花粉症ガール・翔花伝

会話リプレイ形式の「精霊娘主役の物語」。特撮・怪獣ネタやTRPGネタも絡めたり。

今さら改元絡みのネタ話

令和を守るために

 

NOVA「以上だ。何が起こったか分かったか?」

晶華「うん。大体、分かった。時空快盗団のタイムジャッカー電撃隊の人たちが上級職のクォーツァーに成長して、上級特技の【時代改変】を使用して、平成……じゃなくて、この令和の時代をゼロからやり直そうとしているってことね」

NOVA「ん?   何だか違う話が混ざっている気もするが、大筋はまあ、そんなところだ。俺たちは何とかして令和を守らないといけない」

ヒノキ「ふむ。わらわは別に令和だろうと、奴らのもたらそうとする珠保だろうと、どっちでも大差はないと思うんじゃがのう。平成の30年の歴史に比べ、たかだか3、4ヶ月の令和、それほど大事とは言えんじゃろう」

NOVA「いやいや、令和がなくなれば俺が困ります」

ヒノキ「どうしてじゃ」

NOVA「理由その1。令和の象徴たる仮面ライダーゼロワンが消失し、共演する仮面ライダーバルキリーが歴史から消えてしまう」

ヒノキ「代わりに、花粉ライターJUHOが始まり、わらわたち花粉症ガールの時代が来るのじゃろう。この際、仮面ライダーの歴史には犠牲になってもらって……」

NOVA「何てことを言うんだ、ヒノキ姐さん。被害を受けるのは仮面ライダーだけじゃない」

ヒノキ「他に何が?」

NOVA「理由その2。令和初のウルトラマンであるタイガが消失し、共演するU40からの使者タイタスさんまでいなくなってしまう。俺はタイタスさんが消えてしまうのを見過ごせん」

ウルトラマンタイガ ウルトラヒーローシリーズ 66 ウルトラマンタイタス

晶華「たぶん、タイタスさんは消えないと思うの」

NOVA「どうしてだ?  タイタスさんはタイガやフーマ同様、令和生まれのヒーローだろうが」

晶華「だけど9000歳よ。つまり、40年前のデビュー当時に8000歳だった80(エイティ)先生より年上。だから、令和が消えても影響しないはず」

NOVA「おお、言われてみれば、その通り。さすがは力の賢者の旦那だけある」

ヒノキ「いやいや、それを言うなら、タイガも4800歳だし、フーマも5000歳。すなわち、ウルトラ族は長寿ゆえ、クォーツァーの時代改変能力には巻き込まれないのじゃ」

NOVA「おや?  タイガよりフーマの方が年上だったのか。てっきり、フーマの方が若いと思っていたや。それはさておき、たとえ彼らが消えなかったとしても、番組そのものが消失してしまっては、毎週土曜の朝にタイタスさんの勇姿を見ることができなくなってしまう。俺からタイタスさんを奪わないでくれ」

晶華「NOVAちゃんはそんなにタイタスさんのことが好きなの?」

NOVA「ああ。俺が一番好きなウルトラマンはジャックこと新マン兄さんだが、俺が再放送でなくリアルタイムで初めて見たウルトラマンはジョーニアスさんなんだよ。もう、令和元年はジョーニアス40周年で、俺にとってはU40祭りなんだ。U40のスターシンボルをバカにする奴は、タイタスさんだけじゃなく、この俺も許さねえ。何せ、このスターシンボルはWhite NOVAの象徴でもある。そのことは来年で20周年になる俺のサイト『White NOVAのホビー館』のトップページを見れば分かるはずだ」

晶華「確かに、タイトルバナーに白い星が飛び交い、至るところに★マークが散りばめられているわね。だけど、サイト自体は2015年のお正月から、ちっとも更新していないみたい」

NOVA「今はブログと掲示板書き込みが中心だからな。とにかく、タイタスさんがこの地球で安心して戦えるようにするためにも、俺は令和を守らねばならない」

ヒノキ「ふむ。しかし、それは新兄さん個人の都合。わらわはそれほどタイタスにこだわりはないからのう。せめてボディカラーがジョーニアス殿のように赤ければ、応援したろうが。何じゃ、あのU40らしからぬ黒は?」

NOVA「それは、TVでは語られない裏事情があるんだよ。詳しくは、ボイスドラマを参照すればいいが、要はタイタスさんの親がU40の裏切り者ヘラー軍団に所属していて、それ故にジードと同様に闇属性を持つに至ったのだ。だけど、闇の宿命を乗り越えた優しい賢者、すなわち、闇と光を合わせ持ち、全てを砕く拳を鍛えた男がタイタスさんなんだ。実に格好いいじゃないか」


