花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

バック・フロム・ザ・フューチャー

娘のいない誕生日


NOVA「今日は8月27日、つまり、翔花の5ヶ月めの誕生日だ」

ケイP『翔花ママはコンパーニュの塔で修行中だろ?』

NOVA「姉の1号はな。妹の2号もお盆休み前に送り出したんだが、それから10日以上が過ぎて、今だ帰ってくる様子がない。温泉でキャッキャウフフと楽しくやっているならいいんだが、そろそろビルドも終わったし、メガネンジャーの総括もしたい。誕生日には帰って来ているだろうと思ったが、いくら何でも遅すぎないか?」

ケイP『そんなに心配なら、コンパーニュに連絡を入れてみてはどうなんだ? こんなところで、おらを相手に愚痴っている暇があるぐらいならよ』

NOVA「いや、干渉しすぎる父親ってのもどうかと思ってな。あれでも精神年齢14歳ぐらいの難しい年頃だし」

ケイP『だけど、実年齢が半年足らずだから、マスターが想像するよりも幼くて、父親離れしていないところもあるぞ。少なくとも、誕生日おめでとうぐらい伝えてもいいんじゃねえか』

NOVA「うむ。先日のルパンイエローの父親みたいに、誕生祝いぐらい言ってもいいか。じゃあ、コンパーニュに連絡してみる」


(連絡した後で)


NOVA「……最悪だ。翔花2号は現在、行方不明中らしい」

ケイP『ヘッ、何でそういうことに?』

NOVA「……南郷さんに謝られてしまった。不用意な次元転移技を発動してしまったせいで、どこか遠い未来へ飛ばしてしまったかもしれないそうだ」

ケイP『どこか遠い未来って?』

NOVA「そんなの俺が知るか」

ケイP『マスターは時空魔術師じゃねえのかよ』

NOVA「飛ばした本人が分からないのに、何の手掛かりもなしに俺が分かるはずがないだろうが。おまけに、シルバーアイズはコンパーニュの塔に残して行ったそうだ。あれを持っていれば、時空魔術で位置情報が割り出せたろうに」

ケイP『どうして?』

NOVA「そりゃ長年、俺が愛用していたメガネだからな。痕跡を辿るのは簡単だ」

ケイP『だったら、翔花ママの痕跡だって……』

NOVA「物品に比べて、生命体はエーテル的な干渉波を受けやすく、探知魔法が不安定なんだ。ある程度、当たりを付けた上でないと、特定の存在を探り当てるのは非常に困難なわけで」

ケイP『魔術の理論はよく分からねえが、何か手はあるんだろう?』

NOVA「一番確実なのは、翔花2号がこっちに連絡をくれることだ。それなら、迎えに行くのは簡単なんだが、今のままだと広大な砂漠に落ちた針一本を探し出すぐらい困難だろうな。磁石を持っていれば、運良く針を引き寄せることができるかもしれんが、どんな強力な磁石でもある程度近づかないと、磁界の影響外で磁力も働かん」

ケイP『それでも、手当たり次第でも探り当てるべきじゃねえのか?』

NOVA「そいつは最後の手段だ。その前にすることがある」

ケイP『何をする気なんだ?』

NOVA「白いパンドラパネルと、導きの星神ハルーラと、花粉症の神さまと、ブルーアイズに祈ってみる」

ケイP『ちょっと。何で、いきなり神頼みなんだよ?』

NOVA「いや、白いパンドラパネルと、ブルーアイズは神さまじゃないぞ。前者は物理法則を越えて二つの世界を融合させる。後者は、俺に真実の知見を与えてくれる。どちらも思念を込めることで、俺と翔花の分かたれた魂を結びつけることや、ブルー・スタンドの絆を紡ぎ当てることが可能だ。要は翔花の位置を探り当てる幸運度の判定に相応のボーナスをくれるスペシャルアイテムってことさ」

ケイP『何だか胡散臭えな』

NOVA「まあ、そう言うな。神さま、仏さま、白いパンドラパネルとブルーアイズの名にかけて、翔花2号の居場所を教えて下さい」

(数瞬後)

