花粉症ガール外伝・コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。現在は、ソード・ワールドのミストグレイヴ妄想リプレイ「魔神ハンター」を連載中。

魔神ハンター、第6部準備編(SWミストグレイヴ6ー0)

第6部スタートのお知らせ

 

ヒノキ「秋になったので、かねてからの予定どおり第6部を開始するのじゃ」

シロ「仮面ライダーシローがいきなり第1話で死んじゃうとは思いませんでした。親近感を持っていたのに(涙目)」

リトル「ギーツには、竜ライダーがいないので今のところ推しが見えないですねぇ」

ゲンブ「亀もいないでござるな」

ヒノキ「亀ライダーなぞ、電王でしかおらんじゃろう」

ゲンブ「いや、オーズのブラカワニも、コブラ・カメ・ワニのコンボでござる」

ヒノキ「まあ、亀やライダーの話はさておき、新たなゲームのバトル世界が始まったことを記念して、わらわたちの冒険物語も始まるのじゃ。今回はその準備編ということで、前回までの復習と今後の展望を話していこうと思う」

シロ「この第6部で魔神ハンターが終了して、それ以降は新タイトルで心機一転を図るそうですね」

ヒノキ「うむ、詳しい話は、この記事を読むといい」

ゲンブ「つまり、霧の街の地上に出てから、ミストキャッスルとミストグレイヴのクロスオーバー展開を行うゆえに、ミストグレイヴのみで展開した『魔神ハンター』もタイトル変更する予定ということでござるな」

リトル「烈火団が発展して、飛竜烈火団(ドラゴンファイヤーズ)になるってことですねぇ」

シロ「だったら、この6部の目的は、地上に出ることと、イノセントをワイバーンに成長させること、そして物語のラストらしい何かの大イベントで綺麗にまとめることですか」

ヒノキ「うむ。地上に出ることはフラグが立っているので、その気になれば簡単じゃし、イノセントの成長も騎獣購入費用がたまれば可能。問題は、物語のラストらしいイベントは何か、ということじゃな」

ゲンブ「ここまでの流れだと、魔窟コンビニの開店が最重要事項でござろう」

ヒノキ「そんなので本当にいいのか?」

ゲンブ「魔窟コンビニが完成する。店舗事業拡大のために、地上に進出する。地上で商売の師匠ザバーラに会う。話をこうつなげるとよろしいのでは?」

ヒノキ「しかし、お主たちの目的は、密偵としての使命を果たすことであり、その達成をもって終わらせるというのが本義であろう」

シロ「ええと、密偵としての使命は3つあるんですね」

 

1:霧の街の防空施設の秘密を探る。

2:ユリア・ミルドリスの捜索。

3:〈破剣の星槌〉の探索。


リトル「1番は、【翡翠のピラミッド】にある防空施設の魔力供給源を操作するのに、〈銀水晶のマギスフィア〉が必要みたいですねぇ」

ゲンブ「問題は、その〈銀水晶のマギスフィア〉がどこで手に入るかが分かっていないことでござるな」

ヒノキ「ヒントは【漆黒のスフィア】と言っておこう」

ゲンブ「確か、王家に関わる場所……とアム殿が言っていたでござるな。問題は、その防空施設関連を扱うと、思いきり翠将を敵に回すということでござるな。脱出手段の確保なしに、いきなり危険な秘密に踏み込むのは自殺行為に近い」

シロ「2番のユリア・ミルドリスの件も何とかしたいが、明らかに危険っぽいし」

リトル「向かった場所が翠将の居城である【瑠璃宮】ですからねぇ」

シロ「ラスボスの居城にこっそり侵入するか、あるいは何らかの大義名分を得るか、考えないといけない」

ゲンブ「翠将は烈火団に関心を持っているでござる。強者として力量を示せば、近衛に取り立てられる可能性はある。蛮族のルールで成り上がれば、行動の自由は上がるので、【瑠璃宮】に入ることも可能になろう」

シロ「蛮族のルールに従うのは気が進まないが、ボクたちが強くならないといけないのは同意だ。あと、【瑠璃宮】に侵入するのは、竜姫ナーデージュの救出任務にも関わって来るので、同時に達成することが望ましいな」

