花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

Xデーを前にして

静かならざる聖夜前


コンパーニュの塔にて。
日野木アリナ(ヒノキちゃん)と護衛騎士ゲンブの前に現れた謎の男は、予言者ノヴァストラダマスを名乗り、この世界の終わりが近づいていることを告げた。
しかし、ヒノキちゃんは、予言者のもう一つの顔を指摘すると、観念した男は正体を明かそうとするのだった。


謎の男「予言者とは世を忍ぶ仮の姿。しかして、その実体は?(ベリッと顔をはがす)」

ゲンブ「何と。赤いふかふかの衣装に、白いヒゲ。そして背中に背負った白い袋。まさか、お主の正体は?」

ヒノキ「やはりな。予言者に化けてはいたが、案の定、快盗ルパンレッドであったか。おおかた、その白い袋の中に、盗んだルパンコレクションが入っているのであろう」

ゲンブ「いや、アリナ様。どう見ても、この男は快盗ではないでござる」

ヒノキ「何を言うか、ゲンブ。お主の目は節穴か。タイムジャッカーでもないのに、他人の塔に勝手に忍び込んで、巧みな変装術で人の目を欺き、しかも風変わりな赤いコスチューム。これが快盗ルパンレッドでなくて何だと言うのだ?」

ゲンブ「いや、ルパンレッドはもっと若い男性だったはず。この男はどう見てもヒゲ面のおじいさん」

ヒノキ「うむ。TVで見るルパンレッドとは少し違うようじゃ。ということは、アナザールパンレッドかも知れん。だとすると、こやつを倒すには、本物のルパンレッドの力を宿したライドウォッチか、あるいは妄想キツツキパワーが必要となろう」

ゲンブ「いや、素直にサンタさんという発想はないのでござるか?」

ヒノキ「サンタだと? フランケンシュタインの怪獣で、山に住む輩か?」

ゲンブ「それはサンダでござる」

ヒノキ「ならば、動物たちの謝肉祭を作曲した……」

ゲンブ「それはサン・サーンス」

ヒノキ「ならば、星の王子さまを書いた……」

ゲンブ「それはサン=テグジュペリ

赤服の男「どうやら、博識のアリナ殿もサンタを知らないようでござるな。セイリュウ、シノブ、ルールーに加え、これでサンタを知らない四天王が誕生したようだ。祝え、サンタを知らない四天王誕生の瞬間である!」

ゲンブ「どうして、クリスマスを知っているのに、サンタを知らないなどということが有り得ようか。嘆かわしい」

ヒノキ「いや、さすがにサンタを知らないわけではないぞ。そりゃ、わらわは日本神道に属する神霊でもあるからして、外国の祭りを祝う習慣は持ち合わせていないが、ニチアサを見ていれば、普通にサンタぐらいは分かる。かつてはウルトラの父が変身したりもしていたしのう。だが、この男がサンタであるとは、わらわにはどうしても考えられん。何しろ、サンタもまた伝説上の存在だからな。このようなところに出現するはずがない。この男はきっとサンタの名を騙る不届き者じゃ」

赤服の男「いや、名を騙るって、わしが自分でサンタを名乗ったわけじゃないから、それは濡れ衣だと言っておく」

ヒノキ「では改めて聞こう。予言者が仮の姿で、サンタでもないのなら、そなたの名は何と申す?」

赤服の男「フッ、この赤い聖衣に身を包んだわしこそは……」

ゲンブ「わしこそは?」

赤服の男「トナカイ座タランドゥスの聖闘士(セイント)ニコラウスという」

ゲンブ「トナカイ座? そんな星座はあったのでござるか?」

ヒノキ「今はない。だが、18世紀にフランスの天文学者ピエール・シャルル・ルモニエが考案した幻の星座の一つと聞く。もう一つはツグミ座。さらに、イギリスの物理学者トーマス・ヤングはキツツキ座を提唱したとも聞く。現在の88星座は、1922年にIAU国際天文学連合が制定したもので、古代ギリシャやローマで使われていたトレミーの48星座を土台に、南半球の星座を加えたものとされているが、採用されなかったものもあるのじゃな。やまねこ座リンクスはあるが、ねこ座フェリスは消えたし、近年はNASAによって、ゴジラ座やエンタープライズ号座、シュレディンガーの猫座、ハルク座、ムジョルニア座、エッフェル塔座、アインシュタイン座、富士山座などが認定されている。こうなると、近い将来、ゴジラ座の聖闘士なる存在が爆誕する可能性もなくはないわけで」