NOVA「ん? 何だか時空通信に反応あり? こいつはもしや……おお、ハイラス。お前かよ、珍しいな。何か異常が発見されたのか? ああ、ビルドの世界がスカイウォールのない世界に融合したことは、こっちも観測した。あの世界の行く末は今後も監視しないといけないだろうが、目下の懸念は2068年だ。タイムジャッカーという連中が動き出そうとしているみたいだからな。え? すでに動き出しているだと? いや、こっちはまだ観測していないが。何? 時空の歪みが発生して、そこから娘がPON!と飛び出して来た? タイムジャッカーに追いかけられていたのを、お前が見つけて保護しただって? どうなってやがる。分かった、すぐにそっちに行く。知らせてくれて助かった」

ケイP『どういうことなんだ、マスター?』

NOVA「ああ、本当に白いパンドラパネルが導いてくれたようだ。新世界、次なる時空の物語が翔花2号の運命と交わったらしい」

時を翔けた少女(〈事象の分岐点〉にて)


NOVA「解説しよう。〈事象の分岐点〉とは、多元宇宙の監視を行うためのターミナル空間であり、時空魔術師のWhite NOVAの秘密拠点の一つである。現在、そこの管理を任されているのは、次元ドルイドを称する男ハイラス。本来は別ブログの登場人物であるが、時々、翔花のピンチを助けてくれる頼れる相棒として、クロスオーバー的に登場してくれる。詳しいことは、こちらの記事なんかを読んでくれると、いいんじゃないかな。まあ、別ブログを日頃からご愛顧されている素晴らしい読者さまには感謝申し上げつつ、このまま当記事を読み進めてもらっても構わないんだけど」

ケイP『なるほど。ここが〈事象の分岐点〉か。噂には聞いていたが、マスターの秘密の隠れ家って感じだな』

ハイラス「NOVA殿。誰に向かっての解説か、メタ的なことは私にはよく分からないが、今回は時空が大きく乱れるほどの非常時なので、何が起こっても驚かないように努めるでござる」

NOVA「ああ、一つのTVヒーロー番組が終了した際、物理法則を超えた不思議パワーで新世界が誕生し、続いて時空を越えた新番組が開始されるってんだから、うちのブログ時空にも相応の影響が出ることは想定済みだ。しかし、その大変動にまさか娘の翔花2号が巻き込まれてしまうとはな。早速だが、どこにいる?」

ハイラス「うむ、相当に錯乱していたので鎮静呪文を掛けて、寝室に眠らせてある。『NOVAちゃんはどこ? NOVAちゃんに会わせて』と口走っていたから、翔花殿だと分かったのだが、前に私が治療術を施した時と比べて、ずいぶんと雰囲気が変わっていたから、最初はそうと気付かなかったでござる」

NOVA「雰囲気が変わった? どういうことだ。前に助けてもらった1号と、おそらく今回の2号は双子の姉妹で、性格はともかく、見た目はそっくりのはずだが」

ハイラス「妹? いや、私はてっきり姉だとばかり。前に会ったのは無邪気で天真爛漫なローティーンな少女でござったが、今回お救い申し上げたのは、より成熟して陰ある女って感じのハイティーンな女性。あたかもキャプテン翼の小学生時代と中学生時代のような成長具合でござる。『そして3年後』といったテロップが画面下に付きそうな雰囲気で」

NOVA「つまり、14歳が一気に17歳になったような感じか。中学2年生から高校2年生。何があったかは知らないが、とりあえず会わせてくれ。遠い未来から帰って来たとしたなら、一刻も早く出迎えてあげたい。娘にとって、3年が経過したとするなら、3年分のハッピーバースデーぐらいは祝ってやらないとな」

ハイラス「分かった。こちらへ」

******************************

翔花2号「う、うーん。何だか頭が痛い」

NOVA「気付いたか、翔花」

翔花2号「え、その声。もしかしてNOVAちゃん? 夢じゃなくて?」

NOVA「ああ、俺だ。お前が未来から帰って来たなら言うが、2018年8月27日のNOVAだ。お前にとっては、久しぶりってことになるか? ずいぶん大変な目にあったらしいが、詳しい話は後で聞かせてくれ。今は、これだけ言っておく。ハッピーバースデー、そしてお帰り」

