)

 

    牧場       ー     ?  ?

     l                  l  l

  路地裏     ー 施療院泉の広場ー?

     l                  l  l

常夜回廊ー 涸れ井戸ー 神殿跡 ー?

     l                  l        l           l

     港ー   三色の天幕ー庭園ー翡翠の塔ー?ー叫び

                   (拠点)      l                   l の門

                           l         l          l    l

        ダルクレム神殿 ー骨の川ー ?ー露天市場ー?

                           l         l       l

          剣闘士の宿舎   ー  ?      ?

                           l

                           ?

ゲンブ「とりあえずは、先に新しい場所を開拓する方が面白いでござる。まずは、東に進んで中心の翡翠の塔を見てから、南下して?を開けて、それから露天市場に入るコースを選択するとしよう」

ヒノキ「では、方針が決まったところで、今回はここまでじゃ。続きは次回『マッスル太郎と手紙の配達』を楽しみに」

 (当記事 完)