花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

ゴブリンスレイヤーの話

小説1巻は読んだ

 

NOVA「今回はゴブリンスレイヤーRPGの話だ。原作小説1巻をまずは読んだわけだが」

 

ヒノキ「ふむ。どうであった?」

NOVA「往年のTRPGや指輪などのファンタジー小説パロディーがツボと言えるな。章題で5章『思いがけない来客』とか6章『旅の仲間』とかは指輪狙いだし、『伝説の聖騎士も最初の戦いではゴブリン相手に死にそうになった』とかは小説版ロードスのパーンのことだな、とか、そういうジャンル愛に満ちた作品という点で高評価だな」

ヒノキ「ほう。わらわは借り受けたTRPGのルールブックを読んでみたが、下着鎧(ビキニアーマー)が実装されているのを見て、色物かと思ったぞ」

NOVA「それは原作に登場するのかな?  少なくとも1巻には登場していないが」

ヒノキ「戦女神の神官の定番装備らしい」

NOVA「戦女神かあ。メインヒロインの女神官さんは地母神を崇拝しているし、他に至高神なんてのもいて、まあ、フォーセリア風味のイメージがあるなあ。ただ、神さまにしても、登場人物にしても固有名詞が提示されないのが、この作品の特徴だな。肩書き名とか種族・職業名だけでストーリーが語られている。つまり、俺が時空魔術師で、ヒノキ姐さんが朱雀巫女と称されるようなものか」

晶華「私は?」

NOVA「花粉精霊娘弐式って感じかな。いや、長いからもう少し縮めると花粉次女ってところか」

ヒノキ「だったら、わらわは花粉三女がいいかの?」

晶華「火粉老娘じゃないの?」

ヒノキ「いちいち老って字を付けるな。見た目はあどけない幼女なんじゃから」

晶華「文章だけじゃ伝わらないって。ババア口調なんだから」

ヒノキ「仕方なかろう。わらわの原案者サブロー殿がそういうキャラに設定したのじゃから。今さら、それを覆すと、わらわのアイデンティティーが崩壊してしまう」

NOVA「俺は、そういう見た目と実年齢のギャップは好きですよ。170歳の美少女エルフのディードリットとか、2000歳だけど外見年齢17、18歳ぐらいのツンデレ妖精弓手さんとか、見事にツボですし」

晶華「だったら、外見年齢14歳だけど実年齢1歳の私は?」

NOVA「保護対象の娘だな。ゴブリンスレイヤーにとっての女神官みたいな感じか」

晶華「それって喜んでいいのかな」

NOVA「彼女は1巻時点で15歳で、最新の10巻になると17歳に成長しているようだ。普通に可愛いヒロインだとは思うが、俺にとっては致命的な欠点がある」

晶華「何?」

NOVA「それは彼女の種族が只人(ヒューム)って点だ。俺は人間の女に萌えを感じないんだよ。妖精とか精霊とかアンドロイドとか怪獣娘とか、亜人種萌えな気質だからな。だから俺のゴブリンスレイヤーでの推しヒロインは、妖精弓手ちゃんになるわけで」

ヒノキ「だから、そなたのブログには、人間の女性キャラが登場しないのじゃな。精霊とか獣耳とか吸血鬼とか触手石像とか、そんなのばかりではないか」

晶華「あれ?  でも、メガネンジャーには弥生ちゃんとかアリサ隊員とか人間の女性もいるよ」

NOVA「弥生ちゃんは、人間だけど幽霊のスピリットレンジャーの一員に認定される娘だからな。アリサ隊員は、ビルドの紗羽さんの代理だし、紗羽さんは元・難波チルドレンだし、ネビュラガスを注入されてスマッシュになったこともあるし、怪獣や怪人になったこともあるヒロインは、俺の中ではただの人ではない。ともあれ、アリサ隊員役の女優の滝裕可里さんが先日ご結婚を報告されたので、遅ればせながらこの場でおめでとう、と申し上げます」

