花粉症ガール外伝・コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女や仲間たちの趣味雑談ブログ」。お題はTRPGを中心に特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。現在は、ソード・ワールドのミストグレイヴ妄想リプレイ「魔神ハンター」を終了に向けつつ寄り道迷走気味。

鎧匠アーマラーの話(アーティフィサー・サブクラス3)

ゲンブのターン

 

ゲンブ「今回は我が主役でござる」

ヒノキ「アーティフィサーのサブクラスの中でも、前衛戦士として最もタフに戦えるのがアーマラーじゃな」

ゲンブ「素のアーティフィサーは中装鎧に習熟しているでござるが、D&Dの軽装鎧はAC12、中装鎧はAC15、重装鎧はAC18とおおむね考えられる」

ヒノキ「中装鎧は、敏捷性ボーナスが+2まで加えられるので、最大でAC17までは高められる。また、プレートメールに代表される重装鎧は、筋力が15ないと身に付けられないうえに、隠密行動に対して不利になるペナルティーがあるので、ファイターやパラディン、それに戦の神などの一部クレリックしか好んで身に付けたりはしないもの」

ゲンブ「中装鎧までなら、多くのクレリックやバーバリアン、レンジャーも身に付けられるし、それで前衛に出ることも問題なく務まるでござるが、やはり最強の防御力と考えるなら、重装鎧の安心感は格別なものでござろう」

ヒノキ「D&DのD20システムでは、ACが1違うと、5%の命中率差が出てくるからのう。鎧のランクが1段階変わることで15%の差が出るという形。もちろん、重装鎧には敏捷性ボーナスが加算されないので、中装鎧との差が縮まるし、レベルが上がるとACよりもHPの量の方が大切と考えられよう」

ゲンブ「それはともかく、アーマラーはアーティフィサーのサブクラスの中で唯一、重装鎧を身に付けることができて、しかも、その鎧を秘術鎧として魔改造し、さまざまな特殊能力を付与できる鎧の専門家でござる」

ヒノキ「まあ、どうしても重装鎧を着たければ、他のクラスでも特技の重装防具習熟を習得するという手もあるが、そういう細かいカスタマイズができるのが今のD&Dの良いところじゃのう」

ゲンブ「もうすぐ、今のD&Dの意味が変わるでござるがな」

ヒノキ「今年の秋に新しいD&Dのルールが発売される(英語版)との予定が発表されたようじゃのう。日本語版の発売は早くても来年になるじゃろうが、どういう改訂が施されたかワクワクしておる」

ゲンブ「新ルールが出ることで、界隈の活性化が期待できるでござるからな」

 

続きを読む

砲術士アーティラリストの話(アーティフィサー・サブクラス2)

1月26日はD&Dの誕生日

 

ヒノキ「少し遅れたが、D&D50周年ハッピーバースデイなのじゃ」

シロ「1月26日生まれとは知りませんでした」

ヒノキ「わらわもじゃ。まあ、1974年1月ということは分かっているが、正式な商品発売日付けまでは分かっておらんらしく、いつの間にやら26日ということになっているようじゃのう。なお、その日、お猿の人形モンチッチも生まれておる」

セイリュウ「まさか、D&Dの話をしようとして、モンチッチが出て来るとは思わなかったぞ」

カニコング「それもコングパワーのおかげでごわす」

セイリュウ「って、貴様は屋久島にいるはず! 突然、どうしてここに?」

カニコング「ただの顔見せ……ではなく、セイリュウ様がいつまでも帰って来ないので、そろそろ様子を見て参れ、とガイア様に言われてのお使いでごわす」

セイリュウ「そうか。ここに長居をするつもりはなかったが、諸事情(主にブログ作者の都合)で何もせぬまま、ずるずる仕事が引き延ばしになっておった。アーティラリストの話をして、屋久島に戻ろうと思う」

ジュニア「では、アカデミー賞に期待しながら、島で待機ってことですね」

ゲンブ「D&D50周年も大事でござるが、怪獣王70周年に先駆けての快挙、おめでとうでござる」

セイリュウ「だが、今はD&D話に移るとしよう。コングは島に帰っておれ」

カニコング「そうでごわすな。いずれ島でトカゲ王とやらと戦う予定が入っておるし」

セイリュウ「トカゲ王? それは何かの皮肉か挑発か?」

ヒノキ「ゲームブックの話じゃろう。そちらのネタはまた、ウルトロピカルでのう」

 

