花粉症ガール外伝・コンパーニュ記

会話リプレイ形式の「精霊少女主役の物語」&「その仲間たちの雑談話」など。TRPG話や特撮・怪獣ネタ成分が濃厚。

花粉症ガール

ゴブリンスレイヤーの話3(種族と能力と経歴)

まだまだ続くよ、キャラ作り NOVA「前回から、ゴブリンスレイヤーRPGのキャラ作りを始めたんだが、まずは只人の俺がダイスを振って能力値を決めたところだ。まとめると、以下の通りになる」 NOVA(只人)の能力値 集中2 持久3 反射1 体力3 体力集中5 体力持…

ゴブリンスレイヤーの話2(キャラ作り始め)

2巻購入 NOVA「最新10巻を読了したので、興味持続のまま2巻を購入したぞ。表紙が妖精弓手ちゃんなのもマイ萌え要素だな」 ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫) 作者: 蝸牛くも 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2016/05/17 メディア: Kindle版 この商品…

ゴブリンスレイヤーの話

小説1巻は読んだ NOVA「今回はゴブリンスレイヤーRPGの話だ。原作小説1巻をまずは読んだわけだが」 ゴブリンスレイヤー (GA文庫) 作者: 蝸牛くも 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2016/02/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (8件) を見…

令和の光(新・屋久島編その3.5)

ガイア・オブ・レイワ 謎の声(獣の巫女よ、目覚めなさい) シロ「は、寝坊した? このビャッコともあろうものが、一生の不覚。アリナ様、すぐにスイーツを作りますので、しばしお待ちを……って、アリナ様がいない? ここはどこだ? ボクに話しかけるこの声は…

令和あけおめ……って遅いわ!

久々ブログ(春の総括みたいなもの) 晶華「リナ老師、遊びに来たよ〜。NOVAちゃんも一緒だよ」 NOVA「ヒノキ姐さん、ご無沙汰してます」 ヒノキ「本当に遅いわ。令和になって3週間、もう、この春は顔を見ないまま、ゴジラ映画が公開されるのではないか、と…

燐光一閃(新・屋久島編その3)

落雷の試練 結界に覆われた屋久島の地。 そこで謎の時空仙人に遭遇したリトルシーサーのビャッコことシロは、強くなるために修行を付けてもらうことになった。 シーサー奥義・順逆自在の心眼は教えられないが、代わりに雷電吸引の極意を伝授しようと老仙人は…

騎士と戦士の話3(ロードスRPGその3)

ゲンブ先生の最終授業 ゲンブ「そろそろ我の騎士&戦士の話も終わらせたいと思う」 晶華「終われるの? 騎士の話ばかりして、戦士の話はほとんどしていないじゃない」 ゲンブ「う、まあ、それは何とかしたいでござる。最悪でも、今回と次回には」 晶華「だけ…

騎士と戦士の話2(ロードスRPG編その2)

アソフレイムの地にて 晶華「幻の灰色の勇者ボーグナインの娘にして、灰色の魔女カーラ様の弟子入り希望な花粉症ガール、粉杉晶華ことアッキーです」 ヒノキ「前回、命名されたこのアソフレイム地方の領主、日野木アリナじゃ。カシュー王最強!と訴える。時…

騎士と戦士の話(ロードスRPG編その1)

花粉症ガールたちのOPコント 晶華「前回をプロローグにして、今回からロードス話を担当することになった、灰色の魔女カーラ様に弟子入り希望な花粉症ガール、粉杉晶華ことアッキーです」 ヒノキ「そして、わらわはTRPG大好きな女の子、赤が好きで、剣闘士ル…

ロードス島の話

一日遅れのチョコ話 ヒノキ「最近は、新兄さんがとんと姿を見せぬのじゃ」 ゲンブ「あの方も、2月はあれこれ忙しいのでございましょう」 ヒノキ「せっかく、わらわ特製の激辛チョコを用意したと言うのにな」 ゲンブ「真っ当な味覚の人間では、それは危険なの…

