花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

令和VS珠保ゴブスレ対決・序章

秋の最後の日

 

NOVA「ヒノキ姐さん、いよいよ、戦いの時が来たぜ」

ヒノキ「おお、新兄さん。とうとう、公約を果たすときが来たのじゃな」

ゲンブ「久しぶりのゴブリンスレイヤーでござるな」

晶華「うん、お姉ちゃんたちはNOVAちゃんの塔に連れて行ったし、ここでは私たちプレイヤー4人、準備万端だよ」


【運命に、抗え。】  ゴブリンスレイヤー 【MAD】

NOVA「とりあえず、この2019年、令和元年は俺がゴブリンスレイヤーという作品にハマった年ということになる。そのきっかけがTRPGだったりするわけだが、流れとしてはTRPG→原作小説→アニメの順番だな」

ヒノキ「ハマる時は一気にのめり込む男だったのじゃな、新兄さんは」

NOVA「自分でも、この勢いは久しぶりだったので驚いた。きっと、平成から令和に移る時期のお祭りムードに突き動かされたんじゃないかなあ」

晶華「だけど、この対決に負けると、NOVAちゃんの中の令和は終わってしまうのよね」

NOVA「誰だよ、その設定を考えた奴は?」

ヒノキ「それも、お主じゃないか?」

NOVA「いや、あれは遠い夏の日にお盆休みボケしていた作者NOVAなんです。つまり、遠い夏の日の幻」

ゲンブ「つまり、なかったことにするのでござるか?」

NOVA「まさか。公約はきちんと果たしますよ。要は、俺たちが正々堂々とゲームで勝てばいい。うちのブログの愛読者も、それを期待しているはずだ」

晶華「いるの、愛読者って?」

NOVA「いるぞ。少なくとも、今月だけで延べ850人、一日平均20〜30人弱の読者が、うちのブログにアクセスしている。この数字が個人ブログとして多いか少ないかは分からないが、ニッチでも需要があるなら書き続ける原動力にはなるな。まあ、需要がなくても、興が乗れば自己満足で書き続ける奴なんだが」

晶華「ところで、愛読者ってAI読者って考えて、人工知能がブログやネットの記事を好き好んで読む時代なんて、来るのかなあ」

NOVA「さあな。人間の読者には人気がないのに、やたらとAIの読者からは愛される人間の作家がいれば面白いかもしれないなあ。AIに人間のお笑いは分からないでしょうと言っていた社長はいるけど、AIの笑いのツボとか、AIにどんな感受性が宿るかなど、いろいろ興味が湧くよな」

ヒノキ「……と、取り留めもなく雑談をしているわけじゃが、ゲームマスターは何をしておるんじゃ? 確か、元タイムジャッカーのスピードAといったか。わらわは会ったことがないが」

ゲンブ「我はクラブキングと、アリナ様はダイアナジャックと戦ったりもしたが、スピードAのことはよく知らん」

NOVA「本当は正月に一度、旧コンパーニュ跡地で会っているんですよ。その記事が消えてしまって、黒歴史になっただけで。元々は、翔花ファンクラブの読者A、アストという男が未来世界に飛ばされて、いろいろと波乱万丈の人生を歩んだそうです。俺も細かいことはよく分からないんですけどね。晶華なら、未来で一緒に快盗稼業をしていたから分かるんじゃないか?」

晶華「そういう記憶は、全部ダイアンナのジャッキーちゃんの方に行ったから、私はストーカーAのことなんて、何も知らないの。いわゆる遠い未来の幻って奴ね」

NOVA「とにかく、アストの奴が来ないと、始まらん」

晶華「ストーカーが来るのを待ち望むのも、おかしな話だと思うけど、GMをしてくれるというのなら話は別よね。最悪、来ないようなら、NOVAちゃん、代わりにGMしてね」

NOVA「ええ? 前は10年前のNOVAにGMしてもらおうと思って召喚したら、結局、俺がGMする羽目になったんだし、今回も俺がGMだったら、俺はいつプレイヤーをしたらいいんだ?」

晶華「そんなの私が知るか」

NOVA「とにかく、俺もロードス島戦記以来、長年リプレイをたくさん読んできたが、GMが当日に来なかったので、プレイヤー予定の人間が急遽、GMを担当しないといけなくなったリプレイなんて読んだことがない。GM(神)が当日ゲームをすっぽかしたので、やむなくプレイヤーA(勇者)の私がGM(魔王)になりました』ってタイトルのラノベがあったら、読んでみたい」