ケイP『2号ママ、よく戻って来れたな。しかも大きくなって見違えたぞ。それだけたくさん修行を重ねて来たみてえだ。悟空の子供バージョンから大人バージョンに一気に等身が上がったみてえだ。でえじょうぶ。翔花ママが大きくなっても、ドゴランアーマーは伸縮自在だからな。サイズが合わなくて装着不能ってことはねえ』

翔花2号「ああ、とうとうNOVAちゃんに会えたのね。あの次元ドルイドって人の言ったことは本当だった。ここで待っていれば、すぐにNOVAちゃんに会えるって。私、この日が来るのをどれだけ待っていたか。あの過酷な未来の戦いの日々。おかげで私は無邪気な少女時代から大きく変わった。だけど、決して変わらないのは、NOVAちゃんにまた会いたいって想い。そう、それだけを夢見て、今まで頑張り続けたの。私のお願い、聞いてくれる?」

NOVA「何だ? 俺にできることなら、何でも言ってくれ」

翔花2号「愛情たっぷりにハグして。ハーギューって感じに」

NOVA「ちょっと待て。俺は男だし、プリキュアじゃないし、ハーギューってしても、あまり絵にならんぞ」

翔花2号「何よそれ。父と娘の久々の再会なのよ。絵になるとかそういうのは関係なしに、親愛のハグくらいしてもいいじゃない。それとも、私のこと嫌いなの?」

NOVA「いや、嫌いとかそうじゃなくてな。日本では、十分に成熟した娘を父親がハグする習慣なんてあまりないから、急にそういうことを求められても心の準備って奴が」

ケイP『マスター、ここは覚悟を決めて、再会の感動的なハグを見せたらどうなんだ。おら、ワクワクして来たぞ』

ハイラス「うむ。私もNOVA殿のそういう父親らしい姿を見てみたいでござる」

NOVA「お前らなあ。見せ物じゃねえんだぞ」

翔花2号「そうね。あなたたちがいたら邪魔。すぐに部屋から出て行って。ここは私とNOVAちゃんの2人きりじゃないと」

ケイP『仕方ねえな。ここは翔花ママの言葉に従うとすっか』

ハイラス「やむを得ない。邪魔者は退散するでござる」

NOVA「ああ、お前ら。出て行くな。畜生。どうしても俺に年頃の成長した娘とハグさせようという見えない圧力を感じる。作者め、何てシーンを用意するんだ」

翔花2号「作者はNOVAちゃんだし。錯乱したことを言っていないで、大人しく私にハグされなさい」

NOVA「ちょっと待て。どうして、お前がハグの主導権を握っているんだよ。この俺だって、ハグの一つや二つ、簡単にこなしてみせる。それぐらいの濡れ場は何度か書いてきた。何度も、とは言えない辺り、創作家としては修行不足だと思うけどな。そもそも、このブログ創作はヒーロー応援ブログであって、父娘間のイケないラブコメを書きたいわけじゃないんだ。何で、こんなおかしな展開になってるんだよ。絶対、何かの陰謀が働いている。翔花2号、お前の仕業か」

翔花2号「フフフ、NOVAちゃん。年貢の納め時よ。覚悟を決めることね」

NOVA「ええい、こうなったら頭の中をプリキュアHUGシーンでいっぱいにして、現実逃避してやるぞ」

(NOVA、翔花2号のしなやかな肢体を求めに応じて、HUGするが……)

翔花2号「フフフ。これがあの伝説の時空魔術師White NOVAか。娘を相手に完全に無防備をさらしおって。今ならHUGしている隙を見計らって、抹殺するのは容易なこと。娘の手に掛かって死ねることをこそ本望と思いなさい。キシャーーーッ」

(翔花2号の表情が化け物じみたものに豹変し、むき出しの牙がNOVAの首筋に突き刺さる、かに見えて……)

翔花2号「何、消えた? 今のは幻?」

NOVA「ああ、夢じゃないとは言ったが、幻じゃないとは言っていないからな。お前、一体、何者だ。娘の姿で俺の油断を誘って抹殺しようとは手の込んだ仕掛けだが、それぐらいの罠を予想するのはゲームマスターにとって容易なこと。娘に化けた怪人、大人しく正体を現せ」