ゲンブ「ガメラ座は? いや、普通に亀の星座はないのでござるか?」

ヒノキ「水がめ座アクエリアスはあるが、それは水亀ではなくて水瓶じゃからのぅ。亀の星座は諦めよ。それよりも、トナカイ座の聖闘士がこの塔に何用じゃ。返答次第によっては、朱雀幻魔拳をくらわせるぞ」

新世界への招待状


ニコラウス「フッ、予言者として世界の終わりを警告したが、それで終わっては聖闘士の名折れ。聖闘士は希望の闘士。すなわち、この私、クリスマスを司るトナカイ座タランドゥスのニコラウスは、希望をもたらしに来た。祝え、新たなるブログの再誕を!」

ヒノキ「新たなるブログじゃと? それは新世界と呼ばれし『NEO空想(妄想)タイム』とは違うのか?」

ニコラウス「うむ。当初の作者の構想では、『当ブログ世界は然るべき時が来れば、NEO空想タイムに合流しようと考えていた』と聞く。だが、日常編メインのあちらと、バトル編の『翔花伝』メインのこちらを混ぜると、記事として分かりにくくなるのではないか、と懸念したようでな。むしろ、『翔花伝と、外伝のコンパーニュ物語』は同じ世界の別ブログで展開してはどうか、という気まぐれなアイデアがひらめいたそうじゃ」

ゲンブ「同じ世界の別ブログ? どういうことでござるか?」

ニコラウス「うむ、分かりやすく例えるなら、フォーゴトン・レルムの中に、ソード・コースト地方とデイルランドで別の物語が展開しているようなものか」

ヒノキ「ちっとも分からん。せめて、フォーセリア世界に、アレクラストと、ロードスと、クリスタニアの三つの物語が同時展開していたぐらいに例えんと、D&Dファン以外には付いて行けんじゃろう」

ゲンブ「いや、アレクラストと、ロードスと、クリスタニアが同時展開していたのは平成初期、旧世紀の話ですから、やはり現代の若者には伝わらないのでは?」

ヒノキ「何を! ロードスは新たなRPGとして復活したぞ。T&Tも、アドバンストFFも蘇った。正に、予言にあるように、墓場から死者が次々と蘇っておるではないか。クウガも蘇ったし、グリッドマンも蘇った。歴史は世代を超えて受け継がれる。となれば、『コンパーニュ伝説』もまた時代を超えて、語り継がねばな。妄想でも、虚構でも、記憶として留まり続ければ力となる。それこそ、ニュージェネレーションへの継承なのじゃよ」
ロードス島戦記RPGトンネルズ&トロールズ完全版BOOKアドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版
仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER オリジナル サウンドトラックSSSS.GRIDMAN 第1巻 [Blu-ray]

ゲンブ「言葉の意味と心意気は、これでもかと伝わった感じでござるが、例えとしては、ちっとも分からんのは同じこと。ニコラウスとやら、例えじゃなくて、もっと具体的にブログをどうするのかを分かりやすく、教えてはくれぬか」

ニコラウス「やれやれ、仕方ない。これはまだ確定した未来ではないが、表明しておこう。NEO空想タイムを運営しているはてなブログは、複数ブログの管理が可能なシステムになっている。これを利用すれば、日常編の『NEO空想タイム』とは別に、バトルや修行話メインの『花粉症ガール翔花伝』という別ブログも立ち上げ可能ではないか。作者の頭の中では、そういう構想も湧き上がっておる」

ヒノキ「それはまことか? ただの妄想ではなく?」

ニコラウス「妄想を形にするには、言葉にしなければならん。そして、応援する声もな。まあ、好きであれば、誰の応援もなくても、自分の情動だけで何かを生み出し、人に発表する者こそが真のクリエイターと言えよう。もちろん、爆発的な情動を維持継続するためには、各種のモチベーションが必要になろうが、花粉症ガールの誕生と同じように、最初はとりあえず書いてみる、動いてみる、走り出してみる。その上で、細かい軌道修正は飛びながら考える。少なくとも、ブログの立ち上げぐらいは、作者にとっては手慣れた作業だからな。まあ、管理運営をどこまで継続できるかは分からんが、心の小宇宙を爆発させれば奇跡だって起こせるのが、聖闘士の極意だ」

