花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

マッスル太郎の、続・亡者狩り(SWミストキャッスル6ー3)

亡者狩りを続けるぞ

 

太郎(ゲンブ)「今回も、亡者狩りを続けるでござる。前回は、常夜の回廊の秘密をあれこれ知ったりして、★稼ぎができたでござるが、その際に『この暗闇回廊に出入りするだけで、★を無限に稼げてしまうという美味しい裏技ポイント』だということが分かった。ウルスラは面倒な仕事を回してくるなあ、と思ったものだったが、ここで鍛錬できることを教えてくれたのでござるなあ」

ヒノキ「他に、ナヴァリア婆さんからいろいろと情報を購入したのじゃったな」

太郎「3つめの水門コードがありそうな場所の手がかりと、そして最終コードが数字の配列に隠されていること。さらにヒューリカとゾンネンフェレスの居場所とかデータとかが分かったでござる。ゾンネンフェレスはレベル6なので、今回のミッションが終わって、こちらのレベルが6に上がったら、退治しに行っても良さそうでござるよ」

ヒノキ「では、経験点稼ぎの亡者退治クエストを続けるとしよう」

 

暗闇亡者仕留屋稼業


暗闇仕留人 BGM 「出陣仕留人」

 

ヒノキ「今夜は仕事人2020じゃから、作者の頭もいつにも増して必殺モードになっているようじゃの」

太郎「マッスル太郎としては、同じ太郎にして、お笑い芸人の鶴瓶師匠の息子である駿河太郎さんを応援したいでござる」

ヒノキ「では、こちらもマッスル太郎による亡者供養を始めるとするかの」

太郎「まずは朝。確実にアンデッドと遭遇するために、目を開けたまま、明かりに眩惑された状態で暗闇回廊を歩くでござる」

ヒノキ「登場したのはデスソードじゃな」

太郎「不意打ちを受けてしまったでござるが、攻撃は回避……できなかったでござる。まさか、ダイス目3とは」

ヒノキ「ヒヒヒ。デスソードの特殊攻撃『死の刃』は、呪い属性の魔法ダメージで固定値10じゃ。防護点で減らすこともできぬゆえ、10点丸ごとくらうがいい」

太郎「残りHP30になった。では、ここから先制をとって、反撃に移るでござる。ガゼルフットとターゲットサイトでMP5使用して、蹴り2発。どちらも命中して、ダメージは、よし、クリティカルで26点。さらに16点。これでどうだ?」

ヒノキ「防護点4じゃから、22と12で34点ダメージ。HPは36じゃから、残り2点じゃ」

太郎「クリティカルでも仕留めきれなかったか。回避は成功して、今度は普通に攻撃。命中は11と12」

ヒノキ「そいつは当たらんのう」

太郎「回避は13で避けて、さらに反撃。15と10で1発命中。ダメージは16点で撃退成功。戦利品は……キター、美しい剣の鞘(600G)でござるよ。錆びた剣(50G)もゲット」

 

太郎「次に昼。今度は目を閉じて歩く。それでもアンデッドと遭遇してしまった」

ヒノキ「登場したのはワイトじゃ」

太郎「不意打ちを受けて、回避は成功。先制もできて、まずはいつものタゲサとガゼルフットでMP5消費。命中は10と16。1発命中してダメージは17点」

ヒノキ「残りHPは18じゃの」

太郎「相手の攻撃は避けて、次ラウンドの反撃は普通に。15と13で両方命中して、ダメージは16点と16点。撃退して、戦利品はまた当たり。毒の爪(400G)とノーマル爪(50G)をゲットでござる」

ヒノキ「ここまでで1100Gの戦利品じゃな。うまくハマれば、結構稼げるところかもしれん」

 

太郎「夕方は脱出に成功して、本日の仕事はこれにて終了。拠点に帰ってグーグーグーでござるよ」

ヒノキ「慣れてくると、楽な作業になったのう」

 

●ここまでの成果

 

