花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

マッスル太郎と、闘技場(SWミストキャッスル4ー3)

まずは麻薬窟にて人探し

 

太郎(ゲンブ)「前回は、麻薬窟で奴隷女性のイライザを探せ、とのミッションを受けたでござる。早速、麻薬窟へ向かうとしよう。到着したのは昼日中だが、どんな感じの場所でござるか?」

ヒノキ「前にここに来たのは、第2部の女暗殺者イベントの時じゃったな。区画に入ると、すぐにイベントが発生したので、じっくり様子を語ることもなかったのう。改めて描写すると、鼻が曲がりそうな異臭のする薄暗い路地じゃ。浮民や奴隷と思しき人々が地面に座り込んだり、横たわったりしておる。いささか正気を失っているようで、虚空を見つめてぼんやりしたり、何やらぶつぶつ呟いたり。路地の奥には、金切り声を上げながら殴り合っている男たちもいるようじゃ」

太郎「明らかに、薬の副作用と言ったところか。あまり関わり合いになりたくはないが、人探しの情報源になりそうな者はいないか、辺りの様子をキョロキョロ見渡す」

ヒノキ「すると、薄汚い服を着たレッドキャップが近づいてきて、『旦那、何かお探しですかい? 薬が御入用でしたら《夢の家》で手に入るので案内しやすぜ』と声を掛けてくる」

太郎「《夢の家》? 夢薬とやらは、そこで手に入るのか?」

レッドキャップ『もちろんですとも。さあ、こちらへ』

太郎「夢薬に興味がないわけではござらんが、今は仕事の最中。この辺で、イライザという奴隷の女を見かけたという話を聞いてな。心当たりはないか?」

レッドキャップ『イライザねえ。30Gあれば思い出すかもしれねえっスが』

太郎「30Gを出すでござる」

レッドキャップ『東の「叫びの門」へ向かった女がいるって話を小耳に挟んだ。イライザかどうかは知らねえけどな。ここに出入りするのは、薬の売人か、薬を買いに来たか、あるいはスネに傷を持つ男女ぐらい。「叫びの門」へ向かったってことは、街を抜け出そうって魂胆だろうが、そう簡単には行かねえだろうさ』

太郎「叫びの門でござるか。いささか距離があるので、一度出直すとしよう」

 

ヒノキ「イライザの手掛かりを獲得したので、★一つを進呈じゃ」

 

GOGOマッスル!

 

太郎「叫びの門に行くのは後回しにして、先に闘技場に出向いて★を集めるでござる」

ヒノキ「それもよかろう。では、先日出会ったゴミ拾いのシルヴィアさんが太郎を歓迎して、いろいろと手続きに付き合ってくれる。どうやら強そうなマッスル太郎の臨時マネージャーとして振る舞いながら、小銭を稼ごうって考えらしい」

太郎「信頼できる相手と見なして、任せるとしよう。信用できないなら、ザバーラも商売相手に選ばないだろうし」

ヒノキ「そうじゃの。では、手続きの後で、いよいよマッスル太郎の闘技場デビューが始まる。初陣の相手は……ゴルゴルじゃ」

太郎「ゴルゴルの仕業か?」

ヒノキ「それはゴルゴム。ゴルゴルというのは、ラクシア世界に棲息するゴリラの一種じゃの🦍」

太郎「つまり、不破さんか。初陣の相手としては申し分ない。トレーニングジムの筋トレ仲間として、お笑い芸の餌食にしてくれよう」

ヒノキ「一応、魔物知識判定をするように」

太郎「期待値どおりの目が出て10」

ヒノキ「魔物知識の基準値は確か5じゃなかったかの?」

太郎「うむ。基準値5で、2dの期待値は5。足してピッタリ10でござる。最近は期待値4で不調だったが、どうやら平常運転に戻ってきたようだ」

ヒノキ「世間一般の2d期待値は7じゃがのう。まあ、それを言っても始まらない。ともあれ、ゴルゴルのレベルは4。HPは剣のかけら込みで58」

太郎「不破さん相手なら、こちらも本気で迎え撃たねばなるまい。まずは先制ゲットして、マッスルベアー、ガゼルフットでダメージと回避力を上げ、ターゲットサイトも入れて、ダブルマッスルキックを見せるでござる。命中は14と11」

