花粉症ガール・翔花伝

会話リプレイ形式の「精霊娘主役の物語」。特撮・怪獣ネタやTRPGネタも絡めたり。

燐光一閃(新・屋久島編その3)

落雷の試練

 

   結界に覆われた屋久島の地。

   そこで謎の時空仙人に遭遇したリトルシーサーのビャッコことシロは、強くなるために修行を付けてもらうことになった。

   シーサー奥義・順逆自在の心眼は教えられないが、代わりに雷電吸引の極意を伝授しようと老仙人は告げる。

 

シロ「雷電吸引の極意、それは?」

仙人「うむ。昔、わしは多くの敵と戦ってきた。その中の一人にコングという名の猛者がおった。奴は怪力無双の巨漢で、実に器用な男であったが、飛び道具を持たぬでな。わしの放つ炎には太刀打ちできず、一度はわしに倒されて、すごすごと引き下がりおった。しかし、その後、コングは雷の力を全身に受けて、自らのパワーとしたのだ。そう、雷神のごとく目覚めし奴は、わしと互角に戦って、その勝負は痛み分けとなった。いずれまた決着を付けねばならぬと思いながら、この年まで再戦が能わず仕舞い」


伊福部昭 - キングコング対ゴジラ (1962)


Godzilla vs King Kong oficial 2020

 

シロ「つまり、雷電吸引とは師匠のライバルが生み出した技なのですね」

仙人「そう。だが、わしもその後12年の歳月を費やし、その奥義を我が物とした。琉球の地にて、雷に打たれて修行したわしは、さらに地球に眠る超能力マグネットパワーさえも習得したのだよ」

シロ「マグネットパワー!  それは伝説の完璧超人の奥義ではないですか」

仙人「そう。天の電力と地の磁力、それを合わせて超電磁力に変えて、身に帯びしとき、いかなる攻撃も防ぎ止める電磁バリアを形成する。わしが長年かけて生み出した奥義を理屈で語ればそうなろう。だが、いかなる超絶技とて、それを使う体にガタが来ては反動に耐えられん。今のわしには宝の持ち腐れよ。だから、乙女よ。我が超電磁の秘技はそなたに託そうと思うが、修行に付いて来る覚悟はあるか?」

シロ「強くなれるなら、何でもします!」

仙人「ならば、コングやわしのように落雷に撃たれよ」

シロ「ヘッ?」

仙人「もう一度言う。落雷に撃たれよ」

シロ「そ、それって、普通は死にますよね」

仙人「わしは死ななかったぞ。それに雷の力でパワーアップするのは、ヒーローではよくあることと聞く。手っ取り早く力を得たければ、雷に我が身をさらすことだ」

シロ「し、しかし……」

仙人「もちろん、いきなりとは言わん。自然の雷のパワーは1億から10億ボルトに達するという。わしが最初に浴びた電撃は5万ボルトでしかなかった。それは難なく切り抜けたが、コングと戦った時に受けたのは100万ボルト。さらに、その後、3000万ボルトの帯電ネットを受けて苦しみもしたが、そうやって徐々に体を慣らしたおかげで、落雷をも力に変えられるようになった。乙女もまずは弱い電圧から始めればいい」

 

続きを読む

騎士と戦士の話3(ロードスRPGその3)

ゲンブ先生の最終授業

 

ゲンブ「そろそろ我の騎士&戦士の話も終わらせたいと思う」

晶華「終われるの?  騎士の話ばかりして、戦士の話はほとんどしていないじゃない」

ゲンブ「う、まあ、それは何とかしたいでござる。最悪でも、今回と次回には」

晶華「だけど、小見出しには最終授業ってあるよね」

ゲンブ「終わらなければ、補講を追加するでござるよ」

晶華「ところで、リナ老師、いいえ、今はゲンブ先生の生徒の一人だから、老師じゃなくて、ヒノキさんと呼ぶ方がいいわね。ヒノキさんは何をしてるの?  今日はおとなしいじゃない」

