花粉症ガール外伝・コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。現在は、ソード・ワールドのミストグレイヴ妄想リプレイ「魔神ハンター」を連載中。

赤い魂石の話withドラゴンファイヤーズ

久々の創作ストーリー展開

 

リモートNOVA『ヒノキ姐さん、ご無沙汰してます』

ヒノキ「おお、新兄さんではないか。久しぶりじゃのう。春のウルトロピカル引っ越し以来か?」

リモートNOVA『急な話で申し訳ありませんが、シロ君とリトル君をお貸しいただけませんか?』

ヒノキ「その2人に何の用じゃ?」

リモートNOVA『まずは、こちらの話を確認してください』

ヒノキ「ほう、いろいろと総括した記事じゃな。そうか、魔神ハンターももうすぐ2周年になるのか。それに、シロとリトルをそちらに送って、共に魔法研鑽をしたいって申し出とはのう」

リモートNOVA『それだけではありません。実は先日、そちらのキャラ成長記事を読んでいて、あるフラグが立ったことに気付いたんです』

ヒノキ「フラグじゃと?」

リモートNOVA『ええ、リトル君の中に宿るレッドソウルがついに覚醒する時を迎えた……と思います』

ヒノキ「レッドソウル……初出はこの記事じゃったな」

リモートNOVA『ええ。それに最新情報はこちらです』

ヒノキ「大いなる怪獣王の魂の力の欠片である『7つの竜の魂』じゃったな」

NOVA『そうです。その一つ、グリーンソウルは娘の翔花を妖精郷から救出した際にゲットできましたが、レッドソウルはリトル君が魔神ハンターのキャラを成長させることによって、出現するという話でした』

ヒノキ「うむ、それで?」

NOVA『このたび、リトル君のキャラのデルニールがグレンダール神の特殊神聖魔法【バーニング・ソウル】を習得したことで、条件を満たしたのです。これで屋久島へ行って、大地母神ガイア様やセイリュウG様と接すれば、レッドソウルが覚醒するようです』

ヒノキ「何と。【バーニング・ソウル】がレッドソウルのフラグじゃったとは。言われてみれば、確かにそのままで納得できる語呂合わせじゃが、新兄さんは最初から気づいておったのか?」

NOVA『いや、気付いたのは2日前、ブログ総括記事を書いてからの話です。夏イベントをどうしようかなあ、とアイデアを頭の中でいじっていたら、上手くつながったというか、ピタリとハマりましたね。まるで最初からそういう話であったかのように、ひらめきが湧き上がるのは、創作していて最も楽しい瞬間の一つです』

ヒノキ「つまり、最初から計画的に仕込んでいたわけではないのじゃな。『リトルのキャラ・デルニールがレベル7プリーストになったら、【バーニング・ソウル】→レッドソウル覚醒の展開に持って来よう』と作者として狙っていたのではない、と?」

NOVA『俺はそこまで用意周到にプロットを立てるタイプの書き手じゃありませんよ。どちらかと言えば、ネタをいろいろ仕込んで、後からつなげて辻褄合わせをひらめくタイプ? もちろん、日頃からあれこれ考えて、つながるネタを見つけようと努力はしていますがね。テキトーに種を蒔いていたら、後から生えてきた芽や、育って成熟した花果に気づいてラッキーと刈りとって収穫物にするような感じでしょうか』

ヒノキ「つまり、わらわに隠し事をして、いろいろと策を弄していたわけではないと言うことじゃな?」

NOVA『いや、隠し事もそれなりにありますし、手札もまだまだ用意していますが、今はそれを披露すべき時ではないでしょう』

ヒノキ「例えば?」

NOVA『例えば……って、仕方ないなあ。ここだけの話ですけど、翔花がグリーンソウル、リトル君がレッドソウルだと、他のソウルはどうなるかを考えて、晶華がシルバーソウルで、シロ君がホワイトソウルというところまで、ほぼ確定しています。そして、その覚醒条件として、晶華は「妖精郷の女王になること」で、シロ君は……って、これ以上は言えません』

ヒノキ「まあ、シロのキャラが『竜騎士として成長する』ことが条件の一つにはなりそうじゃな。今の魔神ハンターの話の流れじゃと」

NOVA『ああ、魔神ハンターですけど、そろそろ終わりませんか?』

ヒノキ「何じゃと!?」

 

魔神ハンターの次に来るもの

 