ヒノキ「14のみ命中じゃ」

太郎「ダメージダイスは3。そこから算出するダメージは13点。さすがは我がライバル、不破バルカンよ。その強靭な装甲でダメージを通さんとは」

ヒノキ「いや、お主のダイス目が低いだけだから。防護点で4点減らして、9ダメージ。残りHPは49点」

太郎「では、相手の攻撃に備える」

ヒノキ「ふむ。このゴルゴルは名ありのボスと判断して、わらわが直々にダイスを振るとしよう。ゴルゴル不破パンチ! 命中ダイスは13」

太郎「回避もピッタリ13。ガゼルフット様々でござるな。では、こちらの攻撃。もう一度ダブルキック! 今度は17と13」

ヒノキ「避けてみせよう……と思ったが、ゴルゴルの回避は低い。8と11では避けられん」

太郎「よし、これでダメージは18点と15点」

ヒノキ「4点ずつ減らして、25点くらった。残りHPは24点。反撃の不破パンチは命中16」

太郎「回避は15しか出ない」

ヒノキ「ヒヒヒ。ランペイジゴリラの恐ろしさをくらうがいい。ダメージは13点」

太郎「こちらも防護点4点を減らして、9点くらった。残りHPは25点でござる。では、次のダブルキックでとどめを狙う。命中は14が2回」

ヒノキ「出目11で避けられる。6と7、ほぼ期待値だから無理」

太郎「ダメージは18点が2発」

ヒノキ「すると、防護点で減らしても14点ずつで28点か。不破と名付けられたゴルゴルは、ずず〜んと地響きを立てて崩れ落ちた。勝者マッスル太郎」

太郎「戦利品は折れた角30Gだと? このゴリラには角が付いているのでござるか?」

ヒノキ「いや、こいつは凶暴なので、倒した獣の角や牙を引き抜いて、自分の強さの証としてコレクションする習性を持っておったのじゃ。そういう角コレクションと、剣のかけら4つ、それから2dを振れ」

太郎「7でござる。いい出目だ」

ヒノキ「では、闘技場でのファイティングマネーとして70Gをゲットした。さらに★1つを進呈しよう」

太郎「これで戦いは終了でござるか」

ヒノキ「2dを振ってもらおうか」

太郎「6」

ヒノキ「8以下なら、このまま連戦じゃ」

太郎「連戦だと?」

 

2戦めはゴブリン

 

ヒノキ「2戦めの相手は、ゴブリン3兄弟じゃ」

太郎「1対3か。それは少し厳しいかもしれんが」

ヒノキ「いや、ソロだと1人だけじゃのう。3兄弟の長兄、ゴブ太郎ということになる」

太郎「ゴブ太郎か。同じ太郎どうし、どちらの太郎が格上か証明してやろう」

ゴブ太郎『ゴゴゴ。このオレをただのゴブリンと思うな。剣のかけらが入ってボス扱いのゴブリンなるぞ。このオレの強さが知りたければ、魔物知識判定をするがいい』

太郎「15。弱点まで余裕で見抜けた。魔法ダメージ2点は出せないが、レベル2、強化されてもHP26点のザコなど、今の私には敵ではない」

ゴブ太郎『何を! ゴブリン3兄弟の長兄の力を見せてやる!』

 

 1ラウンドで、クリティカルを2連発されて、瞬殺されたゴブ太郎でした。合掌。

 

太郎「武器30Gと、剣のかけら2個、220Gのファイティングマネー、そして★1つをゲットしたでござる。ザコにしては、いい稼ぎになった」

ヒノキ「では、連戦判定じゃ。今度は7以下で連戦となる」

太郎「ピンゾロで、3戦めでござるな」

ヒノキ「ヒヒヒ。次の相手は挽肉屋の異名を持つボガードの戦士ガ・ゾムじゃ。マッスル太郎の快進撃もここまでよ」

 