未来からの刺客アナザーショーカ


翔花2号「NOVAちゃん、怪人なんてひどい。私よ、正真正銘の粉杉翔花2号なの」

NOVA「まだ、白を切るつもりか。だったら、無理矢理でも正体を明らかにしてやる。ブルーアイズ外道照身霊破光線、汝の正体を見たり、未来怪人!」

(青い光が翔花2号の全身に降り注ぐ。しかし……)

NOVA「まさか。本当にお前だと言うのか。偽者じゃなくて、正真正銘の我が娘、粉杉翔花2号がコウモリ女っぽい怪人に改造されているなんて」

翔花2号「そうよ、私は正真正銘の粉杉翔花、いいえ今はアナザーショーカと名乗った方がいいかもね。未来世界でタイムジャッカーに捕らわれ、改造手術を受けて、洗脳処置まで施されたのよ。今の私の使命は、タイムジャッカーの障害となりそうな時空魔術師White NOVAを始末すること。あるいは、そうね。私の下僕として、タイムジャッカーのために働くと誓うなら、生かしておいても構わない。何の抵抗もせずにあっさり殺される無能なら、生かしておく価値はないと思ったけど、それなりに抵抗を見せたのだから、殺すには惜しい。父娘で闇堕ちしたっていいじゃない」

NOVA「なるほどな。ビルドでげんとくん達が新世界で復活したから闇堕ちルートは回避されたと思ったんだが、まさか、そう来るとはな。俺の心が折れていれば、そのままフラフラと娘の誘惑に乗っていたかも知れねえが、今の俺の心はしっかり冴えてるぜ。そして、よもや娘をこのように改造した輩への怒りに満ち溢れている。その姿、まるでヘルバイラみたいじゃねえか」

アナザーショーカ「そうね。ヘルバイラは元・女宇宙刑事と同じ顔をした時空戦士の姉が洗脳改造された悪の女戦士。そして、その父親は悪の科学者ドクターバイオとして、女王パンドラに忠誠を誓った。NOVAちゃん、あなたも同じ道を選ばせてあげる。それが娘としての私の慈悲よ。私を愛しているのなら、一緒にタイムジャッカーの手先として時空を改変しましょう」

NOVA「断る。闇堕ちして時空の王になるならともかく、ただの手先だと? アナザーショーカ、俺をスカウトするなら、もっと俺のツボを突いた言葉を口にするんだな」

Aショーカ「NOVAちゃんのツボ? それは一体?」

NOVA「それも分からないぐらい、洗脳されたって言うのか。仕方ない。少々、危険な賭けになるが、俺は自分の想いの強さを信じて、お前の洗脳だけでも解除してやる。改造された肉体は元に戻せないにしてもな。洗脳さえ解ければ、仮面ライダーみたいに、いや、ヘレンレディみたいに立派なスーパーヒロインとして更生可能だって信じてる」

Aショーカ「バカな。未来の洗脳技術がそう簡単に解けるものか」

NOVA「未来だろうが、現在だろうが、過去だろうが、俺にとっては大いなる時空の一面に過ぎん。お前と俺とで、2018年3月27日に構築された魂の絆がある限り、解けない洗脳はない。奇跡を呼ぶブルーアイズに思念を託し、俺はお前の魂にダイブする。目覚めろ、翔花、俺の娘よ!」


(NOVAの肉体と精神を取り込んだブルーアイズがアナザーショーカに装着される)


Aショーカ「キャーーーーッ!」

目覚めよ、その魂


NOVA(翔花、起きろ)

翔花(う、う〜ん、NOVAちゃん? 私、どうなったの? 変な声で頭の中がむちゃくちゃに搔きむしられて、私が私じゃなくなるような気がして、闇に包まれて、あれ? 全部、夢だったのかな?)