晶華「メガネンジャー仲間として祝福します」

ヒノキ「うむ。メガネンジャー話とか、新兄さんの萌えツボの話もいいが、今はゴブリンスレイヤー話に戻さんとな」

NOVA「と言っても、俺はにわかなファンだからな。昨年の秋に放送されたアニメも見ていないし、ラノベを追っかけていたわけでもない。まあ、SNEがTRPGでサポートするから、物は試しに追跡を始めたら、少し楽しみ始めたってところだな。昔からのTRPGファンが、流行りの新作を遠目で見ていたのが、改めて入門したって形だし、それでも後から新鮮に楽しもうかって感じだ」


ゴブリンスレイヤーOP Full Rightfully by Mili

 

ヒノキ「それでも、来年は劇場版アニメにもなるそうだし、これからが旬。今から飛び込んでも遅くはない、と思うぞ」


TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』新作エピソード 『ゴブリンスレイヤー -GOBLIN’S CROWN-』2020年新宿バルト9他にて劇場上映決定!

 


慣れますよ^_^『ゴブリンスレイヤー4話』

 

 

改めて小説感想

 

NOVA「さて、物語の感想だが、主役はゴブリンに姉を殺された復讐者なんだな。TRPGでザコ敵と称されるゴブリンが、実は辺境の村々にとっては非常に脅威になる存在で、しかし冒険者たちは多少とも経験を積むと、ゴブリン退治みたいな小者狩りの仕事を引き受けず、だからと言って、初心者冒険者向けと思われるゴブリンがその繁殖能力や学習能力のために、いかに脅威となるかが描写されている」

晶華「ゴブリンって、そんなに恐ろしいの?」

NOVA「1対1なら弱いけど、集団で襲い掛かられるとな。数は力だし、指輪物語だと、ゴブリン=オークが闇の軍勢の主戦力だからな。作品によっては、非常に恐ろしく描かれてもいる」

ヒノキ「ゴブリンスレイヤーの話では、ゴブリンが強敵そうじゃな」

NOVA「この世界でも指輪と同じで、ゴブリンとオークは同種族扱い。映画のホビットでは、ゴブリンはオークの下位扱いに設定改編されて、ザコでコミカルなゴブリンと、強敵で恐ろしいオークというように描写されていた。だから、近年のラノベ界隈でもゴブリンの卑劣な獰猛ぶりはあまり語られず、エログロ悪役の代名詞としてはオークの方が人気だったが、そのオークのイヤらしさも改めてゴブリンの中に混ぜられたようだ。もう、本作を読むと、ゴブリン侮るべからず、という感想になる」


ロード・オブ・ザ・リング(予告編)

 

NOVA「原作第1巻やアニメ1話は、初心者冒険者の女神官ちゃんを含むパーティーがゴブリン退治のダンジョンで、彼女を残して壊滅するところから始まる。その彼女の命を救ったのが謎の鉄兜戦士のゴブスレさんなんだが、彼は一人でひたすらゴブリン退治ばかりを続ける変人冒険者なんだな。命を救われた恩義もあって、女神官ちゃんがゴブスレさんの随行者に押しかけて、初心者の目から見たこの世界(四方世界と呼ばれて、神々のダイス遊戯の盤上というメタ設定が語られている)の冒険者のあり方とか、ゴブスレさんの一般冒険者と異なる奇行なんかが描かれている」

晶華「奇行って?」

NOVA「とにかく、ゴブリン退治にしか興味がない。逆に言えば、ゴブリン退治のためなら何でもする。そして、寡黙でコミュ症じみたところがあって、それでも黙々と自分の仕事を続けている。だから、自分のことを語らない彼の様子は、メインヒロインの女神官ちゃんや、冒険者ギルドの受付嬢さん、幼馴染の牛飼娘さんの視点から描かれるわけだが、他の一般冒険者の視点からも相入れない変人扱いされながら、ハードボイルドに徹底して自分の仕事であるゴブリン退治を続けるわけだな」

ヒノキ「ゴブリン退治ばかりで飽きやしないかの?」

NOVA「ゲームだと飽きるだろうな。小説だと、ゴブリン退治にしか興味のない彼がいかに視野を広げるか、考えを深めるかが書かれてあって、それでも行き着くところはゴブリン退治のクライマックスになるらしいが、1巻でもゴブリンの背後にいる魔王麾下のオーガと対峙して窮地に立ったりする。オーガは強敵なんだが、魔法の巻物を駆使したチート技で撃退して、『お前なぞよりも、ゴブリンの方がよほど手強い』と嘯く徹底ぶりが冴えてる」