ゲンブ「1番と2番の仕事は、脱出手段を確保しないといけない、危険度の大きなミッションでござる。それに対して、比較的危険度が少ないのは3番でござろう」

リトル「これが一番簡単っぽいですねぇ。〈破剣の星槌〉を持っているのは、ダークドワーフのツルクフさん。〈黒魔熔鉄鉱〉30個で交換してくれるって言ってましたぁ」

シロ「〈黒魔熔鉄鉱〉は、バルカンの女王が治める【溶岩湖の宮殿】で入手できるそうだな」

ゲンブ「つまり、深層階の未探索エリアにある【溶岩湖の宮殿】で、〈黒魔熔鉄鉱〉30個を入手することが、密偵仕事の最短ルートということか」

 

ヒノキ「まあ、いずれにせよ、深層階で未踏破エリアを開示する必要があるわけじゃ。すなわち、深層階の地図を完成させるだけでも、キリが良いと思う」

ゲンブ「ならば、第6部の目的は深層階のマップを完成させて、可能ならば密偵仕事を攻略することを目指す。それとは別に魔窟コンビニなど、これまでの冒険の目的をいろいろと達成するということで頑張って行きたいでござる」

 

第5部までの復習

 

ヒノキ「では、今後の展望の大筋を見据えたうえで、ここまでの復習もしておこう。今回は、お主たちのキャラの各部ごとの成長も振り返るということで」

 

★第0部:地下水路からミストグレイヴ侵入。(1日め〜2日め)

・マッスルG太郎(レベル7)、デル(レベル2)、ホリー(レベル2→3)

・パーティー平均レベル4

 

★第1部:ジーズドルフ解放軍のミッション中心。上層階南部を探索。煌びやか卿と懇意の仲になりつつ、烈火団というパーティー名が確定。(2日め〜10日め)

・G太郎(レベル7)、デル(レベル2→3)、ホリー(レベル3)

・パーティー平均レベル4

 

★第2部:解放軍に次いで、銀の蜜蜂の葡萄酒配達ミッション中心。上層階北部に探索の手を広げる中で、ゴブリン王ムルカグンドリと対面。烈火団の本部を設立。(11日め〜17日め)

・G太郎(レベル7→8)、デル(レベル3→4)、ホリー(レベル3→4)

・パーティー平均レベル4→5

 

★第3部:翠将ヤーハッカゼッシュや、隠者ヴァラルトと対面。ゴブリン王と提携しつつ、魔窟探索(地下10階まで)や、人魚との対面を経て、上層階を完全踏破する。(20日め〜25日め)

・G太郎(レベル8)、デル(レベル4→5)、ホリー(レベル4→5)

・パーティー平均レベル5→6

 

★第4部:深層階に突入して、竜の秘薬の探求ミッションを引き受ける。ダークドワーフの情報を聞きつつ、人魚の依頼も受けて、地下水路を探索。蜜蜂の後援者ソニア・ゾラの正体を知って、信頼関係を強めた後、魚人との交渉で力を示す。(25日め〜34日め)

・G太郎(レベル8)、デル(レベル5→6)、ホリー(レベル5→6)

・パーティー平均レベル6→7

 

★第5部:ゴブリン王の黄金鎧ミッションのために、魔窟にダークドワーフの出張鍛治炉を構築するための活動。魔窟を地下30階まで探索し、魔窟総監の墨付きを得る。次いで、コボルド窟からの信頼を高めるために配達ミッション。上層階に引き続き、深層階への宅配ミッションのかたわら、竜の秘薬ミッションを完了させたり、ダークドワーフの重鎮の知己を得たり、深層階の探索を進めていく中で、翠将と2度めの対面。何とか生き延びて、上層階に帰り着き、モンスターに襲撃されていたコボルド窟を防衛し、信頼度がますます高まった。(35日め〜44日め)

・G太郎(レベル8→9)、デル(レベル6→7)、ホリー(レベル6→7)

・パーティー平均レベル7→8

 

シロ「ホリーやデルのレベルが7ということは、マッスル太郎の霧の街冒険の終了レベルに追いついたということですね」

ヒノキ「うむ。つまり、ミストキャッスルから脱出するのに十分なレベルということじゃのう」

ゲンブ「マッスル太郎が霧の街を脱出するのに使った水路からの脱出ルートは今でも使えるのでござるか?」

ヒノキ「それは不可能とする。理由は、同じやり方での脱出を許すほど、霧の街の警戒も甘くはないじゃろうし、何よりも同じやり方で脱出してはゲームがつまらん。脱出に地上のミストキャッスルを利用するにしても、変化をつけなければのう」