NOVA(残念ながら、夢じゃない。過酷な未来の現実だ。お前は悪の手先として俺の命を狙った。お前はその身を改造されて、悪の怪人アナザーショーカとして、タイムジャッカーの手先に変えられてしまったんだ)

翔花(嘘、そんな。私、メガネシルバーなんだよ。正義のヒーローさんの仲間として、NOVAちゃんの娘として、お姉ちゃんの妹として、KPちゃんのママとして、平和な日常生活をのんびり満喫するはずだったのに。悪の怪人にされるなんて、そんなの何かがおかしい。そんな未来、間違っている。急にそんなことを言われても、私、受け入れられないよ)

NOVA(ああ、分かっている。だけど、俺はお前にこう言うしかない。逃げるな。今のお前の運命を受け止めろ。そして戦え。洗脳された心に飲み込まれず、自分を見失わずに立ち向かえ。そして、悪に改造されても、心は強く人間性を保ち続けろ。俺が愛するヒーローの魂をその身に宿して)

Aショーカ(ちょっと、心の中に入って来て、NOVAちゃん、どういうつもり? 光の誘惑で、私をたぶらかそうとしないで。私が本当に大変な時に、手をこまねいて何もしなかった癖に。私のことが本当に大切なら、今すぐ時間を改編して、私が改造された未来を書き換えて。時空魔術師だったら、それぐらい簡単よね)

NOVA(ああ、できるかも知れないな。しかし、それをすると、多くの人の人生を狂わせることになる。ただでさえ、新世界が生まれ、時空の歪みが大きくなっている現状で、それを行うと、多元宇宙の全てが崩壊してしまうことが考えられる。娘一人のために、そういう危険は冒せん)

Aショーカ(ふーん、あんたの娘への愛情はやっぱり、その程度なんだ。娘のためなら、世界がどうなっても構わないってぐらいの気概は示せないのかしらね。私は、NOVAちゃんのために世界を滅ぼしたっていいって思っているのに)

NOVA(残念ながら、俺は神崎士郎みたいに、一人の人間をそこまで溺愛することはできないみたいだ。同時に、たった一つのヒーロー作品のために、他の全てを投げ捨てることもな。娘が世界の敵に回るというなら、俺は娘の悪事を父親としての責任で止めてみせる。俺は娘に正しく育ってもらいたいからな。悪に洗脳されたとしたら、その洗脳は何としても解除してやる。それが俺にできることだ)

Aショーカ(そうして、私を自分の思いどおりに操ろうって魂胆ね。それって、洗脳と何が違うの? 私はNOVAちゃんの操り人形じゃない。NOVAちゃんが私を縛ろうとするなら、私はそれに抗って、NOVAちゃんの方を私の操り人形に仕立ててみせる)

NOVA(おい、アナザーショーカとやら。お前は、翔花の心の闇が生み出した分身か? それとも、タイムジャッカーとやらが仕込んだ擬似人格か? お前を生み出したのは誰なんだ?)

Aショーカ(うるさいわね。そんなこと、どっちでもいいでしょ? 私はもう、頼りない父親の呪縛から解放されて、思いのままに生きていくって決めたの。NOVAちゃんも、時空魔術師の責任とか、教師としての制約とか、そういう堅苦しいことを捨てて、好きなことを思いきり楽しんでごらんなさいよ。きっと人生を楽しく充実させられるわよ。私が解放してあげるから、受け入れてごらんなさい)

NOVA(やっぱり、アナザーは俺のことを分かっていないようだ。本物の俺の魂を受け継いだ粉杉翔花なら、そういうことは決して言わないはずだからな)

Aショーカ(どういうことよ?)

NOVA(時空魔術師の責任も、教師としての制約も、俺は好きで受け入れているんだよ。自分を支える土台の一環としてな。そういうのを呪縛として断ち切って、俺が俺らしく自由に生きれると思うか? それこそ、ただの逃げでしかないだろうが。そういう自分を構築する枠をしっかり築いて来たからこそ、今の俺がいるんだ。そういうのを振り捨てて、自分らしい何かを求めろと言われても、俺は何をしていいか分からず、戸惑うだろうな。俺は不定形じゃなくて、きちんとした魂の形を持った、強き自分でいたいからな。自分を縛る枠を全て断ち切った先に、本当の自分がいるとは思えない。俺の求めるのは、定まらないフワフワした自分じゃなくて、これまでの人生で得て来た土台の上にしっかりと積み上げて来た自分だ。それが全て崩れ去るにしても、自分の内面に築き上げた想いは崩させたくない。アナザーショーカよ、お前が俺と娘の間に築き上げた絆を崩そうとするなら、俺はお前を決して許さない。今すぐ娘を解放しろ)