Xの時代(新・屋久島編その2.5)

剣世界のルールブック3 晶華「ヒノキさん。遊びに来たよ〜」 ヒノキ「お主は遊びにきたんじゃなくて、武術の修行に来たんじゃろう、アッキー。それと、ヒノキさんという他人行儀な言い方じゃなくて、リナちゃんと呼ばんか。わらわ達はチームなんだから」 晶…

ビャッコとセイリュウ(新・屋久島編その2)

ファイナルウォーズ2004 セイリュウ「かつての仲間だったお前たちまで敵に回るとはな。スザク、ビャッコ、そしてゲンブ」 スザク「ヒヒヒ、セイリュウよ。わらわたちはエイリアンX様に忠誠を誓った。これからはXの時代じゃ。かつては仮面ライダー、来年には…

少女たちの修行(新・屋久島編その1.5)

来訪者ふたたび ヒノキ「よし、新兄さんから教わったパワーワード《混沌の渦》の操作にもだいぶ慣れてきたぞ。これで《遠見の水晶球》も使いこなせるようになったのじゃ。もうすぐ終焉を迎える旧コンパーニュも、あれから特に変わったこともなく平穏無事。こ…

時空魔術師、来訪

ヒノキ反省 ヒノキ「大変じゃ。わらわの守護するはずの九州の地に災厄が発生した。油断した。何たること」 ゲンブ「落ち着いてくだされ、アリナさま。何もお嬢さまのせいではござらぬ。それに、この度の地震は、3年前、2016年の熊本地震と異なり、今のところ…

母なる大地の声(新・屋久島編その1)

コール・オブ・ガイア 謎の声(我が遠き娘よ、目覚めなさい) 翔花「ううん、お早う、NOVAちゃん」 謎の声(私はWhite NOVAではありません。新しい天空の星ではなく、古き大地の精なり) 翔花「え、ここはどこ? 私は誰? 私はそう、花粉症ガールの粉杉翔花…

祝え! 新ブログ書き初めの正月である

年始のあいさつ ヒノキ「明けましておめでとう、なのじゃ。新兄さん、すなわちWhite NOVA氏に代わって、花粉症ガールの物語を取り仕切ることになった花粉症ガールV3、日野木アリナである。祝え、旧ブログからの引っ越しの儀を!」 ゲンブ「そして、我はアリ…

Xデーを前にして

静かならざる聖夜前 コンパーニュの塔にて。 日野木アリナ(ヒノキちゃん)と護衛騎士ゲンブの前に現れた謎の男は、予言者ノヴァストラダマスを名乗り、この世界の終わりが近づいていることを告げた。 しかし、ヒノキちゃんは、予言者のもう一つの顔を指摘す…

世界の終わりに向けて

クリスマス前の静かな一夜 ヒノキ「暇じゃ」ゲンブ「アリナ様、何をおっしゃるのですか? お嬢さまには大切な使命が……」ヒノキ「そう。わらわには大切な使命があるはずじゃった。本来なら、この年末にシンカリオンが最終決戦の時期に入り、今ごろは敵の本拠…

青き仙人・後編(屋久島編6)

11月27日はガメラの日 ヒノキ「おお、アストロメガネスターから、メガネンジャー名誉特別隊員のわらわに通信がキター。ほう、メガネピンクの弥生からか。何? 司令の新星どのから、ゲンブにハッピーバースデイじゃと? おい、ゲンブ、喜べ。彼の御仁は、ガメ…

青き仙人・前編(屋久島編5)

ヒノゲンOPコント ヒノキ「うわー、ゲンブよ。こんな姿になってしまうなんて。惜しい男を失くしてしまった」ゲンブ「いや、アリナ様。我はここにおりますが」ヒノキ「お主のことではないわ。わらわが言っておるのは、シンカリオンのエージェント・ゲンブのこ…

