花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

屋久島より帰りて(仕切り直しみたいな回)

トリオ・ザ・花粉症ガール

 

翔花「ヒノキちゃん、たっだいま〜♪」

ヒノキ「おお、よく無事で帰ってきたのう」

晶華「1号のお姉ちゃんと、2号の私と、そしてV3のリナ老師。これで、3人の花粉症ガールが勢揃い、と」


Kamen Rider Sanka (Kamen Rider V3)

 

NOVA「だったら、俺が立花藤兵衛みたいな立ち位置か」


俺は立花藤兵ェだ!

ヒノキ「すると、わらわも新兄さんのことをおやっさんと呼ばねばならぬのか?」

NOVA「いやいや。俺は翔花と晶華の父だけど、ヒノキ姐さんの父になった覚えはないですよ。今までどおり、互いに兄さん姐さんと呼び合う関係で」

翔花「ヒノキちゃんがNOVAちゃんの姐さんで、NOVAちゃんがヒノキちゃんの兄さんってどういうこと? どっちかが妹とか弟になったりしないの?」

NOVA「この辺は複雑でな。年齢的には明らかにヒノキ姐さんの方が上だから、敬意を表して姐さんだ」

晶華「本当は、おばさんか婆さんと呼ぶのが正解なんだけどね」

ヒノキ「ほう、アッキー。わらわにケンカを売るとは、修行がし足りんようじゃの」

晶華「キャー、NOVAちゃん、助けて〜」

NOVA「今のは晶華が悪いだろう。ヒノキ姐さんに謝るんだ」

晶華「仕方ないわね。NOVAちゃんがそう言うなら、謝るわ。ゴメンなさい。おわびに、このブルーアイズをあげるわ」

ウルトラマンタイガ DXトレギアアイ

ウルトラマンタイガ DXトレギアアイ

 

NOVA「何で、それがブルーアイズなんだよ。そんな闇まみれな変身アイテムをもらって喜ぶ子供がいるか! 同じ青いメガネなら、これにしなさい、これに」

ウルトラマンジード DXウルトラゼロアイNEO

ウルトラマンジード DXウルトラゼロアイNEO

 

NOVA「メガネンジャーはゼロアイを推奨するけど、トレギアアイは推奨しません」

晶華「何でよ。同じメガネじゃない。メガネ差別反対!」

NOVA「いや、世の中には良いメガネと悪いメガネがあってだな。まずは、メガネンジャーの基本設定を確認しろ。この記事だ

晶華「ええと、真実を覆い、隠蔽する闇の眼鏡ダークグラスに選ばれた、メガネンジャーの宿敵インペイダーって連中がいるのよね。死に設定だけど」

NOVA「死に設定じゃない。トレギアこそが、そのインペイダーの手先なんだ」

晶華「え、そうなの?」

NOVA「ああ、うちのブログ世界では、トレギアは闇の眼鏡戦士インペイダーの一員だと、今ここに認定する」

ヒノキ「ほう。わらわたちメガネンジャーの宿敵の一人がトレギアじゃったとは、この日野木アリナの目をもってしても見抜けなんだわ」

NOVA「うむ。奴らは隠蔽工作に優れていて、巧妙に姿をやつしているからな。しかし、その一人がトレギアだと判明した以上、手繰り寄せれば、他のメンバーの正体もいずれは判明するはずだ。その時こそ、メガネンジャーとインペイダーが虚実入り混じり、陰陽を伴い、雌雄を決する時!」

 

翔花「あのう、メガネンジャーの物語は翔花2号の晶華、アキちゃんの管轄で、ず〜っと屋久島で修行していた私にはちっとも付いて行けないんですけど〜(涙目)」

NOVA「メガネンジャータグを使って、過去記事を読め」

翔花「今から?」

NOVA「いや、まあ、別に急ぐ必要はないと思うがな。しかし、メガネンジャー以外にも、お前が修行している間に、いろいろ創作設定が増えたりしたからなあ。この辺りで、創作設定を整理する時期かもしれない。よし、俺の拠点に帰ったら、お前はケイPたちと協力して、花粉症ガールの創作設定を整理しながら、令和の時代との情報格差を埋めるといい。それがアシスタントガールとしての訓練にもなるだろう」