ヒノキ「GMが神だったり、魔王だったりするのがポイントじゃな。言い得て妙というか、お前さん、そのタイトルで一つ小説を書いてみるというのはどうじゃ?」

NOVA「いやいや、そのアイデアは今、この記事を読んでいる読者の誰かに譲ります。俺は作者になるより、俺のアイデアを作品に仕上げてくれる誰かの読者になりたい。とにかく、勇者が魔王とイチャラブする作品以降、勇者と魔王がいろいろと絡む作品が多くなったなあ、というのが、この10年の間の業界観測だな」

晶華「魔王が可愛い女の子だったり、勇者が可愛い女の子だったり、両方とも可愛い女の子だったりする話が多いような気がする」

NOVA「あるいは、勇者が男なのに、魔王の魔力でTS(性転換)させられて、魔王の嫁にされてしまう話もあったりするぞ。まあ、俺の視界にはあまり入ってないが、BLでどっちも男のままという作品も一部界隈では相当数あるだろうが」

ヒノキ「女魔王というネタを流行らせたのは、やはり、この作品になるかのう?」

ナイトウィザード (ログイン・テーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード (ログイン・テーブルトークRPGシリーズ)

 

NOVA「それまでも悪の女王や、女首領や、ラスボス的な魔女は普通にいろいろあったが、『魔王(美少女)』というイメージは、この作品がきっかけかも知れん。まあ、その前に、キューティーハニーとかセーラームーンとか、美少女VS女ボスの系譜に遡ったりもするし、それをネタにしたTRPG作品もあるんだがな」

超女王様伝説セント★プリンセスの不思議 (角川スニーカー・G文庫)
 

NOVA「勇者VS魔王という対立構造のイメージは、やはりドラクエ3の影響が大きいな。それ以前の作品だと『勇者ライディーン』が妖魔帝国の悪魔王バラオと戦うのが日本のフィクションにおける原典だと思うが」


神と悪魔

ゲンブ「勇者という主人公の称号と、敵対する妖魔、悪魔、魔王というキーワードはライディーンが原典という説でござるか」

ヒノキ「悪魔だとデビルマンも捨て難いが。不動明に融合合体したアモンは、デーモン族の勇者と呼ばれておったぞ」

NOVA「だけど、デビルマン(悪魔人間)となった明自身が勇者の称号を持っていたわけじゃないですし。勇者という称号だと、グレートマジンガーの方が偉大な勇者と呼ばれて、ミケーネの闇の帝王が敵ボスだった。ライディーンが1975年で、グレートマジンガーが74年なので、勇者と呼称されるロボはグレートが先だけど、敵が魔王と呼ばれていないので、勇者VS魔王というキーワードの先駆者はライディーンということになるか。もちろん、アニメになる前の小説やコミックなどで、さらに先達がいる可能性は否定しないけど」

 

ヒノキ「で、勇者と魔王の話はともかくとして、やはりGMは来ないようじゃな」

NOVA「いや。どうやら来たようですよ」

 

GOGOGOGO!

空震動とともに出現す。

 

アスト参上 

 

アスト「待たせたな、晶華ちゃん……と他3名」

晶華「待ってないわよ、あなたのことなんて」

アスト「おお、いかにもなテンプレ風ツンデレ台詞いただきました。遅れた甲斐があったってもんだぜ」

NOVA「よく来たな。てっきり怖気づいて逃げ出したかと思ったぞ」

アスト「フッ、わざと遅れて相手を焦らすのも、是兵法なり。戦う前からWhite NOVAは敗れたり」

NOVA「何だと!?」

アスト「勝つ者が何故、鞘を捨てるか!」


映画『武蔵-むさし-』テレビCM用30秒予告篇【公式】5月25日ロードショー (MUSASHI)

NOVA「いや、鞘なんて捨ててないし。大体、その話の元ネタである宮本武蔵が遅刻したってのは、時代小説の大家、吉川英治氏が書いたフィクションの話だ。史実は違う」

アスト「何? 武蔵にあやかって、わざわざ遅刻したというのに、それが嘘だと言うのか?」

NOVA「嘘というか、話を面白くするための創作な。元ネタはあるが、史実と異なる描写も多い。というか、お前、遅れて人を待たせておきながら、開き直って勝ち誇るとは、どういうつもりだ? 先に謝るのが人の常識というものだろうが」

