花粉症ガール外伝・コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

ブログタイトルのマイナーチェンジ

翔花が実家に帰還したので

 

ヒノキ「新兄さんがとうとう粉っちゃんを妖精郷から救出したそうじゃ」

シロ「え? それは吉報です」

ヒノキ「そして、向こうのブログタイトルに『Wショーカ』の名前を入れることにしたので、こちらのブログタイトルも変更を依頼されたのじゃ」

ゲンブ「確かに、うちは『花粉症ガール翔花伝&コンパーニュ記』というタイトルでしばらく続いていたでござるが、最近は粉杉どのの物語を語る機会が減って、実質『コンパーニュ記』がメインであった」

リトル「翔花さんがしばらく向こうで落ち着いて暮らすなら、こちらが翔花伝というのも変ですねぇ」

ヒノキ「当ブログの歴史は元々、新兄さんのブログ『つれづれ趣味雑記』から、花粉症ガールの粉杉翔花のエピソードを切り取って誕生した経緯がある。粉っちゃんは我がコンパーニュの塔で、しばしの修行を経験し、そしてシロと共に屋久島へ旅立った。その後、我らコンパーニュ一党は新たに自分の拠点を築いた新兄さんと連携して、屋久島での粉っちゃんやシロのバックアップを担当しつつも、わらわの趣味であるTRPGおよび怪獣話を中心としたブログへとシフトしていった。言わば、粉っちゃんの物語と、わらわを中心とするコンパーニュの日常会話ときどき事件を描いたブログに発展したと言えよう」

シロ「屋久島編が翔花伝で、そこではぼくやリトルも物語の主要人物として、スペースGの脅威に立ち向かっていた。そして、翔花やぼくたちが屋久島から帰還した後、2019年のクリスマス期に翔花が行方不明になるという事件が発生。結局、翔花は時空を翔ける能力を覚醒させ、時々のイベントで顔見せしたりもしつつ、その本体は妖精郷に封印されていたのが、ようやく帰還したということですね」

ヒノキ「そして、粉っちゃんが帰還後、ブログ運営をどういう形で展開しようかと考えた末、こちらはこれまでどおり『魔神ハンター』の物語を、向こうは粉っちゃんを新しくプレイヤーに迎えて『妖精郷』の物語を中心に連載しながら、時たま、それぞれの趣味話を混ぜたりもして、まったり楽しい日常編を満喫したいという方向性で行くことになった」

シロ「こっちに翔花が帰ってくるわけじゃない。だから実情を反映していない『翔花伝』はタイトルから消えるということですか。少し寂しいですね」

ヒノキ「粉っちゃんは新兄さんのところにいるので、遊びに行こうと思えば、いつでも遊びに行ける。行方不明になって会えないわけではないから、気に病むでない。そして、ここのタイトルじゃが、大きく変えないようにアイデアを練って、『花粉症ガール外伝・コンパーニュ記』が一番実情を反映しているだろうという結論になった」

シロ「こっちが外伝ですか。何だか忍者っぽいですね」

ヒノキ「新兄さんところが光なら、こちらは影と言ったところかのう」

シロ「影と言えば、やはり、これですね」

ゲンブ「影と言えば、これも捨てがたい」

リトル「影と言えば、これも捨てがたいですぅ」

ヒノキ「何故か忍者の披露会になっておるが、ならば、わらわも忍者を披露せねばなるまい」

シロ「ということで、にわかに忍者祭りになったりもしますが、タイトルが変わっても、コンパーニュ一党は変わらず、前向きに修行を続けていきたいと思います」

(当記事 完)