翔花「ええと、つまり私が主役の物語・翔花伝は、一先ず終了ってことね」

NOVA「まあ、翔花の冒険物語は一度仕切り直して、新たにヒノキ姐さんの管理するコンパーニュ記という形で、発展継続する形だ」

ヒノキ「ヒヒヒ。仮面ライダーが終わって、仮面ライダーV3が始まるみたいなものじゃな」

翔花「うん。私は花粉ライターJUHOで1年間、主役を務めたから、それでいいや。NOVAちゃんや、ヒノキちゃんが死んじゃうよりは、二人とも健在な令和の時代の方がよっぽどいいよ」

NOVA「ちょっと待て。俺とヒノキ姐さんが死ぬだと? 花粉ライターJUHOって、何の話をしているんだ?」

翔花「ああ、こことは違う時間軸。令和と違う元号の珠保時代ってのがあって、平成ライダーの後番組として花粉ライターJUHOってのが始まって、私が主役だったんだけど、そこでNOVAちゃんたちが死んじゃったので、私の力で奇跡を起こして、新世界が始まったの。それが、この令和時代ってわけ」

NOVA「つまり、俺とヒノキ姐さんが珠保時代にまかり間違って戻ったりすると?」

翔花「う〜ん、たぶん、死んじゃうんじゃないかな〜」

ヒノキ「何と。新兄さん!」

NOVA「ああ、ヒノキ姐さん、これは何としても負けられねえな」

ヒノキ「そうとも。いずれ来たる令和VS珠保のゴブリンスレイヤー対決には、令和という元号の存続ばかりか、わらわと新兄さんの命も掛かっておるようじゃ!」

 

テーブルトークな話

 

翔花「ところで、ゴブリンスレイヤーって何?」

NOVA「貴様、ゴブリンスレイヤーを知らないとは、それでも俺の娘か!」

翔花「娘だよ。だって、ずっと島に引きこもったり、時空を翔けたりして、修行していたんだから、世間のことには疎くなったって仕方ないじゃない(涙目)」

NOVA「仕方ない。2号の晶華。海外から帰って来たばかりの1号に、今の令和の状況を説明してやってくれ。ゴブリンスレイヤーTRPGとは何だ?」

晶華「フッ、それは私の知る限り、令和初のTRPGってところね。世界初のRPGはD&Dことダンジョンズ&ドラゴンズで、1974年生まれだから今年で45周年。そして、1989年こと平成元年に誕生したのがソード・ワールドRPGで今年30周年。これはTRPG史を語る上での常識であり、NOVAちゃんのアシスタントガールを務める上での基礎知識なの。テストには多分出ないけど」

NOVA「うむ。アナログゲーム知識は、世間の一般教養とはとても言えないが、これを知らずして、TRPGマニアは名乗れん」

翔花「いや、私は別にTRPGマニアを名乗るつもりはないんですけど」

晶華「お姉ちゃん、それじゃ花粉症ガールの名が泣くというものよ」

ヒノキ「うむ。令和の時代の花粉症ガールにとって、TRPGは必須教養と言ってもいいじゃろう。TRPGに無知な花粉症ガールは、呪文書をなくしたD&D魔法使いや、聖印をなくした神官、太陽エネルギー切れのキカイダー01や、ブルーアイズを紛失した新兄さん並みに無力な存在と言えよう」

NOVA「いや、他はともかく、最後の例えは間違ってますよ。まるで、眼鏡のない俺が何もできないみたいじゃないですか?」

晶華「あれ? NOVAちゃんの力の源ってブルーアイズじゃなかった? メガネのないNOVAちゃんなんて、NOVAちゃんじゃないと思う」

NOVA「いやいや。メガネは確かに便利な道具で、俺の欠点を補ってくれるけど、ないと不便だけど、メガネがなくても妄想パワーは発動できるし、サイコロを振ることもできるし、記事だって書けるんだから。例えるなら、メガネのない俺は、バイクを持たない仮面ライダーみたいなもの。なくても戦えるんだけど、やはりあった方がいい象徴みたいなアイテムだ」