続きを読む

D&Dのアルケミスト話(アーティフィサー・サブクラス1)

大物錬金術師を目指すヒーロー

 

ヒノキ「仮面ライダーガッチャードが未来と過去の時空を超えた力で、ファイヤーガッチャードになったのじゃ」

セイリュウ「ガッチャードは装着変身玩具が楽しそうだな」

シロ「ガッチャードは、錬金術と創作料理を組み合わせた主人公のセンスもいいですよ。ボクも料理を応用した武術の参考にしたいと思う」

ゲンブ「我としては、アーマーパーツに着目した点を評価したいでござる。惜しむらくは、カメをモチーフにしたケミーが登場していないこと」

セイリュウカニとゴリラは登場しておるので、カニコングは喜んでおったがな」

ジュニア(元リトル)「竜のケミーはいないんですね」

セイリュウ「ドラゴンではないが、エックスレックスとかジャマタノオロチなんかが当たらずと言えども、遠からずってことか。まあ、ドラゴンはこれからオカルトもしくはファンタスティック属性で登場する可能性もあるだろうが」

 

ヒノキ「そして、ガッチャードの素体ボディに各種ケミーアーマーを装着するシステムは、D&D5版のメインクラスに各種サブクラスを付与して職業バリエーションを構築するシステムと相性がいいのじゃ」

セイリュウ「ガッチャードは戦闘中にいろいろとアーマーを取っ替え引っ換えフォームチェンジできるが、D&Dのサブクラスはそんなことはできんだろう」

ヒノキ「さすがに、TRPGのプレイでコロコロ戦闘スタイルを切り替えるのは、プレイヤーの処理能力や仲間との連携・役割分担など、運用面で支障が生じるじゃろう。せいぜい、ドルイドが獣形態に変身するとか、ソード・ワールドスプリガンとか、一部の特殊な職業や種族ぐらい」

シロ「仲間がいるなら、自分が何をできるかの役割を自覚しながら、お互いのフォローができる関係が理想ですね」

ヒノキ「その点、アーティフィサーはある程度、何でもできるサポーター向きの職業で、パーティーに足りない役割を補うために、サブクラスを選択するわけじゃな」

シロ「ガッチャードでスポットが当たっている錬金術師(アルケミスト)は、魔法と科学を組み合わせた職業ということで、ゲームごとに違う性能が提示され、その実態を一言では語りにくいですね」

ヒノキ「明確に魔法使いと異なるのは、呪文で無から有でも生み出せるのが魔法使いで、素材や道具を駆使するのが錬金術師ってところじゃろうか」

セイリュウ「無から有と言っても、魔素(マナ)みたいなエネルギー資源を消費したり、精神力みたいなリソースも必要ではないか」

ヒノキ「それはそうじゃが、魔素(マナ)は一般の人間には感知できないことが多いので、世間的には無から有を生み出しているようにも見える。その意味で、魔法使いは不可思議な術を使う一方で、錬金術は同じ不可思議にしても、怪しげな薬品や道具を使いこなして変成させる化学者、より物理的な職業と言えるじゃろう」

ジュニア「ゼロから1にできるのが魔法使いで、1を1′とか①とか❶に変容させるのが錬金術師ってところですかね」

セイリュウ錬金術の起源は、古代ギリシャの科学に遡ると言われ、それがイスラム圏に伝わったあと、十字軍後のルネサンス期に西洋に逆輸入されたと聞く。16世紀のパラケルススが有名で、その後、ガリレオ・ガリレイとも並んで『近代自然科学の父』とも称されるアイザック・ニュートンもまた錬金術研究で知られる。ガッチャードの錆丸先輩が使うタブレットAIの名前がアイザックなのも、そこから来ているのだろう」