ヒノキ「うう、シンカリオンの続きが気になるのじゃ。スザク姐さんがどうなったのか、このまま石化して退場するのか。それとも、セイリュウの家族として生き延びるのか、それによって、わらわの今後の運命が決まるやも知れぬ」

ゲンブ「大丈夫でござる。エージェント・ゲンブは石化したが、我は変わらず健在でござろう。シンカリオン世界と、このアルフレイムは緩やかにリンクしているかもしれぬが、全てが同じわけではない。リンクしているなら、セイリュウがとっくにショタ化して、味方になっていなければならぬはず」

晶華「シンカリオンと言えば、やはり出水指令長よね……って、こんな話に寄り道していれば、ロードスの話ができないじゃない。本当に終わらせる気はあるの?」

ゲンブ「努力するでござる」

 

続きを読む

騎士と戦士の話2(ロードスRPG編その2)

アソフレイムの地にて

 

晶華「幻の灰色の勇者ボーグナインの娘にして、灰色の魔女カーラ様の弟子入り希望な花粉症ガール、粉杉晶華ことアッキーです」

ヒノキ「前回、命名されたこのアソフレイム地方の領主、日野木アリナじゃ。カシュー王最強!と訴える。時の魔王なんか目じゃないぞ」

ゲンブ「アソフレイムの守護騎士ゲンブでござる。単にコンパーニュの塔の主人というだけでなく、領土の名が付くと、いかにも箔がつくでござるな」

ヒノキ「そうとも。元々コンパーニュの塔は、D&Dのコンパニオンルールを元ネタに命名された塔。ならば、コンパニオンルールの目指す君主の道に準じて、領土を獲得しても問題ない。そして、この擬似九州、とりわけ阿蘇のある熊本の地は古来、火の国とも呼ばれており、フレイムを名乗っても違和感がない。すなわち、わらわはカシュー王にあやかって、守護する大地をアソフレイムと名付けた次第」

晶華「領地経営かあ。私も未来じゃバットクイーンなんて名乗ったりもしたけど、単なる肩書きで、領地経営なんてしたことないんだよね。NOVAちゃんのクリスタルタワー周辺でも開拓して、建国してみようかな」

ヒノキ「まあ、領地経営といっても民がいるわけでなし、あくまで空想・幻想のエア領地じゃがの。しょせんは擬似九州ゆえ、リアル九州の鏡像世界ミラーワールドのようなもの。しかし、精霊の加護を信じる者には知覚することもできるゆえ、わらわの加護も及ぶところになろう。信じる想いが強ければ、ロードスのような異世界でも現実に影響を及ぼす大流となる。そして、大流から派生した支流も潤うことを願う。それこそが今のアソフレイム、そして花粉症ガールの物語というものじゃ」

晶華「うん。TRPGって、世界を構築できる遊びだしね。私も花粉症バースの構築に向けて頑張らないと」

ゲンブ「世界構築の話はともかく、今回のテーマである騎士の話を始めたいのでござるが」

ヒノキ「ならば、さっさと話をリードせい。期待しておるぞ、ゲンブ先生」

 

続きを読む

騎士と戦士の話(ロードスRPG編その1)

花粉症ガールたちのOPコント

 

晶華「前回をプロローグにして、今回からロードス話を担当することになった、灰色の魔女カーラ様に弟子入り希望な花粉症ガール、粉杉晶華ことアッキーです」

ヒノキ「そして、わらわはTRPG大好きな女の子、赤が好きで、剣闘士ルーファス改めカシュー王の熱狂的なファンの花粉症ガールV3、朱雀とラドンの眷属でもある日野木アリナなのじゃ」

ゲンブ「我はゲンブ。アリナ様を守る楯にして、忠義の騎士。ガメラの眷属でもござる。基本的に無口ゆえに、お二人の会話が弾むと置いて行かれがちになるが、しっかり聞いてはいるので、時々は口を挟むこともあろう」