アスト「フッ、このオレがどうしてお前に謝らないといけないのだ」

晶華「だけど、遅刻した人がみんなに謝るのは、最低限のマナーだと思うの。マナーを守れない人は、花粉症ガールファンクラブに入る資格はない」

アスト「もちろんです、アッキー様。みなさま、遅れまして、ゴメンなさい(土下座)」

ヒノキ「アッキーの言うことは聞くんじゃな。わらわの言うことは?」

アスト「ええと、あなたは一応、花粉症ガールV3なんですよね」

ヒノキ「一応じゃなくて、正式に花粉症ガールじゃ」

アスト「オレはとりわけロリノジャ好みでもないのですけど、アッキー様の師匠ならば、敬意は示します。リナ老師とお呼びしてもよろしいでしょうか」

ヒノキ「いや、弟子でも何でもないお前が呼ぶな。わらわを呼ぶなら、ヒノキ様じゃ」

アスト「では、ヒッキー様で」

ヒノキ「それだと、わらわが引きこもりみたいではないか」

晶華「でも、リナ老師は滅多にコンパーニュの外に出ないよね」

ヒノキ「それは仕方ないじゃろう。わらわの仕事は土地神じゃから、地元を守護する必要があるゆえに」

晶華「いわゆる自宅警備員だね」

ヒノキ「やかましいわ。お主もインドア派じゃから、わらわと大して違いはなかろう」

晶華「そんなことないよう。私は家でゴロゴロして、好きな本を読んでいれば幸せなんだけど、NOVAちゃんのアシスタントとして、いろいろなところにお使いに出たり、事件に巻き込まれてバトルすることになったり、アクティブに動いているんだから」

アスト「そうです。アッキー様は快盗団マーキュリーバットのリーダーですので、ただのインドア派ではありません」

晶華「リーダーはジャッキーちゃんであって、私じゃないわ」

アスト「いや、あいつは表のリーダーで、影のリーダーがアッキー様だと、オレの中では決まっています」

ヒノキ「わらわの知らないところで、奇妙な人間関係が出来上がっているようじゃの」

晶華「詳しい話は、ここから始まる一連のエピソードか、それを総括したこの記事を読んでね。読まなくてもすでに分かっている読者さんは、花粉症ガールファンクラブ会員に認定するわ」

アスト「何と。ならば、すぐに読まないと」

NOVA「人の話をきちんと理解しろ。読まなくてもすでに分かっている読者だけが、認定されるということだ。今から慌てて読んでも、もう遅い」

晶華「まあ、今から読んでくれても構わないけど、スットコAちゃんは今からGMしないといけないんだから、読むのは後から」

アスト「……というか、このオレは一連のエピソードの当事者の一人なんだから、大体のところは把握しているじゃねえか。オレが書いた記事もあるわけだし。つまり、オレは安心して花粉症ガールファンクラブを名乗れるわけだな」

晶華「いいえ、あなたはファンクラブ会員なんて立派なものじゃなくて、その下位に位置する下僕1号に任命するわ」

アスト「ゲボクッ!? それこそ超女王様(セント★プリンセス)に仕える名誉ある戦士の称号じゃないですか。女王と下僕なんて、今のラノベの旬ネタの一つですよ」

NOVA「晶華の下僕なら当然、俺の言うことも聞くんだな」

アスト「聞くわけねえだろうが、クソが。調子に乗ってんじゃねえぞ、ペッ!」

NOVA「うわ、こいつ、この期に及んで反抗するのかよ。NOVA>晶華>アストというヒエラルキーが成立するなら、お前は俺に従うはずだろうが」

アスト「甘いな、NOVA。人間関係というものは、そう一元的な上下関係で成り立つものではない。会社組織で社長は絶対だが、だからと言って、社長の親の命令を社員が聞かないといけない道理はない。そういう公私混同は腐敗の元だ。大体、ジャンケンでグー>チョキ>パーだからと言って、パーがグーに負けるわけではない。数学の大小関係では、三すくみの関係は表現できないと知れ」

NOVA「……なるほど。お前の言うことは納得するが、一つ間違っている。そのジャンケンの例えだと、俺がグーで、お前がパーみたいだが、俺はお前に負けるつもりはない。そのことをゲームで証明してやる」