挽肉屋ガ・ゾム

 

太郎「対戦相手はボガード1体か。以前に縊り屋モ・ルゲや、ボガード三面拳を倒した私に今さら、ただのボガード1体ごとき」

ガ・ゾム『何? モ・ルゲは俺の親友だが、謎の仮面レンジャーに倒されたと聞く。貴様、もしや?』

太郎「その秘密を知ったお前には死んでもらわないといけないようだな(ニヤリ)」

ヒノキ「唐突な悪人発言は慎むように。これまでのマッスル太郎のキャラが崩れるゆえに」

太郎「ハッ、いつの間にか蛮族の流儀が身についていたでござる。とにかく、魔物知識判定で15」

ヒノキ「弱点まで見抜いて、物理ダメージ+2点。レベルは3で、剣のかけら入りのHPは36」

太郎「先制判定は9で、そちらが先攻。念のため、戦闘準備でガゼルフットを使っておく」

ヒノキ「では、こちらから殴る。命中は普通に11」

太郎「回避は17。では、反撃でござる。武器はチェインスティックで、無難に当てて行こう。12と17」

ヒノキ「回避クリティカルと14。逆なら両方避けられたんじゃがのう」

太郎「やはり、アリナ様のダイス目は恐ろしい。ダメージは弱点込みで13点」

ヒノキ「では10点受けて、残りHP26点。2ラウンド目の反撃じゃ。クリティカル出たー」

太郎「それは避けられん」

ヒノキ「ダメージはしょぼくて10点」

太郎「6点くらって、残りHP19点」

ヒノキ「さらに連続攻撃が発動して、命中12」

太郎「それはさすがに14と言って避けて、反撃でござる。15と13」

ヒノキ「回避は7とクリティカル」

太郎「どうして、そんなにクリティカルを連発するのでござるか?」

ヒノキ「出るものは仕方ないじゃろう」

太郎「こっちも、その出目があれば。おっ、ダメージでクリティカルが来たでござる。合計ダメージは23点」

ヒノキ「残りHPは6点じゃ。次で終わりそうじゃな。3ラウンドめの攻撃は10」

太郎「それぐらいなら簡単に避けられる。16と言って回避して、反撃は18と17」

ヒノキ「さすがに避けられんのう。ダメージをおくれ」

太郎「17点と16点で合計33点ダメージ」

ヒノキ「死にかけの相手に限って、高ダメージを与えおってからに」

太郎「出るものは仕方ないでござる」

 

 戦利品は、意匠を凝らした武器150Gと、剣のかけら3個、180Gのファイティングマネー、そして★1つ。

 

太郎「そろそろ連戦もキツくなってきたでござる。残りMPが3しかない」

ヒノキ「ならば6以下で連戦なので、7以上を出すといい」

太郎「11が出た。ホッと一息つくでござるよ」

ヒノキ「では、3連戦を勝ち抜いたマッスル太郎には、選択肢が与えられる。戦いを続けるか、それともここで退くか」

太郎「念のため、次の対戦相手は誰でござるか?」

ヒノキ「邪神メティシエに仕える神官じゃ。メティシエは不死神、すなわちアンデッドの神じゃのう」

太郎「呪文を使ってくる相手は、精神力の低い私には不利でござるな。今回はここで退くでござるよ」

 

◉闘技場での報酬合計

 470ガメル、戦利品210ガメル分、剣のかけら9個、★3つ

 

イライザ救出

 

 弾丸2つ消費してのヒーリングバレットでHPを回復したマッスル太郎は、拠点で一晩休むと、イライザを探すために、街の東の叫びの門に向かった。

 ここは巨大な赤黒い城門であり、その色はかつて霧の街に攻めてきて敗北した人族の国家ダーレスブルグ軍の兵士の血で染められている、と語られている。また、門を開閉する音が悲鳴に聞こえることから、叫びの門と呼ばれるようになったそうだ。