NOVA『魔神ハンターも2周年を経て、そろそろタイトルも切り替えないと、飽きてきた感じなんですね』

ヒノキ「しかし、すぐに終わる目処が立たん。まだ冒険達成度も25%に満たぬし、きれいに終わらせられるとは思わん」

NOVA『妖精郷は一度、脱出して、「妖精女王ズ」としてタイトル変更した続編を立ち上げました』

ヒノキ「うむ。マッスル太郎(ミストキャッスル)も、続・マッスル太郎(ミストグレイヴ)が魔神ハンターというタイトルで展開したわけじゃが……」

NOVA『今の記事数が85ですね。これが100になる頃に、新しいカテゴリー「シン・マッスル太郎」にしましょう』

ヒノキ「シンか。流行にあやかろうということじゃな」

NOVA『それと、今後の展開を考えると、ミストグレイヴだけでなく、ミストキャッスル&グレイヴの接続プレイになるわけで、それなら「SWミストC&G1ー1」という感じに仕切り直しの新展開にすればいいのでは、と』

ヒノキ「タイトルだけ変えた続編か。それで魔神ハンターも『シン魔神ハンター』にするのか?」

NOVA『いいえ、新しいタイトルは「ドラゴンファイヤーズ」で行こうか、と』

ヒノキ「ドンブラ脳かよ」

NOVA『まあ、そのままというのも芸がないので、アレンジしますがね。幸い、そちらのパーティー名は烈火団。すなわちファイヤーズです』

ヒノキ「確かに、そうじゃのう」

NOVA『このパーティー名に竜を付け加えて、例えば「飛竜烈火団」とでもすれば、ドラゴンファイヤーズと読むことも可能。魔神ハンターというタイトルは、第6部を経て、「飛竜烈火団(SWミストC&Gリプレイ)」という続編タイトルで、1から再スタートするということで、心機一転を図るというのはどうでしょうか?』

ヒノキ「つまり、魔神ハンターは第6部で完結し、続きは飛竜烈火団(ドラゴンファイヤーズ)に切り替わる、と言うことじゃな。しかし、第6部のスタートが9月からとして、最終回は年末になりそう。ならば、飛竜烈火団のスタートは来年の頭からということにならんか? そうなると、もはやドンブラも終盤に来ていることじゃろう」

NOVA『だから、今、ネタ語りしているんですよ。来年になってから、飛竜烈火団というタイトルを挙げて、元ネタが「暴次郎戦隊ドラゴンファイヤーズ」だと言っても、時期を逸しているのは明らか。よって、先に飛竜烈火団の名前だけお披露目して、下準備しておけば来年にタイトル変更しても「待ちに待った」という空気を熟成できる。これこそ、「計画的に仕込む下準備」って奴です』

ヒノキ「それを考えたのはいつじゃ?」

NOVA『ああ、第5部の終わりで、「ミストキャッスルとの接続プレイ」と「ホリーの騎獣をドラゴオックスからワイヴァーンに育成しよう」って話になった後ですね。霧の街の地上と地下を股にかけた竜騎士パーティーの大冒険……って展開は燃えるなあ、と思って、ドンブラ脳とリンクしました』

ヒノキ「あくまで予定は未定ということで、現段階での構想妄想ということにしておくが、それでいいかのう?」

NOVA『ええ、そこに向けて企画を進めているうちに、もっといいアイデアが思いついて、方向修正を図ることは創作あるあるですからね。TRPGですから、実際のプレイの結果で展開が変わることも十分にあり得る』

ヒノキ「まあ、新兄さんの提案に沿うように、試みるとしよう」

NOVA『お願いします。それと、シロ君とリトル君を屋久島に派遣して、その後、うちで魔法研鑽したいと思いますので、しばらくそちらはヒノキ姐さんとゲンさんの2人だけとなりますが、それでも構いませんか?』

ヒノキ「魔法研鑽はここでしても良いのじゃぞ」

NOVA『ああ、その手もありますか。神聖魔法と騎芸はそっちで研鑽して、妖精魔法なんかはこっちで展開すると、記事の分担も上手くできそうだ。うちではスパロボDDや、マイティー・ソーの話なんかもしたいので、記事数が多くなりそう。振り分けがしたいなあ、と思ってました』

ヒノキ「とりあえず、次回はゴブスレとダイカタナの完結編話をしようと思う」

NOVA『それでは、よろしくお願いします』

ヒノキ「うむ、新兄さんも仕事と夏の暑さに負けぬように、息災でな」

(当記事 完)