翔花「だけど、メガネのないNOVAちゃんだったら、耳のないウサギ、鼻のないゾウ、ハサミのないバルタン星人、四次元ポケットのないドラえもんみたいなもので、いろいろと欠陥品って感じよね。分かった。私はそんな欠陥品になりたくないので、TRPGのこともしっかり勉強する」

NOVA「分かってくれたのはいいが、そうか、メガネのない俺は娘にとって、四次元ポケットのないドラえもん並みの欠陥品かよ。ええい、父ちゃん、情けなくて涙が出てくらあ(;;)」

 

翔花「ところで、ヒノキちゃんにとっては、どうしてNOVAちゃんが兄さんになるわけ? まだ、答えてもらってない」

ヒノキ「うむ、それはの。TRPG歴においては、わらわよりは新兄さんの方が年季を積んでおるからじゃよ。例え、年齢が自分よりも下であっても、自分が追求する趣味のジャンルにおいて、自分よりも先達の人間に対しては敬意を示す。TRPG先輩であるがゆえ、わらわにとって新兄さんは新兄さんなのじゃ」

翔花「ああ、実年齢よりも芸歴が物をいうみたいな感じね」

ヒノキ「それに、新兄さんと仲良くしておると、わらわの読みたい雑誌や資料を持って来てくれるからの。そもそも、人間も精霊も年を重ねると、細かい年の差など誤差の範囲じゃ。大切なのは、年上年下であるかに関わらず、互いに敬意を示せる何かを持っておるかどうかじゃし、情熱を持って何かを探求しておる人間を、互いに貴兄貴姉と呼ぶのに何の遠慮もあろうものか」

NOVA「いやあ、俺がここに書籍を持ってくるのは、ヒノキ姐さんが目を輝かせて飛びついてくれるからですよ。自分が提供した情報に、十分な熱意と興味を持った反応を示してくれる相手なら、こちらも話し甲斐がある。自分の芸に反応してくれる観客に、楽屋裏でにっこり笑みを浮かべながら、シンギュラリティに到達する腹筋崩壊太郎みたいなものです」

翔花「腹筋崩壊太郎って?」

NOVA「貴様、腹筋崩壊太郎を知らないとは、それでも俺の娘か!」

翔花「ふえ〜ん、娘だよ〜(涙目)。だって(中略)」

NOVA「仕方ない。2号の晶華。無知な姉に令和の象徴たる腹筋崩壊太郎を説明してやってくれ」

晶華「フッ、それは私の知る限り、令和最初の主役仮面ライダーゼロワンに登場する第1号怪人ってところね。昭和初のライダー怪人は蜘蛛男。平成初のライダー怪人はクウガのズ・グムン・バ……と思わせて、実はRX第11話の怪魔ロボット・スクライド。そして、令和初のライダー怪人は腹筋崩壊太郎ことベローサマギア……と思わせて、実はジオウ34話に登場したアナザー響鬼、もしくは35話に登場したアナザーキバというのがライダーマニアの基礎知識ね。そして、令和初の仮面ライダー仮面ライダーブレンというのは、メガネンジャー仲間としてアピールしておくわ。何しろ、仮面ライダーブレンさんは当ブログ時空ではメガネグリーンだったりもするんだから」

翔花「何で、そんなにマニアックなのよ?」

晶華「NOVAちゃんのアシスタントガールを務めるなら当然よ。お姉ちゃんも、これぐらいすぐに検索して、さも自分が最初から知っていたかの如く、蘊蓄話をできるように精進することね」

NOVA「というか、平成1号怪人が怪魔ロボットのスクライドというのは俺も知らなかったぞ。アナザー響鬼、ないしアナザーキバはまだ記憶に新しいが、怪魔ロボットのスクライドがライダーマニアの基礎知識とはとても思えん。基礎知識というのは、それを聞いた普通の知識あるファンの多くが、確かにそうだ、とうなずけるものでなければならん」