ヒノキ「おいおい、ゲンブ。今回はお主を中心に、騎士と戦士について考える回なのじゃから、時々口を挟む程度では困るのう。しっかり、話をリードしてもらわんと」

晶華「そうよ、ゲンブ先生。今回は私とアリナさんが生徒で、ゲンブさんが先生なんだから、NOVAちゃんみたいに、しっかり教えてね」

ゲンブ「いやいや、本職が教育業にしてTRPG歴33年を誇る新星殿と同じことを期待されても困る」

晶華「じゃあ早速、質問ね。騎士と戦士の違いは何?」

ゲンブ「強引に押し切られたでござる。騎士と戦士の違いか。どう説明したらいいのやら……」

 

続きを読む

ロードス島の話

一日遅れのチョコ話

 

ヒノキ「最近は、新兄さんがとんと姿を見せぬのじゃ」

ゲンブ「あの方も、2月はあれこれ忙しいのでございましょう」

ヒノキ「せっかく、わらわ特製の激辛チョコを用意したと言うのにな」

ゲンブ「真っ当な味覚の人間では、それは危険なのでは?」

ヒノキ「サブロー殿に贈ったら、涙を流して喜んでおったぞ」

ゲンブ「それは、涙の意味が違うのでは?」

ヒノキ「仕方なかろう。スイーツ係のシロが屋久島に行ったままなのじゃ。わらわが作ると、どうしても四川風の唐辛子たっぷりなチョコになってしまう」

ゲンブ「そもそも、チョコに唐辛子を入れる発想が間違いなのでは?」

ヒノキ「何を言うか。唐辛子は古来より四川料理の伝統なのじゃぞ」

ゲンブ「しかし、チョコは四川料理ではござらん」

ヒノキ「だから、新機軸のコラボ、四川チョコでHOTな愛を伝えるのじゃ。四川料理の代表は麻婆豆腐。ならば麻婆チョコがあっても構うまい」

ゲンブ「チョコ入り麻婆豆腐は存在が確認されたようですが」


【ドクターシーラボ公式】チョコ入り麻婆豆腐

 

ヒノキ「おお、ゲンブ。そなたがIT機器を使って情報収集をこなすとは」

ゲンブ「これまで、こういう仕事はシロに任せておりましたが、ここにいない以上は、我も勉強しなければと一大決意をしたでござる」

ヒノキ「ともあれ、これからはホットチョコの時代じゃ」

ゲンブ「いや、それは本来、飲み物のココアを指す呼称であって、決して激辛チョコを意味するものではないか、と」

ヒノキ「カラムーチョコと題して、『チョコが辛くてなぜ美味しい』をキャッチフレーズにしたら良いのでは?」

ゲンブ「インターネットで、カラムーチョコを検索しても見つからないでござる。少なくとも、オリジナリティ溢れる斬新な発想であることは間違いなさそうですが、それが万人に受け入れられる良いものだとは限りません」

ヒノキ「万人でなくとも、ニッチ層に受け入れられれば良い。少なくとも、激辛チョコは現実に商品化されておるようじゃぞ」

ゲンブ「悪魔とか、死神とか、ロシアンルーレットとか、ろくな形容が為されていないようでござる」

ヒノキ「ともあれ、わらわの好きな食べ物に、激辛チョコを加えておこう。激辛チョコを食べて、君も口から火を吐こう。ヒッヒッヒ」

 

続きを読む

Xの時代(新・屋久島編その2.5)

剣世界のルールブック3

 

晶華「ヒノキさん。遊びに来たよ〜」

ヒノキ「お主は遊びにきたんじゃなくて、武術の修行に来たんじゃろう、アッキー。それと、ヒノキさんという他人行儀な言い方じゃなくて、リナちゃんと呼ばんか。わらわ達はチームなんだから」

晶華「う〜ん、日野木アリナだからリナちゃんにしたんだけど、いまいち言いにくいんだよね。アリさんってのはどう?」

ヒノキ「わらわは引っ越し会社ではない」

晶華「じゃあ、リナおばさん」

ヒノキ「おばを付けるな」

晶華「じゃあ、リナ婆ちゃん」

ヒノキ「余計悪いわ」

晶華「じゃあ、婆ちゃん」

ヒノキ「悪いところだけ残すな」

晶華「リナ老師」

ヒノキ「うっ、それは悪くないかも。中国語では、別に年を取っていなくても、先生=老師じゃからな。武術の上でも、老師という呼称は威厳がある。よし、これから、そなたはわらわを老師と呼ぶのじゃ、弟子アッキーよ」