【ウルトラマンタイガ】『トライスクワッド ボイスドラマ』第6回「ザ★ウルトラマンタイタス (中編)」-公式配信- "Tri-Squad Voice Drama" episode 6

晶華「闇を抱いて、光となるかあ。まるで、オーブさんのサンダーブレスターみたいね。そういう背景があるなら、私もタイタスさんを応援するわ。それに賢者っていうぐらいだから、素顔は眼鏡を掛けているかもしれないし」

ヒノキ「マッチョなメガネキャラか。サングラスなら、ありかもしれんがのう」

NOVA「スーパーマンクラーク・ケントって路線もありかもしれませんが、それはともかく、第3の理由です。それは令和初のTRPGゴブリンスレイヤーRPGが消えてしまう可能性」

ヒノキ「何と。ゴブスレRPGが消えてしまうじゃと?  すると、わらわたちがジャガリコを救った、あの冒険譚はどうなると言うのじゃ?」

NOVA「それも消える可能性があります。さらに個人的な理由ではなく、もっと広い目で見れば、令和生まれの人間は年端もいかぬ赤子たち。タイムジャッカー電撃隊の計画を許せば、いたいけな何の罪もない子供を犠牲にしてしまうことになる」

ヒノキ「それは流石に捨ておけんのう。よし、この日野木アリナ、義によりて助太刀いたそう。ゲンブもいいな」

ゲンブ「もちろんです、アリナ様。子供を守るのは、ガメラの眷属として当然のこと。我の力が役立つなら、喜んで戦うでござる」

晶華「私も、もちろん手を貸すよ。そもそも、あの花粉ライターJUHOとやらの設定が、私には気に入らない。あんな欠陥企画でNOVAちゃんを釣ろうなんて、花粉症ガールのことを表面的にしか分かっていない証拠ね。ファンを名乗る資格なんてないわ」

NOVA「そうか?  設定そのものは、読者Aなりによく考えていると思ったんだがな。何が問題なんだ?」

晶華「それはね……」

 

花粉ライターJUHOの問題点

   ただの花粉症ガール粉杉翔花は、吸血蝙蝠女王バットクイーンになる運命が待っていた。

 

   しかし、大地の精霊力Jパワーを身に帯びた翔花は何の因果か、花粉ライターJUHOに変身してしまう。ライダーじゃなくて、ライターなので間違えないように。だって、撮影の都合で、今は公道をバイクで走るシーンを撮りにくいんだから、仕方ないじゃないですか。これも時代の要請であり、エコのためです。

 

   ライターは、光を呼ぶLighterであり、字の力(これもJパワー)で戦うWriterのダブルミーニング。つまり、JUHOの力の源は、花粉と光と言葉。それは翔花ちゃんの父親が、ブログライターであることに起因する。

   JUHOの変身ベルトは、Jドライバー。これに言葉の力を秘めたブログライザーをセットして、各種フォームにチェンジする。普段は、大地属性のフラワーモスフォームを使用するが、他にも闇属性のムーンバットフォーム、火属性のファイヤーバードフォーム、風属性のウィンドドゴランフォームが用意されているぞ。

   みんなも珠保時代の新ヒロイン、JUHOを応援しよう。

   キーワードは、萌えて変身! 花粉ライター!

 

PS.プリキュアとのコラボも予定されているよ。そちらもよろしくね。

NOVA「以上が、連中の示したJUHOの企画案みたいなものだが……」

晶華「どうして、主人公の名前が私じゃなくて、お姉ちゃんなのよ」

NOVA「そこか。おそらく、これを考えた読者A、アストという男は、翔花2号が晶華に改名していたことを認識していなかったんだと思うぞ。実際、未来世界でバットクイーンをやっていた時は、まだ翔花だったろうからな」

晶華「それなら、妹の晶華の方もきちんと設定して、2号ライターに変身させるべきよ。それに、大地属性のフラワーモスフォームはいいとして、闇属性のムーンバットフォームは私のものよ。1号が全部持っていくなんて、ズルいわ」

ヒノキ「うむ。それを言うなら、火属性のファイヤーバードフォームは、V3のわらわの物じゃろう。それに、蛾に蝙蝠に鳥に龍など、全部飛行フォームではないか。普通、こういうフォームチェンジって、飛行タイプとパワータイプと銃撃タイプと疾走タイプなど、戦術を変えて設定するものじゃろう。属性は花鳥風月で変えたつもりかもしれんが、モチーフの生き物が羽を持った空系で変わり映えしないようでは、ただの言葉遊びで、頭の中で映像イメージがよく見えていないのではなかろうか」