 

ヒノキ「この門の警備は厳重で、ここから脱出するには、少なくとも難易度15の隠密判定が必要と言っておこう」

太郎「隠密の現在の基準値は6だから、最低でもダイス目9以上を出さなければならないのか」

ヒノキ「この門からの脱出ルートも、エンディングの一つじゃな。その場合、ジャックオーランタン2体の襲撃に遭うとネタバレしておこう」

太郎「カボチャ頭のお化けでござるな。🎃 それほど強敵のように思えんが」

ヒノキ「レベル7のアンデッドモンスターで、死神のような鎌を使ってくる。さらに6レベル魔法もな」

太郎「死神の鎌、それは刃唯阿さんの武器ではござらんか。変身した不破さんには勝てないが、生身だと首チョップの一撃で昏倒させる恐ろしい女。そりゃあ、今のマッスル太郎では勝てんでござる」

ヒノキ「今のところ、提示されている脱出ルートは3つ。1つはザバーラの馬車に乗せてもらうワイバーンルート。2つは月夜蜂のアリアドネの伝手で海賊船に乗せてもらうルート。そして3つめは叫びの門からこっそり抜け出すカボチャルートじゃ。まだ判明してはおらんが、もう一つのルートが隠されていて、いずれもレベル7が推奨レベルとされておる」

太郎「何にせよ、今の太郎の力量では、どのルートもラスボス戦を切り抜けることは困難でござるな。では、現段階の脱出は諦めて、イライザを探すことに専念しよう。どこにいるでござるか?」

ヒノキ「近くの廃墟が崩れて、生き埋めになっておる」

太郎「はっ? どういうことでござるか」

ヒノキ「ランダムイベントで、そういうダイス目が出たのじゃから仕方ないじゃろう。さあ、助け出すためには、目標値16の筋力判定を行うといい」

太郎「筋力判定だと? それはマッスル太郎に対する挑戦と見た。筋力ボーナス+4に冒険者レベル4なので、基準値は8。ダイス目8が出れば、成功できる。うおおおお、マッスルパワー! ダイス目はピッタリ8! 成功でござる」

ヒノキ「おお、ここぞという時にはヒーローになれるマッスル太郎じゃな。怪力を奮い起こして、崩れている瓦礫を除去した太郎は、意識を失っているイライザを見事に救出した。彼女を拠点に連れて行って、無事にミッション達成じゃ。おめでとう」

 

成長の儀

 

ヒノキ「今回のミッション達成で、得た★は闘技場での戦いで得たものも合わせて全部で5つ。つまり経験点1000点じゃ」

太郎「魔物退治も9レベル分で90点。1090点を獲得して、1880点になった。1000点消費して、コンジャラー1レベルを習得するでござる」

ヒノキ「おお、念願のコンジャラーじゃな。目的の回復魔法アースヒールには2レベルが必要じゃが、エンチャントウエポンやプロテクションなど自己強化の呪文も充実しておる」

太郎「うむ。これで魔法の武器しか通用しない相手が現れても、対処できるでござるよ。MPも増えて17点。魔法を使わなくても、練技を安定して使えるようになった」

ヒノキ「では、能力値は何が上がった?」

太郎「1と5。1の器用度を上げるでござるよ。これに宗匠の腕輪を装着すると、ボーナスが+4に上がって、攻撃の命中も1増える」

ヒノキ「しかし、腕輪や指輪は2つしか身に着けられんぞ。その他部位はポーションインジェクターで埋まっておるしのう」

太郎「とりあえず、俊足の指輪を背負い袋にしまっておく。いざという時に割って、回避を2点ブーストさせる保険に、と思っていたが、保険よりは常時、器用度が1増えている方が有効だと判断するでござる」