晶華「じゃあ、NOVAちゃんにとっての、仮面ライダー基礎知識って何よ」

NOVA「仮面ライダー本郷猛は改造人間である」

晶華「確かにそうね」

NOVA「彼を改造したショッカーは世界征服を企む悪の秘密結社である」

晶華「常識ね」

NOVA「仮面ライダーは人間の自由のためにショッカーと戦うのだ」

晶華「ええと……ただOPナレーションを読み上げただけじゃない!?」

ヒノキ「いや、アッキー。今の新兄さんは何も調べることなく、素でOPナレーションを暗唱したぞ。読み上げたのではなく、歌い慣れた歌を口ずさむように、さらりと流してみせたのじゃ。まるで、その知識が自然に心の泉から湧き出でるように」

翔花「つまり、マニアにとっての基礎知識というのは、わざわざ調べなくても、自然に出てくるもの。日頃の精進ゆえに、意識せずとも体が動く武道の型のようなもの。花粉症ガールにとっての花粉症バスターや花粉分解のような基本技ゆえに、それを極めることで応用技も自在に展開できるような正に土台となるもの」

NOVA「その通り。わざわざ難しいことを語って、それが基本だとするのは、ただの知識の引けらかしでしかない。真のマニアというものは、何が基本で何がマニアックか、それを聞く相手の反応などを確かめながら、適切なレベルで調整できるもの。素人に難しいことを語って煙に巻くような態度は、とても粋とは言えん。晶華も知に溺れることなく、自分の知識の段階別な分類を行う必要があるんだろうな」

 

翔花「で、どうでもいいんだけど、何でTRPGの話なのに、腹筋崩壊太郎なんて、仮面ライダーの話になっているわけ?」

NOVA「それは最近ここで、TRPGの妄想リプレイ記事『マッスル太郎の冒険』が展開されたからだ。つまり、この場においては、腹筋崩壊太郎とTRPGは無縁ではない。ここでの今後の予定としても、『令和VS珠保のゴブスレファイト』と『マッスル太郎』の妄想リプレイが重要になってくる」

晶華「どっちを優先するの?」

NOVA「そりゃあ、ゴブスレだろう。とりあえず、令和という元号、および俺やヒノキ姐さんの命を守らねば、心配で心配でキツツキが飛んでくるやも知れん」

翔花「何でキツツキが飛んでくるのよ!?」

NOVA「貴様、心配で飛んでくるキツツキを知らないとは、それでも俺の娘か!」

翔花「ふえ〜ん、娘だよ〜(涙目)。だって(中略)」

晶華「NOVAちゃん、さすがに1年近くも前のそのネタは、いい加減、賞味期限切れだと思うの」

NOVA「ルパパト伝説のキツツキ回である40話が放送されたのは、去年の11月18日。まさか、一年近く経った今でも、キツツキをネタにしているだろうとは、去年は予想もしていなかったよなあ。つまり、 11月18日がキツツキの日1周年で、11月16日が俺のサイト『White NOVAのホビー館』の19周年。盛大に祝いたいものだぜ」

晶華「どうして、キツツキを祝わないといけない……って、まさか」

翔花「ホビー館19周年って、すごく重要じゃない?」

NOVA「おお、来年で俺がサイトの管理人デビューして、20周年なんだ。何せ、クウガの放送中に立ち上げたからな。来週はウォズさんになっても許されると思う。『祝え、全平成ライダーの放送を見守り続け、時空を超えて過去と未来をしろしめす時空魔術師のサイト、その19年目の誕生日である。そして、ここより20年目の幕が開く』という感じで」

 

そしてロードス

 

NOVA「で、個人サイトの誕生日を祝うことも大事なんだろうが、ここではゴブスレと、マッスル太郎の他に、ロードスの話も重要なんだよな。何せ、神さまの話の途中で屋久島に行ったわけだから続きも書かないとって思ってるし、魔術師の話もして一区切り付けたくもある。あ、翔花、いくら何でも、『ロードスって何?』なんて言うなよ。それを言ったら最後、親娘の縁が切れかねんからな」