それぞれの道(屋久島編4)

久々の長女と父と愉快な仲間たちのOPコント NOVA「今朝は、プリキュアも、ライダーも、戦隊もないニチアサだ」翔花「突然、何よ。ええと、11月4日なのよね」NOVA「ああ、それと昨日は11月3日。俺的にはただの文化の日だったんだが、実はゴジラの日、TRPGの日…

時空魔術師の影(屋久島編3)

月と火 コンパーニュの塔の上空。 少し欠けた望月が東天に昇り、西天は燃え上がる夕暮れ時。 二つの光が激しく交錯していた。 かたや月光の黄金、かたや烈火の真紅。 群青色の空は、人知を超えた力が激突する戦場だった。 そしてーー、 ヒノキ「この女、いや…

ふたりはタイムジャッカー(屋久島編2)

コンパーニュ襲撃 ヒノキ「さて、コナっちゃんがいなくなると、寂しくなったのう。じゃが、わらわは桜島の異変に備えて、今はここを動くことはできん。九州守護の結界のために、霊力を供しないといけない時期でもあるし。そうでなければ、屋久島クエストにわ…

時空の来訪者(屋久島編1)

旅立ちのプレリュード ヒノキ「いよいよ屋久島編の始まりじゃ」翔花「これでコンパーニュの塔を出発するわけだから、ヒノキちゃんの出番も、しばらくなくなるのよね」ヒノキ「そんなことはない。わらわはいつだってそなたを見守っておる。いざとなったら、コ…

剣の世界の成長録3(SW2.5編2章の3)

これが最後のソード・ワールド編? ヒノキ「とりあえず、ソード・ワールド編はこれで終わりじゃ」翔花「え、何でよ。キャラを育てて、これからだってのに」ヒノキ「いや、ゲームで遊んでばかりだと、肝心の花粉症ガールの物語が進展しないからのう。そなたが…

剣の世界の成長録2(SW2.5編2章の2)

前置き的な神様話 ヒノキ「10月と言えば、神無月じゃ」翔花「神さまがいなくなるの?」ヒノキ「島根県の出雲大社に神さまが集まるという俗信があるためにのう。ただし、日本神話は天孫降臨以前の地神系である国津神と、天孫降臨した天津神の二つの系統に分か…

剣の世界の成長録(SW2.5編2章の1)

日野木アリナの独り言 花粉症ガールV3に正式認定された日野木アリナはTRPG好きの女の子。 先月は、ソード・ワールド2.5のルールブック2が発売されて、ワクワクしたのじゃが、それに関する記事書きの方が追いついてないのが、ちと残念。 まあ、いろいろ慌ただ…

屋久島へ向けて(コンパーニュの塔編6話)

粉杉翔花と日野木アリナのメタ談議 ヒノキ「コナっちゃん、そろそろ九九は全部覚えたかの?」翔花「まだだけど、三の段と四の段は覚えたので、これで前半の五の段まではバッチリだよ。それと九の段でおもしろい発見をしたんだ」ヒノキ「発見じゃと?」翔花「…

メガネンジャーの再会と新出発

3ヶ月前のOPナレーション(と軽い総括) 光の眼鏡ライトグラス、それは真実を照らし、明示する。 闇の眼鏡ダークグラス、それは真実を覆い、隠蔽する。 光に選ばれしメガネンジャーと、闇に選ばれしインペイダー。 光と闇は虚実入り混じり、陰陽を伴い、今こ…

時空魔術師の贈り物(コンパーニュの塔編5話)

日野木アリナと弥生ウルシェードのちょっぴりマニアック談義 ヒノキ「やっぱり戦隊の赤といえば、今はパトレン1号、圭一郎さまが一推しじゃ」弥生「つまり、ルパンレッドはお気に召さないと?」ヒノキ「軽薄な若造はどうもな。前作だと、よっしゃラッキーよ…