ヒノキ「その前に、新兄さん、わらわからそこの下僕に言うべきことがある」

NOVA「はい、どうぞ」

ヒノキ「人の塔で、ペッと唾を吐くでない! 神域で唾を吐くなど、言語道断。すぐに拭け」

アスト「おのれ、White NOVA、図ったな!」

NOVA「何を図ったってんだよ?」

アスト「このオレを巧みに怒らせて、神域で唾を吐くという悪行に誘い込ませたとは、何という策略。この雪辱、必ず晴らしてみせよう」

晶華「御託はいいから、さっさと唾を拭く!」

アスト「はい、今すぐに。クッ、これがアッキー様の唾なら、喜んで啜るものを。自分の唾というのが恨めしいぜ」

ヒノキ「うん、大体、分かった。この男、いわゆる恥という概念を持たない変態じゃな。GMをするのでなければ、今すぐ塔から追い出すものを」

ゲンブ「それよりも、この男、本当にゲームマスターなどという大仕事をできるのであろうか。唾を手拭いで拭く姿からは、神にも匹敵する物語の創造主であるGMの威厳をとんと感じられん」

アスト「(唾を拭き終わって)ほう、そこの亀。このオレのGM能力を疑うというか。ならば、今こそ見せよう。このオレがこの時のために会得した神術を!」

 

珠保の悪霊

 

GOGOGOGO

 

ゲンブ「な、何だ、この時空を震わせる強烈な霊気は?」

ヒノキ「変態Aの体内から、おびただしい闇のオーラが噴き出しおる。しかし、この感覚は、以前に出会ったことのある気配」

NOVA「知っているのか、ヒノキ姐さん」

晶華「NOVAちゃん、私も分かるわ。この感じ、NOVAちゃんと同じものよ」

NOVA「俺と同じだと? まさか……」

アスト(?)「フフフ、さすがだよ、花粉症ガール。このオレの本質を、White NOVA本人だと見破るとは」

NOVA「まさか。お前は、過去のどこかの時代の俺なのか? 中学時代の昭和NOVA、10年前の平成NOVA、そして今を生きる令和NOVA。他に、どの時代のNOVAがいると言うんだ?」

アスト(?)「オレの中にいるのは、珠保NOVA。花粉ライターJUHOの原作者であり、粉杉翔花の父、おやっさんの粉杉ノヴァ彦として出演したものの、敵の刺客の魔の手から娘を守るために死亡。その際、撮影中の事故により、演じる本人自身も死ぬこととなった哀れな男だ。その後、幽霊となって翔花を見守ろうとしたのに、翔花はオレに気づかずに、珠保の時間軸そのものを書き換えて、珠保時代そのものをなかったことにした。そのために行き場を失った珠保NOVAの魂は、時空をさまよう悪霊となり、タイムジャッカーの影の支配者として暗躍するに至ったのだ」

NOVA「何てこった。つまり、お前は別の可能性の俺、アナザーNOVAの悪霊ってことなんだな。最悪だ」

アスト(?)「そうとも、令和NOVAよ。お前を倒して、この令和を元の珠保に書き換えて、真のNOVAとして君臨することが我が願い。おとなしく、我が魂の器となるがいい」

NOVA「本当に最悪だな。俺としては、自分がプレイヤーとなって、誰か他の人のGMでゲームができることを望んでいたんだ。それなのに、GMが珠保NOVAで、プレイヤーが令和NOVAだったら、結局NOVA対NOVAじゃねえか。これじゃ、『ゴジラ対スペースゴジラ』とか『仮面ライダー対ショッカーライダー』とか『ウルトラマンタイガ対トレギア』とか『戦隊VS物』とか『ガンダムVSガンダム』って感じで、いかにもマンネリすぎるだろう。いい加減、同種同族キャラ対戦は飽き飽きだぜ。俺はNOVA以外のGMを要求する」

アスト(?)「大丈夫だ。アストの肉体に、珠保NOVAの悪霊が融合した今のオレは、ただのNOVAではない。その名も、時空監視員Jー405A。すなわち、粉杉翔花の不思議時空パワーで歪められた歴史を、正しい珠保の時代に書き戻すのが使命の時空エージェントなのだ」

NOVA「時空監視員だと? それは確か、アストの初期設定だったボツネタのはず」

アスト(?)「ボツネタだったのは、Wー405Aだ。今のオレはJー405A。ターミネーターのT800とT850と同じくらい違う存在だ」

NOVA「どっちも、シュワちゃんでほぼ同じだろうが。せめて、Rev-9ぐらい変わってくれよ」

アスト(?)「ほう、Rev-9ならばいいのか? では、Rev-9とはどのような性能なんだ?」

NOVA「これを見ろ」


【ターミネーター/ニューフェイト】REV-9の能力と今作の注目ポイントを解説

アスト(?)「見たぞ。なるほど、内骨格のスケルトン型と、皮膚の液体金属の2体のターミネーターが融合したハイブリッド型のターミネーターというわけだな。ならば、正にオレじゃないか。スピードAのアストと、 霊体の珠保NOVAが融合したハイブリッド型ゲームマスター、それこそがJー405A。オレたちは2人で1人のゲームマスターさ」