翔花「そ、それは……うん、もちろん知ってるよ。令和に入ってから始まったものは知らないけど、ロードスは昭和生まれだし、ソード・ワールドともつながってるし、NOVAちゃんが大切にしている思い出の作品だってことぐらい分かってるわ」

NOVA「いや、ロードスは単なる思い出の作品じゃなくて、現在進行形の旬な作品として蘇った。俺は単なる昔話じゃなくて、今の作品として、建設的にロードスを語りたいんだ。昔は良かったとか、そういう年寄りの追想ではなく、今なお輝く不朽の名作としてな。もちろん、昔と比べてどうこう語ったりはするが、それは今を貶めるためのものじゃない。昔から続くレールのその先を一緒に走りたいって気持ちでな。

「俺にとってのロードスは夢だったし、憧れだったし、文字通りの若き日のファンタジーそのもの。そして、今の時代に復活したそれは、懐かしい思い出と、厳しい現実と、その中で頑張って明るい未来を目指そうと戦う男たちや女たちのロマンが描かれるんじゃないかな、と期待する。まあ、仮に作者の描きたいものが自分の読みたいものと違っていたとしても、作者の想いは想像して受け止めたいし、もしも作品に物足りなさを感じても、足りないところは自分の愛と想像力で補えばいい。足りないところは自分の熱意で補う、それこそが勇者ってものだろう。曲がりなりにも創作家を目指した人間なんだから、きっかけさえ与えられれば、自分を満足させられる程度には自分で補完できるわけだしな」

翔花「そ、そうか。ロードスはNOVAちゃんの夢であり、憧れであり、ファンタジー。だったら、私だって、ロードスになりたいな」

ヒノキ「お、おい。コナっちゃん、それは話が飛躍し過ぎてはおらんか?」

NOVA「いや、ある意味、花粉症ガールの物語は、俺にとってのロードスと言えるかもしれないんだ。時空を翔ける植物の精霊少女のイメージの一部には、ディードリットのエッセンスも込められているし、俺もロードスの騎士の一人として、灰色の魔女カーラに関わったこともあるわけだし、ロードスから学んだTRPG知識やファンタジー小説のイメージも俺の土台の一つと言っていい。もちろん、ロードスが全てというわけでもないが、大きな欠片であることは間違いない」

ヒノキ「だったら、わらわもロードスなのかの?」

NOVA「いや、ヒノキ姐さんは、俺の中から生まれたキャラじゃなくて、原案は別の人だからなあ。俺の中では、その人の作った設定に、TRPG好きというエッセンスと、空の大怪獣ラドンとか阿蘇の火山のイメージをレッツラ混ぜ混ぜして仕上がったキャラだから、ロードス要素は薄い気がする」

ヒノキ「つまり、わらわはロードスではない、と(がっかり)」

NOVA「まあ、ロードスに限らず、もっと広い意味で、アクティブなTRPGファンのイメージはありますね。俺が割と引っ込み思案で、勢いが付きにくいところがあるので、そこに火を付けてくれるリード役として、こういう姐さんがいたらいいなあってイメージもあります。俺以上にTRPG好きで、俺以上に積極的で、俺の足りないところを補ってくれる可愛い世話焼き年上お姉さん……って、別に最初からそういう自分に都合のいいキャラを狙って書いていたわけじゃないけど、現時点で分析すると、結果としてそんなキャラになっていますねえ」

晶華「だったら私は?」

NOVA「お前は、高校時代の俺の女の子バージョンだ」

晶華「え、そうなの?」

NOVA「少なくとも内面はな。ただし、昔の俺は寡黙で言いたいことが言えずに、TRPGゲームマスターを通じて、コミュニケーション技術を養う練習にしていたところがあるが、今のお前のズバズバ言う毒舌っぷりは、その後の俺のネット活動の産物みたいなところもある。

「もちろん、最初からそういうキャラにしようと狙っていたわけじゃなく、無邪気な天然少女な翔花に対する年上師匠枠なヒノキ姐さんと、翔花のアンチテーゼというか暗黒面な要素を持った双子の妹と、基本的なキャラ配置を考えた上で、でもセリフとかキャラの人間関係の方向性とか、実際に描いているうちにイメージが膨らんだり、意外な成長を遂げたり、その中で、思いがけない自分の中の自分がにじみ出たりもする」