 経験点:★4つ、魔物撃退分240点、ピンゾロ1回分50点、現在経験点2470点

 所持金:現在4762ガメル(うち4000Gはザバーラ預かり)

 クエスト条件:アンデッド撃退4体

 

亡者退治4日めの作業

 

太郎「朝は目を開けて、ワイトと遭遇。不意打ちは避けて、先制とって、タゲサとガゼフでドーピングしてから2回蹴って、クリティカル22点ダメージと、もう一度クリティカル28点ダメージで瞬殺。戦利品はただの爪(50G)でござった」

ヒノキ「流れるような機械的作業じゃな」

太郎「昼は目を閉じて、あっさり脱出に成功。これで、また一つ★ゲット。ノルマの半分の5体撃破したでござるよ」

 

亡者退治5日めの作業

 

太郎「今朝の敵はスケルトンアーチャー。不意打ちはかわして、先制してーの、タゲサ&ガゼフで2回蹴りを当ててーの、ダメージは20点と15点で、残りHP3点に追い込んでーの、反撃はかわしてーの、2ラウンド目で撃退成功。戦利品はただの骨(30G)でがっかり」

ヒノキ「まるで、ただの日記じゃの」

太郎「昼はうまく脱出できて、また★1つゲット。これで6体め。あと4体でござる」

 

亡者退治その後の作業

 

太郎「6日め朝の敵はまたスケルトンアーチャー。不意打ちされたけど避けて、後は大した事故もなく、適当に蹴ってたら勝っちゃったでござる。今度の戦利品は魔力を帯びた骨(250G)で当たり。昼は脱出できて★1つゲット。残り3体」

 

太郎「7日め朝は、デスソード。不意打ちされたけど避けて、いつものコンボで仕留めようと思ったけど、なかなか攻撃が当たらなくて、3ラウンドで倒せず、練技ガゼルフットを掛け直すことになった。もう一度、タゲサも使って、4ラウンド目で何とか撃退。戦利品は50G分だけ。 昼は脱出できて★1つゲット。残り2体」

 

太郎「8日め朝は、ワイト。不意打ちが命中して6点ダメージ。毒による追加ダメージは、生命力抵抗で耐えて効果なし。毒など鍛えた体には通用せん。怖いのは病気でござる。その後は大きな事故もなく撃退成功して、戦利品は当たりで450G分。

「残り1体なので、昼からも目を開けて、アンデッドを誘い込む。登場したのはスケルトンアーチャー。一番ザコなので、難なく撃退。戦利品は250G分。これにてアンデッド10体退治のノルマ達成。やったね、でござる」

「夕方になって、脱出しようかと思ったら、ダイス目6を出してしまい、例の広場に出ることに。仕方ないので、今夜はじっくりここに待機して、魔法装置の観察を敢行。いろいろ調べるうちに、この装置を構成している素材が伝説の『銀水晶』と判明。シルバーでクリスタルとは、まことにもってワンダーな装置でござる。この装置を起動すると、ヨドんだ霧がすっかり晴れるらしいが、そのためには、くぼみにはめ込む『銀水晶のプレート』が必要だとか」

 

太郎「……ということで、徹夜した後、9日めの朝に回廊脱出に成功。★1つゲットして、拠点に帰還したでござる」

 

●ここまでの成果

 

 経験点:★9つ、魔物撃退分440点、ピンゾロ1回分50点、現在経験点2470点

 所持金:現在5792ガメル(うち5000Gはザバーラ預かり)

 クエスト条件:アンデッド撃退10体

 

おまけのミッション達成

 

