花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

マッスル太郎、第2部完(SWミストキャッスル2ー7)

ここで一度、総括です

 

ヒノキ「好評連載中のマッスル太郎リプレイじゃが、今回はこれで一度、中断じゃ」

ゲンブ「好評連載でござるか?」

ヒノキ「うむ、手応えは悪くないぞ。マッスル太郎の新作記事が上がると、当ブログのアクセス数が増えていることは確認されておる」

ゲンブ「別に、マッスル太郎じゃなくても、記事更新されると普通にアクセス数が増えるのでは? 記事別人気ではどうなっているのでござるか?」

ヒノキ「さすがに、マッスル太郎で検索かけて、このブログに来る客人は稀だと思われ。当然、人気記事はロードス新刊、SW2.5、ゴブリンスレイヤーのタイトルを持つ記事で、SWミストキャッスルというタイトルには、現在あまり集客効果はないことが分かる」

ゲンブ「ならば、どうして好評と分かるでござるか?」

ヒノキ「作者の中で好評という意味じゃよ。新兄さんは寸暇を惜しんで、ミストキャッスルのプレイをしながら、同時並行的に連載記事を書いておる」

ゲンブ「リアルタイムでプレイしながら、リプレイ記事を書くとは、なかなか器用な御仁でござるな。普通はプレイ後に記録と記憶を元に記事書きするものでござろうに」

ヒノキ「だから、ゲンブを想定して振ったダイス目の低さに悶絶しながら、前回はハラハラしながら記事書きしておったのじゃ」

ゲンブ「ダイス目の低いキャラになって済まないでござる。それはともかく、そんな作者の脳内妄想好評記事がどうして、ここで中断するのでござるか?」

ヒノキ「そりゃ、仕事の都合じゃろう。来週から、予定どおりの春休みじゃからな。平常通りに、午前中に記事書きするようなマネはできん」

ゲンブ「仕事ならやむを得ないでござる。では、4月になれば、第3部開始でござるな」

ヒノキ「おそらくな。しかし、このペースで、本当にゴールデンウィークまでにミストキャッスルを終了できるのかの?」

ゲンブ「記事書きせずに、プレイだけに専念すればいいでござる」

ヒノキ「記事書きしないと意味がないではないか。『2週間頑張って、ミストキャッスルをプレイしたよ。面白かった。完』と雑に書かれて、終了時のキャラデータとマップだけ見せて手抜きに終わられてもつまらんし」

ゲンブ「やはり、ままならないダイス目に一喜一憂しながらも、頑張って危機を乗り越え、少しずつでも成長するマッスル太郎の姿に、作者も読者も感動し、ワクワクハラハラドキドキするのでござるな」

ヒノキ「まあ、読者が作者同様に物語を楽しんでくれているかは知らんが、記事が長く続くようなら、『マッスル太郎』カテゴリーを作るのも一興かと」

 

 前回のミッションの後始末

 

ヒノキ「で、前回は夕方に麻薬窟にいるところで終わったわけじゃが」

ゲンブ「このままだと、夜までに拠点に戻れないでござるな。仕方ない。まだ安全な剣闘士の宿舎に一夜の宿を求めるでござる」

ヒノキ「しかし、ここで休めるのは、ドン・ブカドゥの奴隷剣闘士のみじゃ。太郎はドンの知人だが、ルール上、宿舎では寝られないようになっておる」

ゲンブ「仕方ない。一晩宿舎前の道端で夜を明かし、徹夜ボケした頭で拠点にふらふら帰り着くでござる」

ヒノキ「はい、それで休憩して元気になった。ついでじゃが、骨の川でのスケルトン討伐修行があと1回残っておる。どうせ消化試合的な作業なので、それもクリアして★一つゲットできたことにしよう。それと、目標値12の探索判定じゃ」

ゲンブ「出目4」

ヒノキ「骨の山から宝は見つからず。戦利品判定は?」

ゲンブ「60Gの骨だけでござる」

ヒノキ「すると、前回の冒険の収穫は、★3つ。魔物からの経験点は、合計17レベル分で170点じゃから、総計770点。収入は390Gと剣のかけら3つじゃ」

ゲンブ「剣のかけらは全てガメルに替えて、600Gにする。前回、ポーションを1本使い、俊足の指輪を割ってしまったので、それで補充すると、実質390Gだけ増えた形になる。あと60ザバーラポイントが加算でござる。最後に能力値成長だが、3、4を振ったので、4の生命力を選んだ。これでHPも1点上昇したでござるよ」

●マッスル太郎のキャラデータ(青字は成長部分)

 

ルーンフォークの練体拳闘士(冒険者レベル3)
グラップラー3レベル、エンハンサー2レベル、スカウト3レベル、セージ1レベル、マギテック1レベル、レンジャー1レベル(残り経験点800)

所持金:1283ガメル(ザバーラポイント2197点)

器用21、敏捷12+1、筋力24+1、生命力22、知力15、精神7
HP31、MP10

武器:チェインスティック(命中7、威力15、追加ダメージ+8、クリティカル値11、2回攻撃)
防具:アラミドコート(回避6、防護点3)

特技:追加攻撃、武器習熟A/格闘、防具習熟A/非金属鎧

練技:マッスルベアー、ビートルスキン

所持品:冒険者セット、ヒーリングポーション3本、スカウト用ツール、救命草3つ、魔香草3つ、保存食1週間分、俊足の指輪、剛力の指輪、マギスフィア(小)、ポーションインジェクター蜂の刺繍入りハンカチ

 今後の方針

 

ヒノキ「さて、現在、請け負っているクエストは、ザバーラから『夢薬販売委任状の入手』、ウルスラからは『ムコソール草の入手』を依頼されておる。あと、ウルスラからも『夢薬販売委任状の入手』を請け負えるようになっていて、報酬はザバーラの方が上じゃが、★はウルスラが1つ余分にくれるようにした(前の薬酒クエストでのアレンジ調整もあっての)。金もしくはザバーラポイントを取るか、それとも経験および倫理観をとるかの二者択一となっている。ウルスラの方は麻薬を憎んでいて、こんな委任状など焼き捨てるつもりでいるからのう」

ゲンブ「それなら、心情的にウルスラの味方をしたいでござるな。いずれにせよ、まずは委任状を入手しなければならないでござるが。あとは、蜂ハンカチの絡みで娼婦街に出向くことをマリリンから勧められたが、闘技場での戦いにも興味がある。ということで、再開後の目的地は次の3つのどれにしようか、考えたいでござる」

 

1.麻薬窟で夢薬のことを調べる。

2.娼婦街でレジスタンス組織「月夜蜂」に接触する。

3.闘技場で武者修行する。

 

ヒノキ「もちろん、ランダムミッションで、別の目的地が出てくる可能性もあるがの。ともあれ、マッスル太郎の第2部はこれで終了じゃ」

 (当記事 完。第3部は4月半ばごろの再開予定)