 

NOVA「……とまあ、花粉症ガール3人のキャラ分析なんかを、作者視点で試みてしまった次第だが、今の翔花がロードスに接した場合に、どういうリアクションをするかは、俺にも興味がある。ヒノキ姐さんや晶華はすでに出来上がったロードスファンだけど、翔花は初心者みたいなものだし、違う受け止め方をするかもしれない。少なくとも、カシュー王好きのヒノキ姐さんと、カーラ好きの晶華に対して、翔花の一推しは誰になるだろうかねえ」

翔花「たぶん私は王道主人公好きだから、『ロードスの平和は俺が守る』って言ってる主人公少年にハマると思うわ」

NOVA「厳密には、そのセリフって小説では言ってなかったんじゃないかなあ。OVAの次回予告の決め台詞で、草尾毅さんが毎回言っているのが定着しただけで、アニメ発だと思う。まあ、昨年復活したTRPGの本帯には『ロードスの平和は君が守れ!』と書いてあって、名キャッチフレーズなんだけど」

晶華「だったら、ここではロードスリプレイはやったりしないの? ゴブリンスレイヤーソード・ワールドもプレイしたんだし、ロードスだってすればいいのに」

NOVA「う〜ん、どうだろう? 記事書きした者にとっては、ゴブリンスレイヤーソード・ワールドはプレイしやすいけど、ロードスは若干ハードルが高いんだよな」

ヒノキ「どうしてじゃ?」

NOVA「いくら妄想リプレイとは言え、実際にダイスなんかは振っていて、ソロでプレイしているのは事実なんだ。妄想なのは、プレイヤーのセリフなんかが俺の中から出てきたもので、要は俺の中に複数のプレイヤーがいてトークしているのをリアルに書き出しているわけだ。でも、妄想を支える土台は必要で、それが俺以外の誰かが作ったシナリオだったり、ゲームシステムだったりする。つまり、妄想なのはプレイヤーだけで、俺の中では実際にゲームプレイをして楽しんでいることに変わりない。楽しめていなければ、こういう記事を書いてもつまらないしな」

ヒノキ「つまり、ゲームブックなんかで複数キャラをソロで動かしているようなものじゃな」

NOVA「ああ、シナリオ作りでゲームバランス調整をする際に、まずはソロでプレイしてみて問題ないことを確認してから、実際のテストプレイをしてみる。まあ、テストプレイだと、プレイヤーの諸先輩方が素直に動いてくれずに、シナリオの穴を突いた動きをしたりもするから、冷や汗ものなんだが。俺のそれまでのプレイ経験だと、初心者プレイヤーが多いから、割と俺の誘導に乗ってくれたんだけど、熟練プレイヤーだと誘導されることを嫌うから、自由度のさじ加減がなかなか難しいな、と記憶」

ヒノキ「すると、わらわのプレイには、新兄さんの経験した熟練プレイヤーぶりも反映されているわけじゃな。GMの思惑とは別に、勝手に自分の考えたストーリー要素をシナリオに組み込んで、独自の話を盛り上げようとする形で」

NOVA「まあ、そうやって動いてくれるプレイヤーがいないと、リプレイとして書いても面白くないですからね。逆に、そういう勝手なプレイヤーばかりでも、GMする方が大変だ。清松みゆきさんのかつてのバブリーズとか、菊池たけしさんのリプレイとか読んでると、うわあ、マスターも大変だなあ(笑)と思う。まあ、あれがそのシステムの王道プレイだとは思ってないけど」

ヒノキ「システムデザイナーのリプレイが、王道でないとは、ずいぶんと思いきった暴言ではないか?」

NOVA「いや、だって、プレイヤーがシステムの穴を突こうという風に動いて、プレイ中にシステムの問題点が発覚したりするプレイが王道なわけないでしょう。そして、プレイしながら発覚した問題点を機に、システムのバージョンアップを図ることが、システムデザイナーならではの作品と。あれらの作品は初心者向きのゲーム紹介というよりも、プロが自分のシステムの穴も含めて、ネタとして面白おかしく書いているだけで、あれらをプレイの例示として、そういう風にプレイヤーが動くと、初心者GMがつぶれます。いや、そこからつぶれずに生き残ったGMこそが本物と考えることもできるんだけど」