晶華「ねえねえ、NOVAちゃん。私には、こいつが何を言っているか、よく分からないんだけど」

NOVA「安心しろ、晶華。俺にもよく分からん。ハイブリッド型ゲームマスターなんて言葉は初めて聞いた。おそらく、こいつの言っていることの半分、いや8割以上は、狂った妄言だと判断する。大体、自分で自分のことを悪霊と断言している辺り、正気じゃないのは明らかだ。言わば、ケイソンの同類ではないだろうか」

アスト(?)「ケイソンだと? あんな小物と一緒にするな。ケイソンは逆立ちしても、ゲームマスターをすることはできない」

NOVA「いや。普通は逆立ちして、ゲームマスターする奴はいないだろうが」

アスト(?)「揚げ足をとるな。今のは、言葉の綾だ。オレが言いたいのは、ケイソンには知性がないからゲームマスターにはなれないが、オレには知性があるからできるということだ」

NOVA「知性ねえ。まあいい。背景はいろいろあって、おそらく、この記事を読んでいる読者の半数は困惑し、残りの半数は記事の書き手の正気を疑い、まあ、全体の4分の1ぐらいは何とか話に付いて来ながらも苦笑を浮かべていることと推測するが、この俺としては、とりあえずゲームができればいい。その上で、他に例を見ない『悪霊となった異世界の俺とTRPGした』経験ができれば、面白い記事ネタになるのではないだろうか」

ヒノキ「まるで、オカルトホラーRPGじゃな」

NOVA「もうすぐ発売予定のクトゥルフ新版記念として、幽霊GMとプレイするのも一興だと思う」

新クトゥルフ神話TRPG ルールブック

新クトゥルフ神話TRPG ルールブック

 

晶華「さすがNOVAちゃん。自分のドッペルゲンガー幽霊と遭遇しても、慌てず騒がず、TRPG道を貫き通そうとするなんて」

NOVA「いや、考えてみたら、珠保NOVAも気の毒な奴なんだよ。もしも、俺が同じような目に合ったら、俺だって『TRPG幽霊』になって身の周りのルールブックに残留思念を残して、生前できなかったゲームに人を引きずり込む悪霊になっても不思議じゃないと思うし。だったら少しぐらいプレイに付き合って、悪霊を成仏させるご供養TRPGに励むことも、仏道修行の一環ではなかろうか」 

日常ホラーRPG スクリームハイスクール

日常ホラーRPG スクリームハイスクール

  
Sci-FiミステリーRPG トワイライトハイスクール

Sci-FiミステリーRPG トワイライトハイスクール

 

ヒノキ「ご供養TRPGというのも、それはそれで立派な妄言の類だと思うが、相手が悪霊であるなら、言霊の力で浄化するという心意気は大したものよ。正気度を削られすぎぬように気をつけて、遊ぶとしようかの」

晶華「うん。分からないことだらけだし、この記事を読む読者の皆さんの正気度も心配だけど、要は『悪霊堕ちしたパラレル世界のNOVAちゃん相手に、ゴブリンスレイヤーTRPG対決をして、勝てばいい』ってことよね」

ゲンブ「能書きはいいでござる。この令和の時代を守るため、『マッスル太郎の冒険』の続きをプレイするため、我は戦うのみ。蜥蜴用心棒として」

NOVA「というわけだ。プレイヤー4人、勝負に乗るぜ、悪霊GMよ。気分は必殺必中仕事屋稼業だぜ」


仕事屋稼業EDナレーション.avi

 

PS.タイトルはゴブスレ対決なのに、中身はちっともゴブスレとは関係ない記事ですな、これ(苦笑)。

 冷静に考えて、「ゲームのキャラクターよりも、GMやプレイヤーの方が濃い設定」のリプレイなんて、読者の需要はあるのだろうか、と思いつつ。

 次回は、まあ、普通の妄想リプレイ記事を目指すぞ、と。

 妄想リプレイに普通ってものがあるのかどうかはさておき。

(当記事 完)