晶華「リナ老師、よく見てよ。龍、ドラゴンじゃなくて、ドゴランだから。一応、私たちのことを分析して、それなりのフォームをでっち上げてはいるんだけど、こんなのは設定以前の単なる叩き台にしか見えない。この程度のネタが平成ライダーの後継者だったら、珠保という時代も大したことないわね。元・読者Aのアストさんという人は、花粉症ガール粉杉翔花のファンクラブ会員ナンバー2を取り消すことにするわ。愛やこだわりが欠けているもの」

NOVA「翔花のファンクラブって、アストの1番のアイデンティティーだと思うぞ。それを取り消すって、お前、いくら何でも厳し過ぎやしないか?」

晶華「これは花粉症ガールの誇りの問題よ。翔花お姉ちゃんと、晶華を区別しないなんて、そんなのファンじゃない。だから、ファンクラブ会員ナンバー2は、ナンバー3のリナ老師が繰り上げ昇格ね。ナンバー4だったゲンブさんが、ナンバー3に。ナンバー4はネコマタのシロがいいかしら」

NOVA「俺はゼロ番で、1番は最近ご無沙汰してる絵師の人だな。5番以降は特に決めていないが、翔花のファンクラブ名義に興味のある奇特な人がいれば、コメントでその旨、希望してくれてもいいぞ。翔花伝のネタにすることもできるだろうし」

晶華「とにかく、JUHOが実現した時代は、私やリナ老師が消えて、全ての花粉症ガールがお姉ちゃん一人に統合された、多様性に欠けた世界だと思うの。そんなのは瞬間瞬間を必死に生きている私たちを、凸凹だとか醜いとか言ったりして認めないってことじゃないの」

ヒノキ「そう考えると、この戦いはますます他人事ではなくなったようじゃの。この令和の時代に生きる全ての花粉症ガールの尊厳を守るために、力を合わせて戦う時が来たようじゃ」

NOVA「まあ、今の時代、英雄はただ一人でいい、なんて言えないしな。2号や3号を企画案に盛り込まなかった時点で、アウトだったってことか。ところで、プリキュアとのコラボってどうするんだろうな。花粉ライターがアニメになるのか、それともプリキュアをそこだけ実写映像にするのか、どっちなんだろう?」

晶華「そんなの私が知るか」

 

元号作成遊戯からの雑談

 

ヒノキ「それにしても、ダイスを振って適当に作った元号から、新時代のパラレルワールドが発生するとは、何とも奇々怪々なことよのう。一体、どんな仕掛けが施されてあったのじゃ?」

NOVA「そんなに大したものじゃありませんよ。ここに再録すると、『仁、元、剛、珠、享、念』と『徳、成、和、正、治、保』を組み合わせただけです」

ヒノキ「念を令に変えていれば、令和が発生していたかもしれんのじゃな。試しに、わらわもダイスを振ってみよう。(コロコロ)2ー2じゃ」

晶華「元成よね。毛利さん?」

ヒノキ「そりゃ毛利元就じゃ。字が違う。元成(もとなり)と読むと、よくある男性名と言えるが、その昔、能を大成したことで知られる観阿弥の父が、伊賀国の服部元成であるという逸話があって、すなわち能楽と忍者は源流を一つにするという説じゃ。この辺は、太平記楠木正成の伝承と絡めると、なかなか面白いフィクションのネタになるかも知れんが、元号の話とは全くもって関係ない」

NOVA「すると、そこから仮面ライダーシノビやハッタリの2022年への分岐が生まれるのかもしれんな」

晶華「だけど、元成時代からもタイムジャッカーが来るかもしれないわよ」

NOVA「ダイスを振るたびに、その都度タイムジャッカーの連中がPONPON分裂するのかよ。花粉症ガールじゃないんだぞ」

晶華「花粉症ガールだって、ダイスを振るたびにPONPON分裂したりしないわよ。そんなに簡単に増えるんだったら、今ごろ世界中が花粉症ガールだらけになっているはずじゃない」

NOVA「まあ、この広い宇宙にはシャックリをするだけでPONPON増える星の妖精だっているからなあ」

スター☆トゥインクルプリキュア ふんわりぬいぐるみフワ

スター☆トゥインクルプリキュア ふんわりぬいぐるみフワ

 