ヒノキ「ほう、セイリュウ、意外と博識ではないか」

セイリュウ「海好きなドクターの受け売りに過ぎんがな。あの男、少し前にMCUギリシャの主神ゼウスの声を演ったと語り、古代ギリシャから錬金術と科学の歴史をたっぷり講義したのだ。わしは半分寝ながら聞いておったが、少しぐらいは覚えていたようだ。睡眠学習にでもなっておったのかな」

ヒノキ「昔から、お前さんはよく眠っておったからのう」

セイリュウ「太古の眠りから覚まされた怪獣……ってのは、よくあるシチュエーションだろう? スザクも人のことは言えまい」

シロ「ボクの父さんも眠っていたそうですからね」

セイリュウ「ところで、長年の疑問を今にして尋ねるが、ミヤラビとは何であろうか?」

シロ「ああ、それは琉球語で『美少女』という意味です。漢字で『美童』とも書いて、乙女とか若い娘と考えればいいですね」

ヒノキ「なるほど。だったら、わらわもミヤラビを名乗るとしようかのう」

一同『…………』

ヒノキ「何じゃ、その沈黙は!?」

シロ「……アリナ様、そろそろ前置きが長くなったので、今年初のD&D研鑽に移る時間です」

ヒノキ「むっ、そうか。では、D&Dアルケミストの話に移るとしよう」

 

続きを読む

リトル・セイリュウ、ジュニアに成長す(怪獣親子の話)

屋久島より帰還

 

リトル改めジュニア「みなさん、明けましておめでとうございます。そして、ご無沙汰していました。今、屋久島より帰還しまして、改めて自己紹介したいと思います。この度、リウはこれまでのリトル・セイリュウの名を廃し、セイリュウ・ジュニアの名をガイア様より頂きましたので、今後はジュニアとお呼びください」

セイリュウ「うむ。我が息子は、ガイア様のところで成長の儀を行なっていたのだ」

シロ「ボクがリトル・シーサーから、プリンス・シーサーになったようなものか。分かった、ジュニア。これからもよろしくな」

ヒノキ「ふむ。若人が成長するのは早いと聞くが、リトルがここに来たのは、この時以来のこと」

ゲンブ「それから、5年近くも経てば、幼子もそこそこの若者に成長するでござろうな」

ジュニア「いや、ゲンブさん。リウは5歳ではありませんよ。今年で銀幕デビューして30年、いや、昨年が30年めとも言えました」

ヒノキ「93年の年末に生まれたベビーが、94年にリトルに成長し、そして95年にジュニアに成熟して行ったのじゃな」

セイリュウ「うむ。そして、デストロイアとの決戦を終えて消滅した後の力を引き継いだのが、新生ゴジラとなるはずだった」

ジュニア「リウはリトルGの眷属だけど、5年経って、とうとうジュニアの称号を得たのです」

セイリュウ「今年はコングの方も、子どもができるそうだからな。辰年パワーで、リトルも成長するべき年が来た、ということだ」

 

続きを読む

コンパーニュ年始あいさつ2024(ゴジラネタ祭り)

新年明けまして、おめで……たくはないのう

 

ヒノキ「正月早々、地震だったり、飛行機事故だったり、今年はどうなっとるのじゃ?」

セイリュウ「どうやら、地脈の乱れや、不吉な星辰の乱れが感じとれよう」

ヒノキ「むむっ、こんな状況でわらわたちに何ができようか?」

セイリュウ「北陸若狭湾には良き原発があったからなあ。石川には行ったことがないが、近くを通過したことはある」

セイリュウ若狭湾の沿岸で科捜研の女と戦ったわしは、そのまま日本海で眠りに就いて、その後は23世紀まで目覚めないはずだったのだが、未来人が歴史を変えた結果、日本が衰退したらしい」

ヒノキ「つまり、諸悪の根源は未来人ということか」

セイリュウ「まあ、大体、未来から来るような連中はトラブルメーカーが多いようだな。昨年はDGP(デザイアグランプリ)とかで、おかしなゲームで歴史改変しようとしたり、ウルトラ族の歴史を消そうとしたり」