ゲンブ「ならば、ザバーラポイントを貯めての脱出が手っ取り早そうでござるな。幸い、G太郎のキャラシートには、ザバーラポイント6123点と記されてある。確か6000ポイントで、ザバーラは脱出させてくれるのでござるな」

ヒノキ「それはキャラクター1人6000ポイントじゃ。デルやホリーもいっしょに脱出するなら、3倍の1万8000ポイントが必要となる」

ゲンブ「地上でザバーラのために働くか、ザバーラの店でそれだけの買い物をする必要がある、と」

ヒノキ「まあ、その辺の脱出方針は後から考えるとよかろう。次に今後のミッション確認じゃ」

 

ミッション予定

 

●マーマン公子を連れ戻せ(R):行方不明の人魚の王子を探す(レベル3以上)

●魔窟を探索せよ(R):魔窟に潜って探索を進める(レベル3以上)

●驕王の黄金鎧を入手せよ:ダークドワーフから発注していた鎧を取ってくる(レベル4以上)

●ギルマン王に親書を届けよ:人魚と魚人の折衝任務のつづき(レベル4以上)

●ティアハートの花を手に入れろ(R):蜜蜂の手伝い(レベル4以上)

●ライフォスの聖宝を探せ:解放軍のために、地下水路の隠し部屋にあるという宝を捜索する(レベル6以上)

●エーリカの思い出を求めて:隠者ヴァラルトの最終ミッション。彼をエーリカの死んだ【流血回廊】に連れて行く(レベル6以上)

 

ヒノキ「以上の7つに加えて、新たに受注可能になったミッションは以下の通りじゃ」

 

●魔窟から凱旋せよ:驕王の名の下に、魔窟を50階まで踏破する(レベル5以上)

●解放の鐘を鳴らせ:【不死者の城】で呪われたランタンヘッド(ゲール・ハイネメル)たちを、〈ワルプルギスの鐘〉の力で救済する(レベル6以上)

●竜の姫を解放せよ:ドラゴンの秘薬を持って【瑠璃宮】ヘ向かい、ナーデージュの石化を解除して連れ帰る(レベル8以上)

●〈セランシェの灯火〉を取り戻せ:バルカンに奪われた〈セランシェの灯火〉を【地下庭園】の妖精たちのところに持ち帰る(レベル8以上)

 

ゲンブ「主に深層階の探索で受注できるようになったミッションでござるな」

ヒノキ「驕王ムルカグンドリから受注する魔窟ミッションは、驕王ポイント15点以上が発生条件じゃったが、第5部開始時点で12点しかなかったので、今回で初めてフラグが立ったことになる」

ゲンブ「現在の驕王ポイントは22点。これを31点にすることも魔窟コンビニ設置の条件でござったな」

ヒノキ「まあ、黄金鎧ミッションと魔窟凱旋ミッションを果たせば、それぐらいは到達できよう」

ゲンブ「うむ、本来、黄金鎧の件は第5部で達成するつもりであったが、配達ミッションが長引いたために、ここまで持ち越しになった。ならば第6部の最初は黄金鎧の件を解決するところから始めるとしよう」

ヒノキ「あと、驕王関連ミッションでは、ポイント21点で発生する『フロストワイバーンを強奪せよ』がシナリオにあるのじゃが、【騎獣調教所】のトロールからフロストワイバーンを奪いとってムルカグンドリに献上するミッションなぞやりたくないじゃろう?」

シロ「当然です。そんなミッションを提示されたら、ムルカグンドリの奴を処刑してやります!」

ヒノキ「黄金鎧ミッションも、本来はダークドワーフから黄金鎧を強奪する内容じゃったが、結果的に魔窟コンビニを絡めて、ゴブリン王とダークドワーフの間の不信感を調停するミッションにアレンジした。欲しい物を力ずくで奪うしかない粗暴なゴブリン王に対して、商売の道で交渉するストーリーに切り替えたのじゃ。

「フロストワイバーンの件も、シナリオをアレンジするか、いっそのことシナリオが当リプレイに合わないと削る方向で対処するか検討中ということで」

ゲンブ「本来のシナリオ想定では、驕王とプレイヤーキャラクターはどうなる予定だったのでござるか?」

ヒノキ「ミストグレイヴは自由度の高いシナリオで、誰と敵対し、誰と提携するかはプレイヤーが選択できる。驕王系のミッションは蛮族の覇道を体感できる暴力推奨ストーリーなので、プレイヤーはレベルが低い間は傍若無人な驕王の要求に対して、『一緒にヒャッハーして蛮族ライフを満喫する』か、『イラッとしながらも面従腹背して、いずれレベルが上がった頃合いに驕王に下剋上を挑む』か、『蛮族には与しないと考えて、最初から距離をとってミッションもスルーする』か、などが選べる」