 

晶華「少し話が外れていると思う。90年代やゼロ年代のリプレイの話じゃなくて、今この場のリプレイの話に戻ろうよ。どうして、ロードスはリプレイ記事にしないのかって疑問だったと思うんだけど」

NOVA「ああ。では、話を修正。妄想とはいえ、ダイスは実際に振ってることからな。ソード・ワールドゴブリンスレイヤーは2D6で振るダイスが統一されているし、敵のダイスは期待値処理で振らなくてもいいので、ソロでも負担が少ないんだな。一方、ロードスは%ダイスの他に、複数種のダイスを使うので、ソロの負担が大きいと思う。あとは、キャラ作りだけをリプレイするにしても、職業技能の組み合わせで最初から個性が生まれやすい(選択肢の多い)SWやゴブスレに比べると、ロードスは最初の選択肢が少なくて単調な感じがしてな」

ヒノキ「確かに種族と職業6つのどれかを選べば、それで終わり。ヴァリエーションに乏しいのは、元が古いゲームじゃからかの」

NOVA「まあ、特技の選択とか、上級職とかで、遊び込めば育成の自由度が広がっては来るんだが、キャラ作りそのものは割と定番で、それだけで面白いとは思えないんだよなあ。低レベルから、どういう風に育てようかと試行錯誤するのが楽しいゲームじゃない、と」

翔花「つまり、NOVAちゃんにとっては楽しめないってこと?」

NOVA「というか、昔、散々キャラ作りしてきたシステムだから、懐かしさは覚えても、プレイヤー的には今さら感が伴うわけで。これがソード・ワールド2.5とか、ゴブスレだと、『リカントみたいな新種族で試しにキャラを作ろうか』とか『新システムはどんな感じだろうか』とか、自分が新鮮に感じながら、ついでに記事書きできるわけだけど、ロードスのシステムにはそういう新鮮さは今のところ感じないんだ」

ヒノキ「ひとまず、旧ルールと比べながら、ようやく追い付いてきたってところか」

NOVA「まあ、今後、旧ルールの踏襲から、新たな発展の方向性が見えた段階で、改めて掘り下げてみるつもりだけど、実際には手を広げすぎて、足踏み停滞している状況でもあるので、片付けられるところから片付けていきたいな、と」

 

晶華「では、まずは神さまの話の続きからね」

NOVA「いや、お前は一度、自宅に帰れ。リバTロスのケイPマーク1が一人きりだと寂しそうだし、向こうに帰って、姉翔花の部屋の準備をするとか、いろいろ用事を片付けて欲しい」

晶華「ええ? ロードス話だったら、私も参加したいよ〜」

NOVA「神さまの呪文の話なんか、お前はあまり興味がないだろう? 魔術師の話の時には、お前も参加してもらうから」

翔花「え? 神さまの話だと、導きの星神ハルーラ様だったよね、確か」

NOVA「それは、ロードスを含むフォーセリアじゃなくて、現ソード・ワールドラクシアの神だ。とは言え、よく覚えていたな」

翔花「そりゃそうだよ。NOVAちゃんのところに帰れますようにって、ずっと願っていたんだから。ハルーラ様に祈ったおかげで、無事にここにいられるんだから」

晶華「うん、私が魔法系のキャラで、お姉ちゃんが信仰系のキャラってことだね。ならば、ロードスの神さまの話は、お姉ちゃんに任せた。頑張って勉強してね」

ヒノキ「まあ、神の話を聞くことは、神霊候補としての良き勉強にもなろうからな」

NOVA「だけど、その前に、ヒノキ姐さんには、シロちゃんとセイリュウ君の話に付き合ってもらいますよ」

(当記事完。次回は、「新生・ヒノキ三獣士と竜の魂」の予定)