太郎「では、亡者退治クエストも終了したので、ウルスラに報告しつつ、その後、黒の山へ向かうとしよう」

ウルスラ『おや、太郎さん。そうかい、回廊のアンデッド10体を倒してきたのかい』

太郎「ああ。いい経験になったでござるよ。いろいろと調査活動もできたし」

ウルスラ『では、★2つを進呈するとしよう。他には500ガメルと、情報無料券1枚ね』

太郎「これまでは、ヒューリカの弱点と、風の旅団の拠点の位置を教えてもらったでござるな。今回は……オーガの貪欲卿ズ・グリの弱点を教えてもらおうか」

ウルスラ『奴には「言ってはいけない言葉」があって、それを聞くと激怒して魔法を使うことを忘れてしまうらしい』

太郎「その言葉とは?」

ヒノキ「シナリオには書いていないが、ウルスラは太郎に教えてくれた。何なら、自分で決めてもいいぞ」

太郎「『お前の母ちゃんデベソ』とか?」

ヒノキ「そんな言葉で激怒するとは、ズ・グリが子供かよ? ってツッコミたくなるのう」

太郎「貪欲ということは『餓鬼』だな。だったら『この悪ガキ野郎』ぐらいにしておくか」

 

ズ・グリ『誰が悪ガキだ。ええい、このズ・グリ様の欲望グリードパワーを思い知らせてくれる。魔法なんて小細工には頼らねえ』

 

ヒノキ「こんな感じでロールプレイすることにしよう」

太郎「攻略順は、先にゾンネンフェレスを倒して、その後がヒューリカとかズ・グリと言ったところか。まあ、今すぐには手を出さないが。それよりも黒の丘へ向かうのが優先でござる」

ヒノキ「では、黒の丘に到着した。時間は昼間。ここで難易度15の探索判定と魔物知識判定に成功すれば、目的達成できる」

太郎「探索は13で失敗。魔物知識は14で失敗」

ヒノキ「では、夕方に再挑戦できる」

太郎「探索はエクスプローラーエイドを使うといいでござるな。……って6ゾロで成功したし。魔物知識は11で失敗。このままだと夜になるので、西の娼婦街に宿を求めるでござるよ」

 

アリアドネ『おや、マッスル太郎、久しぶりじゃないか。名誉蛮族になって、いろいろ羽振りが良くなったと聞くが、前に請け負った殺しの仕事がまだ果たせていないようだね。そろそろ、期限を定めたいと思うんだが』

太郎「ゾンネンフェレスでござるな。奴の居場所を突き止めるのに手間どったが、東の廃屋にいるということまで分かったでござる。そろそろ片を付けるつもりなので、吉報をお待ち下され」

アリアドネ『ふうん、情報収集に動いていたわけだ。ところで最近、南東の蛇女サンドリーヌとも付き合い始めたそうじゃないか。あの女を殺せ、と言われたら、あんたはどうするつもりだい?』

太郎「それは……本当に世のため人のためになる殺しですかい? 少なくとも、ゾンネンフェレスやズ・グリが人族を脅かす悪党だってのは納得するでござる。しかし、サンドリーヌ殺しなどはどうも筋が通らねえ感じがする。それとも〈月夜蜂〉ってのは、金さえ積まれたら、どんな汚れ仕事も厭わない外道の殺し屋集団なんでございますか?」

アリアドネ『言うじゃないか。つまり、あんたは筋の通らない殺しはしないってことかい』

太郎「私は『お笑い芸人のマッスル太郎』であります。やむなく殺すにしても、そこには『人族の笑顔のため』という仁義がございます。そこを踏み外した外道にはなりたくないんでありますよ」

アリアドネ『サンドリーヌが人の血を好んで飲むラミアだとしてもかい?』

太郎「無理強いしているようではなさそうですからな。相手の同意があるなら、それは当人たちの問題。人様の性癖や本能に口を挟むつもりはありません。もちろん、自分に振りかかる火の粉となれば話は別ですが。少なくとも、私は人族や蛮族の抱える闇をどうこう言える資格はありません。人と違う身なれば」

アリアドネ『機械人形なりの処世術ってことかい。それとも……いや、これ以上は踏み込まないでおこうか。お互い探られたくない腹というものもあるかもしれないからね。では、あんたの主人、魔神使いのザバーラさんによろしく言っておいてくれ。〈月夜蜂〉はあんたたちを脅かすつもりはないって。少なくとも、今のところはね』