ヒノキ「しかし、元号が令和と決まる前は、ボツとなった案や予想ネタがいっぱいあったもんじゃ。中には変なネタ予想もあって、タピオカ元年ってものもあったほど」

晶華「だったら、令和の象徴のゼロワンさんみたいに、タピオカの象徴である仮面ライダータピオンなんて出てきても不思議じゃないわね」

NOVA「不思議だよ。タピオカの象徴って何だよ。そんなことを言うなら、商品画像を検索してみるぞ」 

ギャバン ブラックタピオカ 100g 1袋

ギャバン ブラックタピオカ 100g 1袋

 

NOVA「……何だよ、メーカー名ギャバンって。宇宙刑事がタピオカを作っているのかよ」

ヒノキ「タピオーンと呼べば、ドリルタンクを内蔵した高次元戦闘車が飛んで来るかもしれんぞ」

晶華「ところで、NOVAちゃん。タピオカって何?  フルーツの一種?」

NOVA「いや、きっとタピオカ豆というのがあってだな……」

ヒノキ「新兄さんともあろう者が嘘をつくでない!  タピオカはキャッサバ芋から採取したデンプンを糊化した食材で、それを球状にして乾燥させたタピオカパールこそが、巷で流行しているタピオカなのじゃ」

晶華「リナ老師、詳し〜い。何で、そんなことを知ってるの?」

ヒノキ「スイーツ好きの女子のたしなみじゃ。それにタピオカティーの発祥の地は台湾で、彼の地はタイワンヒノキでも有名じゃから、台湾料理についても、わらわなりに研究してきた。台湾料理は、一言で言えば中華料理と日本料理の融合したもので、大陸と比べると油を抑えたあっさり風味、素朴な小皿料理が充実していて、屋台の食べ歩き文化なども発展している。

「タピオカティーに話を戻せば、英語ではバブルティー、あるいはブラックパール・アイスティーとも呼ばれ、黒粒のタピオカパールをアイスティーに混ぜ、そのモチモチとした質感をストローで吸うのが独特の舌触りと甘さを感じられて、人気の元となっておる。今ここにシロがいれば、作ってくれたろうが」

晶華「だったら、珠保時代なんかよりも、タピオカ時代にするべきよ。タピオカ時代からの侵略者タピムジョッカーでも来ないかしら」

NOVA「こらこら。令和の敵を増やしてどうする。タピムジョッカーって何だよ?  黒真珠を象徴としたタピオカ帝国の尖兵かよ」

晶華「いいえ、正義の味方タピオ仮面が、花粉の名を汚したJUHOと戦うの。そして、必殺のタピオカノンで倒されたJUHOは、無事に悪の洗脳が解けて、私たちの強力な味方になってくれて、いっしょに令和を守るためにタイムジャッカー電撃隊と戦って、めでたしめでたし。みんなでタピオカミルクティーで乾杯するのはどう?」

NOVA「どうもこうもない。俺をタピオカ時空に引きずり込むな。タピオ仮面がOKなら、タピオ怪人もありだろうし、タピオ力(ちから)で戦うロボが出てハイパータピオ斬りだーっと妖精が叫んだり、語尾をタピョって付ける擬人化タピオカ妖精が出てきたり、タイタスさんのスターシンボルが黒真珠に変わってタピタスさんになったりするような未来を、俺は予見しない。たぶん、そうなる前にブームは終わる。来年の今頃は、晶華は『タピオカ?  何それ?  そんなもの知らない。黒歴史よ』とか言い出しそうだ」

晶華「そんなことを言って、グリージョことアサヒちゃんがタピオカ飲んでハッピー♪って言ったり、タイタスさんが筋トレの後でタピオカで喉を潤したりしたら、どうするのよ?」

NOVA「その時はその時だ。それより、タピオカを先に飲んだのはトレギアの方だろう。リュウソウジャーでは、アスナとマスターピンクもタピオカに手を出したそうだが、そのうちタピオカ由来のマイナソーが出現したりしないか気になる」

ヒノキ「ところで、新兄さんはタピオカの話がしたかったのか?」

NOVA「ああ、違う。おのれ、タピオカ。俺の話を脱線させやがって」

晶華「タピオカのせいにするのは格好悪いと思うの」

NOVA「ええい。今はタピオカに構ってる場合じゃない。タイムジャッカーの野望を食い止めるために、俺たちはゴブリンスレイヤー・ファイトに勝たねばならない。そのために、キャラクターの成長をしようという記事のはずだったのだ」

ヒノキ「それなら、さっさとそう言えばよかろう。延々と、タイタスやJUHOの話などにうつつを抜かさずに」

NOVA「確かに、こういうネタは『空想(妄想)タイム』でやるべきだったよな。仕切り直しのために記事を改めて、ゴブスレRPGのキャラ成長をやることにします」

(当記事 完)