晶華「ドラゴンクエストなのにドラゴンがメインじゃなかったり、ファイナルファンタジーなのにファンタジーじゃなくなってる作品に比べて、ゴブリンスレイヤーはどこまでもゴブリンスレイヤーってところ?」

NOVA「全ての道は、ゴブリンに通ずってところだな。背景で、とある勇者が魔王退治をしていても、それは自分の仕事じゃないとばかりに、ひたすらゴブリン退治。ただ、彼のゴブリン退治の仕事で救われている者もいる、ということで、地味で泥臭い殺伐とした物語なんだが、それでいて清々しいというか、ひたすらエキスパートレベルのハック&スラッシュ感覚が心地よいというか、まあ、まだ最新の10巻を読んでいる最中だが、背景は濃厚になりつつ、ゴブリンスレイヤーのやっていることは変わってないというか、それでも彼の師匠がホビットビルボ・バギンズのパロディーキャラっぽかったり、気になるところはそれなりに出てきて、オールドTRPGファンタジー小説へのオマージュが溢れているところはツボだな、と」

ヒノキ「楽しめているようで何よりじゃ」

NOVA「まあ、読んでいて心地いいのは、作者の分かっている感だな。ゴブスレは変わり者だけど、周囲のキャラはTRPGファンタジーのお約束に則っているというか、森人(エルフ)と鉱人(ドワーフ)の口論とかを示しつつ、時々個性付けというか変化球を混ぜてくる。単独行だったゴブスレさんに、女神官ちゃんが付いて来るようになり、さらに亜人種の3人がゴブリン退治の仕事を持ち込むことで、主要メンバーが5人になり、さらに冒険者ギルドの他の冒険者が次第にゴブスレさんのことを理解し、交流関係が広がっていく1巻のクライマックスも読んでいてワクワクできた。最後は、ゴブスレさんが常々世話になっている牧場が100体以上のゴブリンの群れの襲撃に遭う中で、それを迎撃する冒険者集団の大規模戦闘で盛り上がる。アニメの1期も、そこがクライマックスだったみたいだな」

晶華「アニメは1クールかけて、原作の1巻だけなの?」

NOVA「いや、2巻までを再構成しているようだ。1巻の中盤までで5人パーティー結成までを追いかけてから、2巻の剣乙女エピソードを組み込んで、世界観を田舎から都市に広げておいて、最後は故郷に戻って大規模防衛戦で締める構成。ということで、アニメの流れに追いつきたいなら、2巻を読んでおかないと、と思っている。順番としては、1巻→10巻→改めて2巻って追いかける感じか。あと、過去編の外伝イヤーワンも気になるところだ」

ヒノキ「つまり、見事にハマったというところか」

NOVA「ああ。それとゴブスレのキャラは、アローバースのグリーンアローに似ているという分析もあってな。最初は単独の復讐者だったのが、少数の理解者を仲間にして、しかも5年前の過去エピソードがあったり、そういう観点で比較するのも楽しそうだ」

ヒノキ「では、今回の小説感想はそれぐらいにして、RPGルールの感想を述べるとしよう」

 

RPGルールの感想

 

ヒノキ「リプレイは夏発売じゃな」

NOVA「川人君単独では、初リプレイ単行本になるんじゃないかな。まあ、雑誌掲載だとGMマガジンがあるし、これまでもソード・ワールドのサポートで頑張ってきたんだけど」

ゲームマスタリーマガジン第7号

ヒノキ「ロードス、ソード・ワールド、それにゴブリンスレイヤーと、現在はずいぶんと活躍している御仁らしいの」

NOVA「このまま健闘が続くことを願いつつ、だが、ゴブスレTRPG自体は俺のツボじゃないかな、と言わざるを得ない」

ヒノキ「ふむ。魔法使いの呪文使用回数があまり伸びないので、専業魔法使いが弱い、というのが気になるところか」

NOVA「そうなんだ。ソード・ワールドやロードスと比べて、呪文はMP制ではなく回数制を採用していて、キャラ作成時の使用回数は1回から最大3回。まあ、この辺はクラシックD&Dの初期レベルオマージュなので納得なんだが、D&Dと違って、レベルアップしても使用回数は伸びないんだな」