晶華「仕方ないわね。あなたがそう言うなら、リナ老師と呼んであげるわ。感謝することね」

ヒノキ「何じゃ、その言い草は。弟子が師匠に対する言い方とは思えん」

晶華「フッ、師匠風を吹かせるのは、これを見てからにすることね」 

ソード・ワールド2.5 ルールブックIII (ドラゴンブック)

ソード・ワールド2.5 ルールブックIII (ドラゴンブック)

 
ソード・ワールド2.5リプレイ トレイン・トラベラーズ!2 (ドラゴンブック)

ソード・ワールド2.5リプレイ トレイン・トラベラーズ!2 (ドラゴンブック)

 

ヒノキ「そ、それは先週出たばかりのソード・ワールドの新刊。是非とも買いに行きたいと思っていたのだが、買い出し用のラビットタンクも改修作業中だし、小物調達係のシロも不在だし、なかなか自由に買い物にも行けず、難儀しておったのじゃ。まさか、いかにアマゾンとて、新・コンパーニュの塔までは配達してくれんしのう」

晶華「NOVAちゃんからの差し入れよ。感謝することね」

ヒノキ「する、する。いくらでも感謝するから、わらわにルールブックを読ませるのじゃ。アルフレイムの地が、わらわを呼んでいる〜」

 

******************************

ヒノキ「なるほどな。今回のルールブック3では、ライダー技能だけでなく、アルケミスト技能も加わったのじゃな。2.0時代は、アルケミスト技能はアイテムサプリメントの『アルケミスト・ワークス』を必要としたのじゃが、今回は基本ルールブックの範囲で取得できる、と」

晶華「確か、アルケミストは賦術カードを使った支援キャラだったはずね。すると、ライダー技能と組み合わせて、仮面ライダー龍騎みたいなことができるんじゃないかしら」


假面騎士龍騎 全騎士Final Vent

 

ヒノキ「いやいや。さすがにファイナルベントみたいな派手な技は使えんが。せいぜい、武器を召喚したり(インスタント・ウェポン)、防護点を加算したり(バークメイル)、いろいろと便利なサポート技を習得できる感じじゃな」

晶華「つまり、ソードベントとかガードベントみたいなことはできるのね。ライダー技能で、騎獣を扱ったりもできるから、やっぱりルールブック3は仮面ライダー龍騎ファンのためのルールと言えるわ」

ヒノキ「まあ、できんことはないじゃろうが。そして、新種族はティエンスとレプラカーンが加わっておる。ティエンスは完全に初物種族で、対魔神用に調整された合成人間と言ったところか。強靭な肉体と、体表に現れた宝玉結晶が外見上の特徴。騎獣や仲間と思念で会話することもでき、騎兵として連携戦闘を得意とするようじゃ」

晶華「宝玉結晶が露出するってことは、キングストーンとかアマダム、またはカラータイマーなんかに見立てて、特撮ヒーローっぽいロールプレイができそうね」

ヒノキ「神秘的な演出にも使えそうじゃな。もう一つのレプラカーンは、サプリメント『ルミエル・レガシー』よりの再録じゃな。アイテム使用や姿消しに長けた小人系の種族で、グラスランナーとはまた違った、いたずら妖精の雰囲気を持っておる」

晶華「だけど、ハイパー化して巨大になったりするのよね」


スパロボ 聖戦士ダンバインのハイパージェリル・集めてみた。

 

ヒノキ「それは、ダンバインの話であって、ソード・ワールドの話ではない」

晶華「ええ? 同じファンタジー世界じゃない。レプラカーンと言えば、巨大化でしょう?  ソード・ワールドでも巨大化能力を用意しようよ」

ヒノキ「練技のジャイアントアームなんかを使えば、筋力を向上させたりもできるのじゃが、D&Dのエンラージみたいにサイズを大きくできる魔法や特技はなさそうじゃの。竜形態になって大きくなる魔法はあっても、巨人にはなれないのがソード・ワールドの世界観かも」