リトル「驕王に対して、平和的解決を説くストーリーは本来のシナリオの想定外なんですねぇ」

ヒノキ「これはG太郎が最初から高レベルという、本リプレイの特殊事情から発生した流れじゃのう。プレイヤー側のレベルが3とか4なら、レベル8のゴブリンハイキングに対して同等の立場で盟約を結ぶなど不可能に近いが、『G太郎が煌びやか卿や驕王と対等に交渉できる経験と実力を備えた歴戦の強者である』ならば、違った関係性のストーリーが成立しよう」

ゲンブ「武力よりも経済の道で世界を変えるというストーリーがタイムリーであったはずが、今年は100年前の帝国主義レジスタンスの時代がリアルに蘇ったでござるからな。リアルもフィクションも、双方ともに生まれる空気感が物語にも影響するというもの」

ヒノキ「なお、シナリオで用意されている驕王系の最終ストーリーは、驕王ポイント51点以上で発生する『驕王の聖戦』イベントじゃ。〈王狩り〉の異名を持つドレイクバロン(レベル9蛮族)が軍団を率いて、驕王の城塞に攻めてくる。それを迎え撃つシナリオイベントじゃが、そこまで驕王のために働いた者のみ経験できる決戦イベントと言えよう」

ゲンブ「驕王ポイント51点でござるか」

シロ「そこまで驕王べったりで攻略したいとは思わないな」

リトル「他にもプレイしたいミッションがいっぱいですからねぇ」

ゲンブ「とりあえずは、やり残した黄金鎧ミッションを解決するところから始めたいでござるよ」

 

ミストキャッスルのやり残しクエス

 

ヒノキ「さて、これから地上に出ることも想定して、マッスル太郎の前作で残っているクエストも、この機に確認しておくとしよう」

シロ「地上で攻略できるイベントってことですね」

 

●闘技場でのバトル

ヒノキ「マッスル太郎はかつて闘技場で『⑨緋色の双刃ホ・ルヘ』と対決するところまでクリアしておる。つまり、⑩以降の敵と戦うことができる」

リトル「⑩以降って、いくつまであるんですかぁ?」

ヒノキ「最大で20番じゃな。この闘技場で、ちょっとした★稼ぎと戦利品稼ぎができるようになっておるのじゃ」

 

アリアドネの暗殺仕事(貪欲卿ズ・グリと、黒焦げにするジャバディーンその他の暗殺仕事)

 

ゲンブ「蛮族狩りをして、★と戦利品を稼ぐのでござるな」

シロ「それは喜んで、実践したいところだ。本来は世のため、人族のために悪い蛮族を倒すのが、ボクの望みだからな」

 

ウルスラの仕事(〈ハタロン腐水〉と〈銀水晶のプレート〉の入手)

●トホテルの仕事(〈守りの剣〉の入手、【灼熱の踊り子亭】の奴隷解放、〈剣のかけら〉の収集)

 

ヒノキ「とりあえず、残っているクエストはこんなところじゃのう」

シロ「マッスル太郎の残務処理をしながら、★とクエスト報酬を稼ぐのが目的、と」

ヒノキ「詳しい話は、また地上に出たときにでも」

 

おまけのソード・ワールド新商品確認

 

ヒノキ「8月に発売されたシナリオも気になるが、何よりも新サプリの『バトルマスタリー』が気になるのう」

ゲンブ「発売はいつでござるか?」

ヒノキ「9月16日とある。アマゾンで書影はまだ出ておらぬが、こんな感じの表紙絵らしい」

シロ「それはネコ耳バトルダンサーですか?」

ヒノキ「うむ、新職業のバトルダンサーを初め、新たに追加されたルールがいかなるものか、当リプレイに採用可能かどうか、いろいろ楽しみにしているところじゃ。早く新兄さんが買って来ないかのう」

ゲンブ「今月はゴブスレ外伝イヤーワンの3巻も発売ではなかったか?」

ヒノキ「残念ながら12月発売に延期されたようじゃ。そっちの話題はまた年末にでも」

(当記事 完)