ヒノキ「今年も同タイトルで、2024年版の『ニュージェネレーションスターズ』が予定されているそうじゃが」

セイリュウ「その前に、ブレーザーとやらの物語の終わりを見届けようではないか」

セイリュウブレーザーでは、やはりアースガロンを応援したくなる」

ヒノキ「わらわは、ファードラン推しじゃ」

セイリュウ「ほう、ファードランも竜だったのか。ただの鳥だと思っておったわ」

ヒノキ「ファードランのネーミングは、ファイヤードラゴンを縮めたものゆえに竜じゃろう。まあ、ラドンの名前元も翼竜プテラノドンじゃから竜なのじゃがな」

セイリュウ「まあいい。とにかく、わしはアースガロンを見ると、他人のような気がせんのだ」

ヒノキ「アーストロンは別にお主の着ぐるみを改造したわけではないが、デザインモチーフはお主を参考に……ということらしい。とは言え、しょせんは他人の空似じゃろう。お主の改造は、こやつらじゃ」

セイリュウ「というか、正月早々、わしをネタにした動画ばかり貼り付けて、どういうつもりだ?」

ヒノキ「うむ、正月早々、不穏な世相じゃからなあ。ここは笑える話題と思った次第」

 

続きを読む

コンパーニュの2023年末総括(セイリュウ来訪)

来年は辰年なので

 

セイリュウ「わしが来た」

ゲンブ「おお、セイリュウ殿。久しいでござるな」

セイリュウ「うむ、貴殿も息災で何より。今年は映像作品にも復活したそうではないか。遅ればせながら、おめでとうと言っておく」

ゲンブ「いやいや、セイリュウ殿は来年が生誕70周年。そして、今年もスクリーンで大活躍だと聞いておる。我とは格が違うと、羨ましく見ておるでござるよ。昔はいろいろと張り合いもしたでござるが、こちらはさすがにハリウッドからはお呼びがかからん」

セイリュウ「カメも忍術を覚えれば、良いのではないか?」

ゲンブ「忍術! しかし、それはシロの専売特許。さすがに流行りものに便乗して、軽々しく芸風を変えるのは、我が誇りが許さん」

セイリュウ「相変わらず、その甲羅と同様、頭も固いようだな。しかし、貴殿はそれでいい。堅忍不抜という言葉は、貴殿のためにある言葉よ。ところで、弟子はおるか?」

シロ「はっ、セイリュウ師匠。ここに」

セイリュウ「うむ。来年はそなたの一族もスクリーンにデビューして50周年。ならばこそ、ホワイトソウルの力を覚醒させるに絶好のとき。我は手助けできんが、時空魔術師に従い精進せいよ」

シロ「新星様に従えば、本当にホワイトソウルの力に到達できると?」

セイリュウ「少なくとも、ガイア様が信用されている御仁だからな。ところで、我が魂の分身の1人が近ごろ身罷ったので、祈りを捧げたいと思う」

 

続きを読む

ゴブスレII最終話感想と、ウィザードリィ小説(ブレバス3巻)

アニメ2期を見終えて

 

リモートNOVA『ヒノキ姐さん、誕生日おめでとう♪』

ヒノキ「おお、新兄さん。わざわざの連絡ありがとう。おかげさまでシロのクリスマス&バースデイ兼用ケーキも美味しくいただくことができた」

NOVA『そいつは何よりです。こっちはケーキを作る人間がいないので、市販のケーキとチキンで適当に何とかしたわけですが、まあクリスマスネタはもういいかな。それよりも、ゴブスレアニメがついに最終回を迎えたわけで、まずはそういう話をしたいと思います』

ヒノキ「アニメの3期はいつからじゃ?」

NOVA『それは気が早すぎでしょう。1期が2018年で、劇場版が2020年、そして今期が2023年ということを考えると、次の動きは2年後ぐらいかな、と思います。2025年に劇場版2作めが来たらいいかなあぐらいに考えておりますが、それより先に来年早々に、原作小説17巻の発売予定が出て欲しいですね』

ヒノキ「うむ、しばらくはゴブスレロスになりそうじゃ」

NOVA『まあ、俺はゴブスレの代わりに、これを読みましたがね』

ヒノキ「ほう。で、内容はどうじゃった?」

NOVA『アニメの感想と、まとめて話しましょう』

 

続きを読む