ヒノキ「一応、技能の【魔法の才】を習得することで、使用回数を伸ばせるんじゃが」

NOVA「初歩、習熟、熟練、達人、伝説の5段階で、最大+5回まで。つまり、伝説級の魔法使いでさえ、1日最大8回までしか魔法が使えないんだな。本作の魔法使いの運用は、普段は飛び道具での支援を中心にして、ここぞというところで切り札の呪文を使うレトロなRPG感覚なわけだ」

晶華「それって、原作どおりなの?」

NOVA「ああ。原作では5、6回、魔法が使えたら凄い魔法使い扱いだ。D&Dの魔法使いは、初期は弱いけど成長するにつれて魔法の使用回数が増えていき、10レベルでも14回は使える。まあ、回数が多すぎても実際にそこまで目一杯使えるかは分からんが、少なくとも回復魔法の使用回数はそれなりにないと、冒険は続けられないと思う。その辺をポーションで補えるのかどうかは実際のプレイ次第だが」

ヒノキ「いずれにせよ、消耗とか継戦カウンターのルールで冒険中の疲労を示しておるから、休息せずに探索続けることは困難なゲームシステムじゃぞ」

NOVA「つまり、割とカツカツなプレイ感覚になりそうなんだな。派手な方向に流れがちな近年のゲームに比べると、やはりレトロな感覚になりそうだ。後は、原作どおりに魔法が切り札となるぐらい強力かどうかなんだが」

ヒノキ「1レベルからファイヤーボールを選択できるので、低レベルなのに強くすることは可能じゃぞ」

NOVA「そうだな。魔法自体にレベルが設定されていないので、一発だけドーンと大きな打ち上げ花火を上げることは可能だな。他にも巨大化とか、竜牙兵召喚とか、バランスブレイカーになりそうな切り札呪文はあるわけで、回数制限のキツさに目を閉じて、魔法戦士的な方向性を目指すなら楽しめそうだ。ソード・ワールド同様に兼職はしやすいので、メイン技能は戦士系で補助の魔法を多少かじったキャラも作りやすいかも」

ヒノキ「キャラ作成の自由度は高そうじゃな」

NOVA「その辺は、ロードスよりもソード・ワールド寄りだな。というか、2.0や2.5とは違った方向の旧版ソード・ワールドの進化系という感じでもある。2.0以降のソード・ワールドは、旧版よりも追加データをどんどん増やして、派手な方向にシフトしていったが、ゴブスレはデータがまだ少なく、今のところは地味なところを固めているように感じる。まあ、入門に向いたレトロRPGのリメイクと言ったところか。今のところは、90年代のシステムって感じで、あまり新鮮には思えないが、追加ルールによって2.0とは違った進化を見せてくれるなら楽しそうかも。ただ、俺はレトロRPG好きな人間だが、最近はD&Dとか、ロードスとか、T&Tとか、AFFとか、レトロRPGが多数復刻しているので、ソード・ワールド亜流のゴブスレRPGの個性が見えにくいな、と思っている。軽そうな割に手間の掛かりそうな判定システムも、実際にダイスを振ってみないとピンと来ない気がするし」

ヒノキ「だったら、ダイスを振るのじゃ」

NOVA「キャラ作りぐらいはしてみるか。参加者は、俺と晶華と、それからゲンさん?」

ゲンブ「おお、お呼びか。新星どの」

晶華「あ、ゲンさん。いたんだ」

ゲンブ「我はいつでもここにいる。アリナ様に仕える剣盾ならば」

ヒノキ「うむ。では、わらわとゲンブのタッグVS新兄さんとアッキーで模擬戦というのはいかがかの?」

NOVA「いやです。プレイヤーキャラ同士のバトルは、去年ソード・ワールド2.5でやったから、同じパターンだとつまらない。せっかくのゴブリンスレイヤーなんだから、4人キャラを作って、ゴブリン退治のシミュレーションをする方がいい」

ヒノキ「なるほど。では、それで」

NOVA「だけど、その前にロードスの魔法使い話もしておきたいし、記事構成は少し考えないとな」

 

(当記事 完)

ゴブリンスレイヤー 妖精弓手 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア