花粉症ガール外伝・コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。現在は、ソード・ワールドのミストグレイヴ妄想リプレイ「魔神ハンター」を連載中。

魔神ハンター、深・宅配仕事から帰還す(SWミストグレイヴ5ー11)

改めて帰還プレイ

 

GM(ヒノキ)「では、改めて魔神ハンターの続きじゃ。お主たち烈火団は、『深層階への配達ミッション』を終わらせ、深層階の北西部を探索し、『竜の秘薬ミッション』を完遂した。そして、これより上層階に帰還して第5部終了の予定じゃ」

G太郎(ゲンブ)「エサユハ殿にお暇を告げて、預けておいた人魚奴隷を引き取るのでござるな」

デル(リトル)「そう言えば、人魚奴隷を助けていたんだなぁ。食べ物とかどうしていたんだろぉ?」

GM「その辺は、コボルドたちが気を利かせて、人魚用の保存食を残していたことにしよう。お主たちが気にする必要はない」

ホリー(シロ)「ゲーム的処理って奴ですね。リアルに考えると、面倒臭くなる割に面白さに貢献しない要素は割愛する、と」

GM「細部にこだわるとリアルになって面白いという考えもあるが、メリハリが大事じゃからのう。適度なさじ加減が大事、わらわの好きな言葉じゃ」

G太郎「では、足手まといの人魚の入った桶をイノセントに乗せて、出発でござる」

ホリー「仕方ないな。しばらくイノセントは戦いに使えなくなるが、人魚は地上じゃ上手く歩けないみたいだし、誰かが背負う方が戦力ダウンだ」

デル「早く上層階に戻って、お仲間のところに帰してやろうぜぇ」

●ミストグレイヴ深層階の地図

(青字は拠点および宿泊可能地点。

 緑字は新規に記入)

 

瑠璃宮ー歯車ー地下庭園

 l  l  l

王女のー暗殺ー不死者ー流血回廊ー月の図書館

鍾乳洞 斡旋所 の城  l   l

      l   l   l   l 

黒炎の工房ー蒸気の谷ー赤瀑布ー巨大ー銀灯の通路

        l    l  格納庫   l

                     l       l   l    l
             ミノタウロス翡翠のール=ロウド漆黒の

      上層階 ←の門  ピラミッド 神殿    スフィア

                 l            l

                  ?ーーー?

                 l

                                       愚か者のー ?

           上層階 ←

G太郎「では、まず、西の【蒸気の谷】へ進むでござる。機械部品を手に入れたでござるからな。引き取ってもらって、報酬を受け取るでござる」

GM「うむ。43日めの昼に【蒸気の谷】に到着するのじゃが、その前にランダムイベントをチェックせよ」

 

 その結果、一行は翠将ヤーハッカゼッシュと遭遇する!

 

ラスボスふたたび

 

G太郎「な、何と、このタイミングで翠将と遭遇でござるか!?(愕然)」

GM「このタイミングだからかものう。前回の冒険で、お主たちは翠将配下のダークトロール密偵を撃退した。麾下の精鋭部隊が行方不明という報告を受けたので、翠将自ら様子を見に来た……ということにしよう」

G太郎「くっ、実プレイでは約1年ぶりの悪夢でござる。どう言い逃れをしたら良いものか」

GM「ゲーム内時間だと、20日めの話だったので、ほぼ3週間ぶりになるのう」

デル「あの時のオラはレベル4だったぁ。レベル20の翠将の5分の1でしかなかったが、今ではレベル7。3分の1にはなったのさぁ」

G太郎「あの時も今もレベル8で、勝ち目がないのは同じでござるよ」

ホリー「とりあえず、翠将ではなくて、お付きの金髪少女に話しかけてみよう。もしかして……あなたはシェラシースさん?」

GM「少女はニコリと笑みを浮かべて、『ええ、その通りです。我が名はシェラシース。古より、この地の王に仕え、過ちを犯さぬか見守りし者。以後、お見知り置きを。あなた方に以後があればの話ですが』と涼しげな視線を向ける。その言葉を受けて、ヤーハッカゼッシュは『力なき者はこの地で生きていけぬ。それがイグニスの理であり、蛮王であるヤーハッカゼッシュの定めし法である。お前たち烈火団は少し目立ちすぎた。出る杭は打たれるが、それが杭ではなく剣となるなら鍛えるべし。グレンダールの言葉だったか? よく知らんが、お前たちはただの杭か、それとも剣たる存在か再び試してやるとしよう』と言うなり、襲いかかってくる。バトル開始じゃ」

G太郎「うおっ、念のため、翠将のデータを確認するでござる。魔物知識判定は19」

GM知名度24じゃから届かんのう」

ホリー「一応、6ゾロなら自動成功なんですよね。試すだけ試します。(コロコロ)あっ、6ゾロが出ましたよ」

GM「マジかよ」

ホリー「きっと、ボクの中のルイーズ王女が教えてくれたんだな」

GM「むむっ。では、ルイーズ王女の声が聞こえた。『どうやら、この男は珍しいエメラルドバジリスクスペリオールのようですね。HP287、MP181で真語魔法15レベルを使ってきます。奴を倒せば、英雄間違いないですよ。頑張って倒しなさい、我が騎士よ』」

ホリー「いやいや、いくら王女の頼みでも、無茶振りですよ。とりあえず、生き延びるだけでも上出来かと」

G太郎「とにかくデータが分かるようになっただけでも重畳。相手の先制値は27でござるな。こっちは……18なので及ばないのは明らか。せめて戦闘準備として練技【ビートルスキン】で防護点を5にしておくでござるよ」

デル「オラも戦闘準備で【ビートルスキン】と、師匠に対して《かばう》を宣言しておくさぁ」

GM「では、前衛に出るのはG太郎とデルニールじゃな。翠将がどちらを狙うかはランダムで……デルニールに2回攻撃じゃ」

デル「一応、回避で6ゾロを出せば避けられるんだなぁ。(コロコロ)惜しい、11。それと、もう一回は3。おっと、こいつは運命変転でひっくり返すと12にできるぜぇ。何とか1回避けたぞぉ」

GM「何? 翠将ヤーハッカゼッシュは、偶然にしても自分の攻撃をかわしたデルニールに驚く。『ドレイクの小僧、名を何と言う!?』」

デル「デルモンテ……いや、ここは正々堂々と行くぞぉ。オラの名前はデルニール・イーストン、魔神ハンターを目指してるぅ」

GM「なお、一発は当たっているので、30点ダメージ」

デル「防護点で12点防ぐので18点くらって、残りHPは52点さぁ。以前までのオラだったら、半死半生だったが、今のオラはもう2撃を耐えられるぅ。それにマルチアクションしてからの【キュアハート】で14点回復。そして翠将への反撃だぁ。命中判定は……惜しい、また11で外れぇ」

G太郎「12が出れば命中でござるな。一応、振っておくでござる。はい、2回とも外れ」

ホリー「トリッキーの雷撃や、アムの射撃は当たるんですね。一応、トリッキーで4点、アムでクリティカルを出して19点。それとボクも【ロックオン】+【エネルギー・ボルト】で、4点と言っておく」

GM「翠将は27点のダメージを受けた。『ほう、ちまちました魔法とは言え、臆せず刃向かって来るとは、意外とやるではないか』」

 

 こういう小競り合いが続いて、続く2ラウンドめ。

 G太郎を庇ったデルが23点のダメージを受け、G太郎も23点のダメージを受けたものの、烈火団の一行はヤーハッカゼッシュの攻撃を2ラウンド防ぎきった。

 これで翠将は満足し、戦闘は終了する。

 

ヤーハッカゼッシュ『まだまだ俺には遠く及ばんが、鍛えれば十分ものになると見た。特にドレイクの小僧は見違えたな。グレンダールの神官らしいが、魔神ハンターを自称するとは面白い。魔窟で修行して〈黄金近衛勲章〉を手に入れて来い。その上で我が【瑠璃宮】へ来たら、親衛隊に取り立ててやってもいい。あるいは、我が命を狙いに来ても構わないがな。挑戦はいつでも受けて立つ。なあ、シェラシース』

シェラシース『ええ。私めが望むのは、封じられし邪神の骸を完全に滅ぼせる力ですから』

 

GM「こうして、シェラシースは神々しい光を放つと、翠将と共に消え去った。気がつくと、お主たちのHPとMPも完全回復しておる。今回の遭遇で★1つ進呈じゃ。さらに新しい情報として、『ヤーハッカゼッシュにまつわる1〜3』が解禁。★3つを加算。『シェラシースにまつわる4』も完全解禁されて、★2つも加算しよう」

G太郎「合計★6つが増えたでござるな」

GM「情報の中身は、具体的には以下の通りじゃ」

 

・ヤーハッカゼッシュの秘密1:地上のヤーハッカゼッシュは影武者(レベル14のジェイドバジリスク)で、本物は深層階の【瑠璃宮】にいる。

・秘密2:ヤーハッカゼッシュの正体はエメラルドバジリスクスペリオール(レベル20)である。全てのデータ解禁。

・秘密3:翠将に従う少女はシェラシースと呼ばれている。

・シェラシースの秘密4:魔剣少女の彼女は現在、ヤーハッカゼッシュに従っている。その目的は、ミストグレイヴの支配者が封印された邪神の力をうかつに解放しないための監視である。

 

G太郎「プレイの最中のGMネタバレ情報が、正式にキャラクターの知るところとなったでござるな」

GM「うむ。これで密偵のニコ・シュナウヘアの求める情報も、2つばかり解禁されたことになる。また、シェラシースの現在が分かったので、冒険達成度も2%加算されて24%に達するのう」

ホリー「まだ4分の1に満たないんですね。ボリュームのあるシナリオだなあ」

 

深層階からの帰還

 

GM「それでは、【蒸気の谷】で機械部品を精算するんじゃな。その結果、得た部品ポイントは870点。〈黒鉄剣士勲章〉6個、〈真鍮戦士勲章〉2個、〈赤銅勇士勲章〉1個を進呈じゃ。ポイントは500点ごとに★1個になる」

デル「つまり、370点が余っているわけだなぁ」

GM「また、機械部品をゲットしたら、ここに来て★稼ぎができる寸法じゃ」

 

 続いて、43日めの夕方、一行は【ミノタウロスの門】を通過し、ようやく上層階に帰ってくる。

●ミストグレイヴ上層階の地図

(青字は拠点および宿泊可能地点。

 青いラインは安全ルート)


            死者の道ーミノタウロス

              l   の門→深層
              l     l  階

蛇の酒蔵ー凱旋門岩棚のーゴミ溜め窟ー炎河橋

(梯子) (魔窟) 城塞  l     l

  l   l   l   l    腕試しの
コボルド窟ー無限隠者のー地底湖の畔ー通路→深

      金床  迷路 (人魚宮殿)   

         l   l       階

     大水車ー烈火団煌びやかな 

         本部 大通路

            l  

   物乞い市場 騎獣ー水没通路

    (蜜蜂) 調教所 (梯子)

         l

     肉の穴ー処刑遊戯場

    (解放軍) 

G太郎「ふう、上層階は5月末以来なので、実に一月半ぶりでござるなあ」

GM「ゲーム内時間では、38日め以来なので5日ぶりということになる。ランダムイベントは、もう割愛しよう。先に翠将との遭遇イベントを経たので、今回はこれでお腹いっぱいというか、これ以上の衝撃はないと見た。わざわざ蛇足のランダムイベントを付け加えるまでもなかろう。このままさくっと帰還するのじゃ」

G太郎「すると、【地底湖の畔】の人魚宮殿に到達したってことで」

GM「一応、【炎河橋】の通行料金300Gは払って行くように」

G太郎「では、さくっと払ってから【炎河橋】→【ゴミ溜め窟】を通って、人魚宮殿に助けた奴隷を連れ帰ることにしよう」

GM「それなら、43日めの夜から深夜を過ぎて未明に到達するのう」

G太郎「うむ。ここで奴隷救出の報酬とともに食事をいただいて、休憩もとらせてもらうでござる」

GM「いささか図々しいような気もするが、お主たちは『水妃のお気に入り』じゃし、奴隷の恩人じゃからのう。水妃の好感度が2ポイント加算して、★1つを進呈じゃ。なお、奴隷救出による★はあと2回で打ち止めとする。最大5回までと決まっておるからのう」

デル「過去の人魚奴隷解放エストは、こんな感じかぁ」

GM「それでは、翌朝を休息に当てて、軽い宴の後で44日めの昼に【隠者の迷路】に到着じゃ。ここでアムとは別れることになる」

シロ「アムさんのおかげで敵の数が増えたけど、その分、戦利品を多く稼いだし、ただの足手まといにはならずに支援射撃で活躍してくれたからなあ。感謝して、別れを惜しむとしよう」

GM「また、【漆黒のスフィア】に行くことがあればよろしく、と言い残して、アムはヴァラルトにいろいろ報告するのじゃった」

G太郎「その報告を聞いて、ヴァラルト殿は何かを言って来ないでござるか?」

GM「うむ。ヴァラルトの関心は、【流血回廊】でのエーリカの思い出ミッションと、【月の図書館】の秘密に向けられておるのじゃが、全てはお主たちが〈セランシェの灯火〉を手に入れてからにしよう、と言う。先に妖精たちのミッションを達成した後でな」

G太郎「それは先の話になりそうでござるな。盗んだのがバルカンと聞いているから、まずは深層階の南東区画を探索して、バルカンの女王と交渉してからと言うことか」

ホリー「女王が犯人なのか?」

G太郎「その可能性もあるし、〈黒魔熔鉄鉱〉の件もあるので、次に深層階に入るときはバルカンの女王との対面を行わねばならぬ」

ホリー「正体がバルカンじゃないってバレないようにしないとな」

 

GM「そして夕方に【無限の金床】に到着した。ロベルクも帰って来ていて、魔窟鍛冶場の準備は終えたから、いつでもゴブリン王を迎えて、黄金鎧の儀式を行う段取りは整えているぜ、と報告する」

G太郎「うむ。その件は、第6部の初めに片付けるとしよう。早くてお盆休み、あるいは秋になってからというのが作者のスケジュールでござる」

GM「メタな話はともかく、いよいよ44日めの夜に烈火団は【コボルド窟】に帰還することになるが、今回はこれで終わりじゃ」

デル「どうしてだぁ?」

GM「配達ミッション終了前のクライマックスバトルがあるからのう。深層階から帰還したお主たちは、【コボルド窟】が魔物に襲撃されているのを目撃する。次回は、【コボルド窟】の窮地を救って、晴れて第5部終了の予定じゃ」

●ここまでの冒険成果

 

日数経過:44日めの夕方(無限の金床)

 

経験点:人魚宮殿に宝石6個を納めた★2個

    翡翠のピラミッドの内部に入った★1個

    人魚奴隷を助けた★1個

    アムを【巨大格納庫】に連れて行った★1個

    アムを【月の図書館】に連れて行った★1個

    アムを【黒炎の工房】に連れて行った★1個

    妖精たちの信頼を得た★1個

    ダークトロールたちを撃退した★1個

    竜の秘薬を完成させた★2個

    翠将の挑戦を生き延びた★1個

    翠将の正体と能力を知った★2個

    翠将のお付きの少女の名を知った★1個

    シェラシースの現在を知った★2個

    機械の部品ポイント500点★1

    人魚の奴隷を解放した★1個

     (合計★19個)

    魔物撃退分1120点

    ピンゾロ分(G太郎1回)

収支結果:タクシー代と通行料金700G分消費、

     食料4日分消費

     戦利品12470G分、黒鉄剣士勲章16個

     真鍮戦士勲章2個、赤銅勇士勲章3個、

     剣のかけら8個

     弾丸2個消費、防弾加工500G分消費

ミッション:深層階への荷物配達→ほぼ達成

      ドラゴンの秘薬の材料集め→達成

エスト:ジーズドルフ解放軍の同志を集める

     (現在19人)

     【月の図書館】の書物を読む方法を探る

     地下世界から誰かを外に脱出させる

     魔窟50階を踏破(店舗経営の許可)

     驕王ポイント31点を目指す(現在22点)

     人魚奴隷の救出(残り2回)

     虹色の宝石の確保

     (現在水妃ポイント8点)

     転送装置のマスターキーを入手する

     〈黒魔熔鉄鉱〉30個を集める

     機械の部品ポイント370点

 

情報

・防空施設の魔力供給源【翡翠のピラミッド】を装置を操作するには、〈銀水晶のマギスフィア〉が必要。

 ・〈破剣の星槌〉は深層階の【黒炎の工房】で〈黒魔熔鉄鉱〉30個と交換。

・〈黒魔熔鉄鉱〉は、深層階の南東部にある【溶岩湖の宮殿】で入手できる。

・【地底湖の畔】のマーマンは、水妃ポイント残り20点で地上への抜け道を教えてくれる。

・【コボルド窟】のオードル・プルは地上に伝手がある。

・【戦神の凱旋門】の魔窟総監ギルギダッシュと知り合い、魔窟ミッションを攻略中。

・四祖の1人シェラシースは魔剣である。

・地下水路から地上への脱出には、〈銀水晶のサークレット〉が必要。北東の隠し扉を開けられる。

・漆黒のマギスフィアは、深層階の黒い球体に入る鍵。別に合言葉が必要。

・竜のエサユハと知り合い、竜の秘薬を完成させた(竜姫ナーデージュ救出ミッションの予定)

・【歯車の迷宮】には地下水路の明かりの仕掛けあり。

・ユリア・ミルドリスは深層階の【瑠璃宮】に向かった。

・翠将の親衛隊になるには〈黄金近衛勲章〉を入手して、試練を受けねばならない。

・暗闇を見通す〈セランシェの灯火〉は妖精たちの【地下庭園】に。現在バルカンに奪われたとのこと(ミッションの予定)

・【ル=ロウド神殿】でNPC密偵を呼び出せる。

・【不死者の城】のランタンヘッドは、〈ワルプルギスの鐘〉に呪われている。ゲール・ハイネメルから解放ミッションが受けられる。

 

密偵の知り合い

・アム・ヤーセン(ドワーフ娘→ラミア)

 キーワード「月の図書館の書物閲覧」「漆黒のスフィア」

イゴール・ぺステリ(エルフ男→トロール

 キーワード「白銀勲章」

・ニコ・シュナウヘア(ナイトメア→オーガ)

 キーワード「防空施設」「シェラシース」「ヤーハッカゼッシュ」「地底に眠るもの」

・オスカル・バロー(シャドウ→バジリスク

 キーワード「白銀以上の勲章コレクター」「転送装置のマスターキーを持つ」

・シル・メリル(人間女→バルカン)

 キーワード「レジスタンスを探す敵」

 

冒険達成度:シェラシースの現在を知った+2%

      合計24%

(当記事 完)