花粉症ガール・翔花伝&コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

翔花、イラストになる

NOVA「さて、ケイソン編から続いたドゴラ編はまだ終わってないわけだが」

翔花「私たちの中では、それはもう過去の話なのよね」

NOVA「ああ、一応、時間軸について触れるなら、俺たちがケイソンとの戦いを展開したのは、4月14日の土曜日だ。今は2人そろってリアルタイムの4月21日だけどな」

翔花「もう一週間も前の話なのね。私は、その辺の時間感覚がよく分かっていないけど。何だか3日ぐらい戦ってた気もするし」

NOVA「それだけ密度の濃い戦いだったということだ」

翔花「そうね。私も初めての戦いだからいろいろと戸惑ったりもしたけど、NOVAちゃんのサポートのおかげで、何とか生き残ることができた」

NOVA「まさか、ケイソンの中から35年前の俺が出てくるとは思わなかったけどな」

翔花「あれ、そうなの? 私は何もかも分かってて、私に戦わせたのだと思ったけど」

NOVA「どうして、そう思うんだ?」

翔花「だって、NOVAちゃん、言ってたじゃない。『ケイソンを倒せない理由が三つある』って。一つは、霊体は霊体じゃないと相手できない。二つめは、NOVAちゃんがケイソンに接触すると、物語の法則によって下僕ゾンビにされちゃう。三つめは聞かなかったけど、結局、何だったの?」

NOVA「さあな。もしかすると、本当は三つも考えていなくて、口から出まかせだったのかもしれないぜ」

翔花「そんな意味もない出まかせを言う人じゃないと信じてる」

NOVA「いや、俺の言葉は半分近くが妄言さ。嘘ではないが、冗句や、その場のノリで適当言ってることも数知れず」

翔花「うん、そう見せかけて、でも遠回しに教訓や真実を語っていることも数々あって、最後まで話を聞けば、なるほど、そうつながっていたのか、と気付かされたことも覚えているわ。今回の場合もそう。NOVAちゃんがケイソンと戦うのを渋った理由の最後の一つは、もしかすると『ケイソンがNOVAちゃん自身で、自分の影と向き合うこと、自分殺しを避けたい』と薄々勘付いていたからじゃないかしら」

NOVA「さあな。お前がそう思うなら、それでいいさ」

翔花「『空想の想の字は、木の字を上下に分けて、間に目を挟めば真実の真に通ず。それに心を加えて真心だ』って、どこかで語ったりしなかった?」

NOVA「ん? そんなことを言った覚えはないが。どこで聞いたんだ、その話。『アクエリオン ロゴス』辺りで、そういう漢字パズルみたいなネタはやっていそうだが」
アクエリオンロゴス [レンタル落ち] 全7巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
翔花「いいえ、それは私の知る限り、NOVAちゃん自身の言葉なの」

NOVA「だから、俺はそんなことを言った覚えはない……って、もしかして、未来の俺がそんなことを言ったりするのか?」

翔花「さあ。私はNOVAちゃんと違って、時空魔術の勉強はしていないから、過去とか現在とか未来とか、よく分からないの。だけど、昔の昭和NOVAちゃんと、今の平成NOVAちゃんと、新元号の未来NOVAちゃんが3人揃って何かと戦うような話は、いつか語られるような気がするのよ。たぶん、未来NOVAちゃんが今も、私たちの話している姿を見ているんじゃないかな」

NOVA「今の俺が、昔、自分が書いた記事を読み返したりするみたいにか? それは十分にあり得る未来だと思う。俺も気が向いた時には、まめに自分が書いた文章を読み直しているからな。おおい、未来の俺、見ているか? もしも、見ていれば、その時でいいから、コメント欄に何か書き込んでくれ。俺自身がレスできるとは思わないが、翔花辺りが応答するかもしれん。この俺が今後1年以内にこの世から消えることがなければ、確実に新元号の俺がこの記事を読んで、応えてくれるはずだ。未来から助けを求める声があれば、俺は喜んで応援に駆けつけるつもりだからな」

翔花「何だかややこしいことをやっているような気がするんだけど」

NOVA「まあ、これは時空魔術をたしなむ者の、ちょっとしたお遊びさ。過去の俺が記したものを今の俺が読めるように、今の俺が記したものを未来の俺が読むことになる。逆は困難だが、少なくとも二つの時代に何らかのリンクができる。そこから、手繰り寄せれば、過去から自分の分体を呼び寄せることも可能になる。ちょうど35年前からケイソンが時空を越えて現れたようにな。ただ、これはやり過ぎると、時空が不安定になって、思わぬ副産物をもたらすことになりかねん」

翔花「もしかすると、ドゴラちゃん、いいえ、KPちゃんが私たちのところに来たのも、その副産物なのかしら」

NOVA「さあな。その可能性は十分考えられるが、確かなことはもっと検証が必要だろうな。ケイPの話は、また今度するとして、今回はお前に見せたいものがある」

翔花「前に言ってた、私のイラストを奇特な人が描いてくださったという話ね。いろいろあって、すぐにはお礼を言えなかったんだけど、是非とも感謝の気持ちを伝えたいと思っていたの。私、自分がどんな顔をしているか分からなかったから」

NOVA「分かってないのかよ。自分の顔だぞ。鏡か何かに映るだろう、普通」

翔花「精霊は普通じゃないのよ。実体を持たないから鏡に映らない。そんなことも知らなかったの?」

NOVA「吸血鬼みたいなものか。そう言えば、俺、お前が風呂に入ってるところも見たことないや。同じ部屋に暮らしていたのにな」

翔花「普通、女の子が風呂に入ってるところを見たりする?」

NOVA「ああ、そう言えば、俺にとって、それは普通ではないな。すまん、言葉の綾という奴だ。精霊は、風呂に入らず、トイレに行かず、鏡にも映らずで生活しているのが普通、ということでいいのか?」

翔花「日光浴さえきちんとしていれば、食事も必要ないし、体の中の汚れた気なんかも綺麗に浄化できる。太陽様々ってところかしら」

NOVA「そうか。俺は精霊魔術は専門じゃないから、いい勉強になるわ。手持ちの書物じゃ、ドライアドの生態はあまり詳しく書いていないからな。ゲームで必要なデータや行動様式は書いてあったとしても。ドライアドのことを研究するのに、良い書物がないか、探してみる」

翔花「花粉症の精霊は、ドライアドの中でも新しい種類だから、私には該当しないこともあると思うんだけど、面白い記述があれば教えてね。お仲間のことは気になるし。でも、今は自分のことの方が気になるので、早くイラストを見せてよ」

NOVA「分かった」

続きを読む