ヒノキ「では、次に買い物じゃの。ミッション達成で、報酬は500Gまたは750ZPにできるが」

太郎「ザバーラポイントをもらって9323ZP。もうすぐ1万ポイントで、名誉蛮族になれるでござるな。剣のかけらもZPに換えれば、すぐにでも達成できようが、今回はお金が必要なのでガメルに換える。これで2580ガメルの収入。

「所持金は合計3700ガメルになったでござるが、腕輪購入で1000ガメル使用。さらにヌンチャク(チェインスティック)に呪文の発動体の能力を付与するために100ガメル消費して、差し引き2600ガメル。買い物分で110ZPも加算。今回は、充実した成長でござった」

●マッスル太郎のキャラデータ(青字は成長部分)

 

ルーンフォークの練体拳闘士(冒険者レベル4)
グラップラー4レベル、エンハンサー3レベル、スカウト4レベル、セージ2レベル、マギテック2レベル、レンジャー1レベル、コンジャラー1レベル(残り経験点880)

所持金:2600ガメル(ザバーラポイント9433点)

器用22+2、敏捷13、筋力24、生命力22、知力17+2、精神8

HP34、MP17

探索・危険感知7、先制6、知識5

生命抵抗7、精神抵抗5

魔動機術魔力5、操霊魔法魔力4

 

武器:チェインスティックwith魔法の発動体効果命中9、威力15、追加ダメージ+9、クリティカル値11、2回攻撃)

 ハードキッカー(命中7、威力30、他は同上)
防具:アラミドコート(回避7、防護点4)

特技:追加攻撃、武器習熟A/格闘、防具習熟A/非金属鎧

練技:マッスルベアー、ビートルスキン、ガゼルフット

所持品:冒険者セット、ヒーリングポーション3本、スカウト用ツール、救命草3つ、魔香草3つ、保存食1週間分、サーペンタインガン、弾薬15発、アンチドーテポーション、キュアストーンポーション、月光の魔符+1、月光の魔符+2、俊足の指輪

 

部位装備(括弧内は仮面レンジャーへの扮装時)

顔:(仮面レンジャーのマスク)

首:奴隷の首輪(カモフラージュ用赤マフラー)

背中:マギスフィア(小)

右手:宗匠の腕輪

左手:叡智の腕輪

腰:ブラックベルト

その他:ポーションインジェクター

(頭、耳、足には現在なし)

 

ヒノキ「では、次のミッションと行こうかの。5は同じ人探しなので振り直して4 。荷物運びじゃの」

太郎「目的地はどこでござる?」

ヒノキ「廃墟と露天市場じゃ」

太郎「既出の場所でござるか。それほど手間は掛かりそうにないでござるな。ならば、そろそろ麻薬窟の夢薬関連のクエストを解決する頃合いかも知れん」

●霧の街のマップ(4ー3話時点、青字は宿泊可能)

 

  牧場   ー 娼婦街ー黒の丘ー     ?

    l            l      l    l

路地裏  ー 施療院泉の広場鮮血城ー?

    l            l      l               l

常夜      l      サカロス           l

回廊ー 涸れ井戸ー 神殿跡 ー      ?        ?       ?

    l             l           l             l   l         l

   港ー   三色の天幕ー庭園ー翡翠の塔ーー叫び

                 (拠点)    l                     屋 の門

                      l          l            l    l       l

              ダルクレム     l               l            l        l

      神殿 ー骨の川ー 処刑場ー市場ー?

                       l         l     l         l

       剣闘士の宿舎 ー 追い剥ぎー廃墟ー嘆きのー?

        l          小路    l         広場

                         l   I             l           l

                     闘技場麻薬窟ー帰らずー?

               の街

 闘技場での戦いを経験し、心に愛を持ったスーパーヒーローへの道を順調に歩むようになったマッスル太郎。

 そんな彼が、次に挑むことにした麻薬窟クエスト。果たして、危険な麻薬窟探索を無事に切り抜けることができるだろうか? そして、名誉蛮族を目指すマッスル太郎はどんな未来を切り開くのか?

 (当記事 完)