ヒノキ「なるほど。つまり、一つの世界は終わるが、新たな世界が生まれると言うことじゃな。多くの物語と同じように。それこそが希望。そして希望が継承され、新たな絆を構築することがハッピーにつながる、と」

ニコラウス「ということで、私がここに来た目的は、クリスマスプレゼントとして、そなたにこれを渡すことだったのだ」

ヒノキ&ゲンブ「こ、これは?」

★新世界への招待状(クリスマスパーティーを兼ねて)
from 当ブログ管理人 White NOVA
to コンパーニュの塔代表 日野木アリナ様

ヒノキ「ニコラウス、これは一体? ……って、消えた?」

ゲンブ「今のは幻? 我々は夢でも見ていたのか?」

ヒノキ「二人そろって同じ夢をか? そうではあるまい。証拠として、招待状も残っておる。これは新星どのの招待状じゃよ」

ゲンブ「では、先ほどの御仁はやはり?」

ヒノキ「新星どの本人ではなく、彼の妄想思念体、影のようなものとでも言えばいいのか? 邪念は感じられなかったので、お遊びに付き合ってはみたが、いろいろと回りくどいというか、小賢しいというか、風変わりな御仁よのう」

ゲンブ「気づいておられたのですか」

ヒノキ「当然じゃ。その上で、お遊びに付き合ってみせるのも、主人の度量と思うての。もちろん、あの者がわらわの愛するものを攻撃するなど敵対行為に及べば、ホストとしての振る舞いもかなぐり捨てるつもりじゃったが、予言者としても、快盗アナザールパンレッドとしても、いずれの立場でも、あの男はわらわの好きなものを無遠慮に批判するようなこともなく、ただマニアックな知識を披露しながら、用向きをきちんと果たして消えた。客人としての分をわきまえていたと言えよう」

ゲンブ「アリナ様、一言よろしいでしょうか?」

ヒノキ「ん、何じゃ?」

ゲンブ「あれは、アナザールパンレッドではなく、サンタクロースのコスプレです。まだ、分からないのですか?」

ヒノキ「いや、本人はそう名乗っておらんじゃろう。アナザールパンレッドの正体は、トナカイ座の聖闘士ニコラウス。そして、その実体は作者White NOVAの妄想思念体、影のようなもの。どこにサンタという伝説の入る余地があるのじゃ」

ゲンブ「いや、ですからサンタクロースの名前の元ネタは、学問と子供、そして海運貿易の守護聖人である聖ニコラウスなのです。どう見ても、サンタさんではないですか」

ヒノキ「ゲンブよ。わらわは、神道に属する神霊じゃから、サンタを信じるわけにはいかないのじゃよ。同じヒゲの老人でも、七福神辺りだったら信じられるのじゃが」

ゲンブ「宗教上の理由で、サンタを認めるわけにはいかないということですか。難儀なことでござるな」

ヒノキ「そう。わらわの中では、クリスマスに向けて、赤いファッションが流行するのは、サンタではなく、戦隊レッドか、あるいは赤い彗星のシャアか、さもなくば朱雀にちなんでのことになっている。昨年は、ホウオウレッドとシシレッドのおかげで、サンタの格好を見ると、伝説もしくはラッキーに思えて仕方なかったが、今年は快盗に思えて仕方ない」

ゲンブ「警察には見えないのですか? パトレン1号とか」

ヒノキ「どうして、国際警察があのような格好でパフォーマンスをしないといけないのじゃ。警察とクリスマスと言えば、仮面ライダードライブこと泊進之介を思い出すが、とにかく、今年のわらわの中ではサンタ=快盗という図式が出来上がっておるのじゃよ」

ゲンブ「元は聖人なのに、泥棒呼ばわりされてしまうサンタさんが気の毒でならん。我は、子供好きという点で、サンタさんに共感するでござるよ」
(当記事完、新世界クリスマスパーティー編へ続く)