晶華「つまり、アントマンプレイはできない、と」

ヒノキ「探せば、そういうマジックアイテムぐらいは見つかるかもしれんがの。少なくとも、騎獣縮小の札なんかがあるのじゃから、サイズの縮小は可能なはず。もっとも、普段は子供みたいなサイズの種族が、戦闘時はマッチョな巨人になったりするようなモンスターは何かいたような気がする。セージ技能判定に失敗したから、思い出せんが」

晶華「確か、スプリガンじゃなかったかしら。巨大化する小人妖精って」

ヒノキ「それじゃ。なかなかやるのう、お主」

晶華「ヘッヘーン、知力の晶華はダテじゃないってところね。お姉ちゃんとは、そこが違うんだから。念のため、スプリガンがショットウェポンのオーラクルーザーの名前でもあるけど、そっちは巨大化したりはしないのよね」

ヒノキ「小人が巨人になるよりも、世間では幼女や少女がアダルトタッチで大人になる変身の方が需要があるのではないかの?」

晶華「まあ、大人になった美少女もいいけれど、少女は少女のままだからいい。変に急いで大人にならないで欲しい、という意見もあるからね」

ヒノキ「確かに女性視点でも、いたいけな少年キャラはよくても、年を経ておっさんになってしまえば幻滅じゃからの」

晶華「まあ、ただのおっさんじゃダメだけど、メガネキランな司令ポジションの頼り甲斐のあるおじさまは好みなんだから。『メガネ』『知性』『頼り甲斐』の三点は、私が男性に求める三要素よ」

ヒノキ「頼り甲斐か。確かにの。いい男というのは、普段は控えめでも、ここぞというところでは真っ直ぐに信念を貫き、決して折れない底力みたいなものを感じる。温厚だが心が強いというのが理想で、その逆にケンカっ早い割に折れやすいのがダメな部類と言えよう。それと日頃の付き合いでは、下手な頑固さや信念とかよりも、気遣いや優しさみたいなものが見え隠れすればいい。わらわが欲しいときに、ソード・ワールドの新刊ルールブックを差し入れてくれるぐらいの気遣いがの」

晶華「……言っておきますが、NOVAちゃんは絶対にあげないんだからね。私のものなんだから」

ヒノキ「誰も、新兄さんをよこせ、などとは言っておらんじゃろう。わらわにはサブロー殿がいるし、ソード・ワールド本さえ貢いでくれるなら、それでいい」

晶華「ああ、その本は貸しているだけだからね。どうしても欲しいなら、定価900円に消費税込みで、今なら972円を払ってちょうだい」

ヒノキ「……そのお金は、アッキーの武術の稽古代ということにならんかのう?」

 

続きを読む

ビャッコとセイリュウ(新・屋久島編その2)

ファイナルウォーズ2004

 

セイリュウ「かつての仲間だったお前たちまで敵に回るとはな。スザク、ビャッコ、そしてゲンブ」

スザク「ヒヒヒ、セイリュウよ。わらわたちはエイリアンX様に忠誠を誓った。これからはXの時代じゃ。かつては仮面ライダー、来年には新ヒーロー、セイザーXが誕生し、いずれは怪獣鎧を身にまとったウルトラマンや、スーパー戦隊さえXの道を歩み、Xパワーアップを果たした少女ダンサーのCMが放送される未来が来るであろう。お主にもそれは分かるはずじゃ。前世紀のVSシリーズの時代から、ミレニアムを経てXの道を歩んできたお主にはな」

セイリュウ「ああ。未知なる世界X、その中で自分が何者かを見失ってきたものよ。挙げ句には、怪獣としての誇りさえ忘れ、ハムスターとコラボまで行う始末。このように迷走したXの時代は、この辺りでもう終わらせる。これが最後の戦いだ」