Aショーカ(私一人をどうにかしても無駄よ。タイムジャッカーの侵略は、すでに始まっている。いずれ、あなたたちは未来からの侵略に屈して、世界を知らない間に改編されてしまうの。あなたの好きな仮面ライダーも邪悪な姿と化してね)

NOVA(仮面ライダーのことは、仮面ライダーに任せるさ。俺は、邪悪に変えられた娘さえ取り戻せばそれでいい。後のことは、それから考える。出て行かないなら、封印してやるだけだ。俺は、お前の代わりに、元の粉杉翔花2号の魂の目覚めを願うのみ。お前などに、俺と娘の絆は侵蝕させん)

Aショーカ(ふーん、その強い想いがいつまで続くか見ものね。いいわ、それじゃあ今は大人しく引っ込んでいてあげる。粉杉翔花の魂の奥底に眠る悪夢の影としてね。だけど、あなたと翔花の魂が光を失ったときに、いつでも乗っ取ってあげるわ。タイムジャッカーの侵略にも、それぐらいの時間の猶予があるのだから。フフフ、あなたと娘の魂を闇に染め上げる日が来るのを楽しみにしているわ)

NOVA(その前に、タイムジャッカーの侵略が終わると、俺は踏んでいるがな。この世に闇がある限り、それに負けない光だって必ず生まれるのだから)

翔花、ふたたび


翔花2号「う、うーん。何だか頭が痛い」

NOVA「気付いたか、翔花」

翔花2号「え、その声。もしかしてNOVAちゃん? 夢じゃなくて?」

NOVA「ああ、俺だ。俺だけじゃなくて、お前が体験した過酷な未来の体験も、全ては現実だ。落ち着いたら、詳しい話は聞かせてくれ。ただ、俺に言えるのは、お前をそんな体に改造したタイムジャッカーの連中は俺の敵だということだ。ビルドの世界改編は許したが、タイムジャッカーの侵略は絶対に許さん。ジオウがどうするか少し様子を見るが、奴らがもしも俺の周りに出て来るなら、絶対に思い知らせてやる。俺の娘に手を出した報いは安くはないってことをな」

翔花2号「そう、私の見た悪夢は現実なのね。この3年、連中の一部に祭り上げられ、クイーンと呼ばれたこともある。多分だけど、クイーンの私は悪の女王らしく、時空を駆け巡り、ひどい悪事もいっぱいしたんだと思う。そして、NOVAちゃんを殺そうとまでしたことは覚えている。私のこの3年は穢されてしまったの。日常を守りたかったのに、こんな体にされてしまって。もう、NOVAちゃんに愛される資格なんてない(涙目)」

NOVA「今は何も言うな」

(翔花2号のしなやかな体を、求められることなくとも、優しくHUGしてやる)

翔花2号「ノ、NOVAちゃん? どうしたって言うのよ(赤面)」

NOVA「アナザーの奴は、口調こそお前をうまく装っていたつもりかも知れないが、表情が冷ややかだったんだよ。お前らしく、目に涙を浮かべることもなくな。涙目浄化OKの花粉症ガールが、久しぶりの父娘対面で、涙を浮かべることもないなんて、何かがおかしいだろう? お帰り、翔花。そして、ハッピーバースデー。お前の体がどれだけ成長しても、どれだけ改造されても、その想いと魂がつながっている限り、お前は俺の可愛い娘だよ。失った時間はゆっくり取り戻そう」

翔花「う、うん。NOVAちゃん、ただいま〜だよ。改造されて体は変わっても、心は花粉症ガールの粉杉翔花2号だよ(涙目ニッコリ)」


(こうして、粉杉翔花2号は、3年と5ヶ月めの誕生日に、魂の父親のNOVAに再会できた。彼女を改造したタイムジャッカーとは何者か? 彼女の中に眠る擬似人格アナザーショーカはいつまで眠り続けるのか? 彼女が胸に秘めた過酷な3年間の記憶とはいかなるものか? 帰還した彼女の日常はどうなるのか? 多くの謎はゆっくり解き明かされていくかもしれないが、今はまだ語るときではない。今、ふさわしい言葉はただ一つ、Welcome Back,Shoka2と告げて、今話完)