太郎「では、今しばらくは共闘関係を維持できるってことでござるな」

アリアドネ『ああ。それと、こっちの世界に興味が湧けば、いつでもおいで、マッスル太郎。あんたの隠した背景には気を惹かれるからね』

太郎「できれば、闇に囚われない自由な魂を維持したいでござるよ」

アリアドネ『闇や魔の道も、悪いものじゃないんだけどね。だけど、仮面を外さずに振る舞う舞踏会(マスカレード)も興あることさ』

 

太郎「では、翌朝、黒の丘にもう一度出向いて、調査を再開するでござるよ。今度は出目11で成功」

ヒノキ「うむ。では、最後のイベントじゃ。蛮族が黒の丘で何かの集会を行なっていたのをマッスル太郎は突き止めたのじゃが、見つかってしまう。倒すべき敵は2体のアンドロスコーピオンじゃ🦂」

太郎「魔物知識は11で、先制判定は18」

ヒノキ「では、敵のデータが分からないままに戦うしかないのじゃが、アンドロスコーピオンの外見はサソリの下半身を持った人間で、上半身の銃と、下半身のサソリの尾で2回攻撃をしてくる」

太郎「つまり、2部位モンスターということでござるな。それが2体ということは、実質4体分ということ。1人相手に殺意が高すぎるでござる。アリナ様、少しは遠慮して下され」

ヒノキ「ダイス目がそう出たのだから仕方なかろう。剣のかけらが入っていない分、マシと思え」

太郎「とりあえず、本気で行かねばならぬと見た。いつものガゼルフット、ターゲットサイトに、マッスルベアー、エンチャントウエポンでMP10点使用。まずは1体の上半身を本気でブッつぶす。しかし、いきなりピンゾロか。もう1発は命中17で、ダメージは18点」

ヒノキ「それでは落ちないのう(HP半減じゃが)。では、まず銃器攻撃が2発。命中13を回避せよ」

太郎「ピンゾロが出なければ大丈夫。2回ともかわしたでござる」

ヒノキ「続いて、サソリの尾が2回、命中15じゃ」

太郎「4以上で避けられる。避けて避けた」

ヒノキ「さすがは、ミモレの上質布鎧じゃのう。抜群の回避性能を示しおるわい」

太郎「アイテムだけでなく、マッスル太郎自身を褒めてくだされ。……ともかく、1体めにとどめを刺すでござるよ。もう一度、ターゲットサイトでMP残り8。命中はどちらも15」

ヒノキ「回避14なので、タゲサの+1がなければ、外れていたところじゃが」

太郎「ありがとう、タゲサ。ダメージは18が2回」

ヒノキ「それで落ちたよ。では、残り1体の射撃13と尻尾15をかわすといい」

太郎「14と18でかわした。出目が逆でなくて良かったでござる。それでは、3ラウンド目の攻撃。またタゲサで残りMP6。命中は19と16で、どちらも当たり。ダメージは20点と18点」

ヒノキ「防護点で6点ずつ減らして、14点と12点か。上半身のHPは24点なので、それで倒したのう」

太郎「戦利品判定は、サソリの尾(50G)が2つと毒針(100G)が1つの合計200G分か。では、それらを回収して、すたこらさっさと逃げるでござるよ。ミッション無事にクリア」

 

ヒノキ「では、ミッションクリアで★1つ進呈。さらに報酬として宝物決定表からランダムでもらえる。そう言えば、前に血染めの壁をクリア時も、偵察ミッションの宝物は渡していなかったので、この機にその分も合わせて2度振っていいのじゃ」

太郎「おお。それは豪勢でござるな。一つは(コロコロ)赤の眼鏡キター。これでマッスル太郎もメガネンジャーになれる。もう一つは(コロコロ)月光の指輪でござるな。これは必要ないと思うので売ってしまおう。500Gなり」

ヒノキ「今回はここまで。成長の儀は次回の記事に回すとしよう」

 

●ここまでの成果

 

 経験点:★12個、魔物撃退分640点、ピンゾロ2回分100点、現在経験点2470点

 所持金:現在6992ガメル

 アイテム:赤の眼鏡

 

(当記事 完)