ビャッコ「フッ、所詮そなたは忠義を理解せぬ一匹狼。一度はXの道に従いながら、そうやって気まぐれに反旗を翻す。30年前は、メカの偽者に邪魔されたが、今回こそ邪悪なるお前を我が琉球忍術で粉砕してくれよう」

セイリュウ「ビャッコよ。シーサーの眷属は、琉球を守る守護神だったはず。それが宇宙人の犬と化して、琉球の地を破壊するとは、見下げ果てたものよ」

ビャッコ「それもこれも、今の地球人が怪獣の誇りをないがしろにするからよ。かつては宇宙人の手先だったメカG。それを近年は地球人が機械の龍として制作し、お主をも侮辱した。お主とて、今の地球人にはほとほと愛想が尽きておるはず。何ゆえ、地球人の味方をする?」

セイリュウ「地球人の味方などしておらぬ。お前の言葉は確かな道理。エイリアンXに洗脳されて、言わされているのでなければな。我らは地球怪獣。いくら地球人類が憎かろうが、宇宙人の手先として働くのは間違っておる。そういう現状なら、かつてのゲンブが名乗ったように、わしも地球の守護者として働きたくなった。ただ、それだけのことよ。その道の前に立ちはだかるのなら、お前たちとて容赦はせん」

ゲンブ「久しぶりだな、兄貴。あんたと初めて戦い、完敗した時から、おらはいつも兄貴を越えようと頑張って来た。だが、兄貴はどんどん先を進んで、いつしかおらの手の届かぬところに行っちまった。おらはいつかまた兄貴の横に立ちてえ、そして共に戦いてえと願ってきたが、その時にエイリアンXが力をくれたんだ。この力さえあれば、おらは念願の兄貴越えが果たせる」 

セイリュウ「情けないぞ、アンギラス。そうやって仲間とも呼べぬ宇宙人の他力本願にすがるとは。ギャオスの群れと単身戦って消息知れずとなった我がライバル、先代ゲンブの名も泣くと言うもの。所詮、お前のような小者にわしは倒せん。ましてや宇宙人の手先として、地球怪獣の誇りを失った連中に倒されるわけにはいかんのだ、キング・オブ・モンスターズの称号を持つ者としてはな」

ゲンブ「だったら、この新たに身につけた必殺技を受けてみるんだな。喰らえ、暴龍怪球烈弾!」

セイリュウ「何? アンギラスが棘ボールと化して、飛んでくるだと?  ぐはっ!」

スザク「ヒヒヒ、いかに屈強なセイリュウとて、この直撃を受けては、ひとたまりもあるまい。これもXの時代に牙を向けた報いと知れい!」

ビャッコ「いいえ、アリナ様。ご油断めされぬよう。セイリュウのタフさは、我らの常識では計り知れません」

スザク「ム、何と、セイリュウ、まだ立ち上がってくるというのか。一体、何がお前をそこまで抗わせる?  大人しくXの軍門に下る方が楽だというものを」

セイリュウ「それは、あの誇り高き空の大怪獣の眷属、日野木アリナのセリフとは思えんな。言っただろう、わしは怪獣の誇りを失った宇宙人の手先には負けん、と。我らは自由、我らは野生、我らは己の好きなように生きる誇り高い存在なのだ。神に会えば神を喰らい、悪魔に対すれば悪魔をも打ち砕く。お前たちも自由に誇り高く生きろ。さもなくば、そもそも生きる価値などない。わしは己の掲げた自由の旗の元に生きる。決して、宇宙人どもにこの地球は渡さん!」

スザク「おのれ、セイリュウ。わらわに説教とは生意気な。こうなったら、三匹の力を合わせて、Xの秩序を破壊する裏切り者を葬るぞ!」

ビャッコ&ゲンブ「おお!」

セイリュウ「来い! お前たちの屍を乗り越えても、わしは地球怪獣の誇りを守り、エイリアンXを粉砕する!」 


ゴジラファイナルウォーズbgn9 三体に向かうゴジラ

 

続きを読む